皮膚科でのシミ取り・そばかす治療の実態とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では、気軽に皮膚科に行って、シミ取りやそばかす治療を受けられるようになりました。
皮膚科でのシミ取りやそばかす治療と聞くと、多くの人が、レーザ―治療を思い浮かべるのではないでしょうか。

もちろん、レーザー治療は、皮膚科で行われる主要なシミ・そばかす治療の一つですが、実は、それが全てではありません。
皮膚科で行われるシミ取りやそばかす治療は、レーザー治療の他に、外用薬を用いた治療、内服薬を用いた治療、イオン導入、ケミカルピーリングなど、非常に多岐にわたります。

そして、一つ一つのシミやそばかすごとに、どの治療法が最もよく効くかを判断しなければ、効果が出ないばかりか、かえってシミを濃くしたり、副作用が現れたりすることもあるといわれています。
そのため、シミ取りやそばかす治療は、信頼のおける皮膚科で行うことが大原則です。

徹底解説!皮膚科で行うシミ取り・そばかす治療

それでは、それぞれのシミ取り・そばかす治療について、詳しく見ていきましょう。

レーザー治療

レーザー治療は、その名の通り、お肌にレーザーをあてて、シミやそばかすを治療します。
このレーザー治療にも、ルビーレーザー、アレキサンドラライトレーザー、炭酸ガスレーザーなど、たくさんの種類があります。

老人性色素斑といわれる代表的なシミやそばかすを取る際は、このレーザー治療が効果的だといわれています。
逆に、肝斑には、効きにくく、色を濃くしてしまう可能性もあると考えられています。

外用薬を用いた治療

皮膚科の治療で、よく用いられる外用薬が、ハイドロキノンです。
シミを漂白する効果があります。

レーザーで消えないシミにも効く非常に有効な外用薬なのですが、その分、副作用も強いです。
お肌の弱い人は、医師と相談しながら使いましょう。
それ以外にも、ビタミンAの一種であるレチノイン酸などが処方されることもあります。

内服薬を用いた治療

内服薬としてよく用いられるのが、トランサミンです。
トランサミンは、もともと止血剤なのですが、それ以外にも色々な効果があります。

その一つが、メラノサイトに働きかけ、シミの元になるメラニンの生成を抑制するというものです。
そのため、肝斑などのシミ取りに効果を発揮します。

また、シナールを処方されることもあるでしょう。
これは、ビタミンCのことです。
ビタミンCは、メラニンを還元することができるので、シミ取りに効果的なのです。

イオン導入

ビタミンCなどの成分をお肌の奥に浸透させるため、お肌に少しだけ電流を流すのが、イオン導入法です。
最近では、自宅でできるイオン導入器も発売されていますが、やはり皮膚科で行う、イオン導入のシミ取り効果には、かないません。
身体に電流を流すだけに、副作用などの心配もありますので、しっかりと説明を聞いて、チャレンジしてみましょう。

ケミカルピーリング

古い角質を剥がしてターンオーバーを促すのが、ピーリングです。
自宅で、ピーリング剤を使ってもできますが、皮膚科で行うケミカルピーリングは、さらにシミ取り効果が高いでしょう。
ピーリング後は、一時的にお肌が赤くなったりしますので、医師の指示に従って、しっかりとケアを行いましょう。

あわせて読みたい♪
安いのにすごい!プチプラコスメ! おすすめの化粧水大集合
美白&ニキビケアに!ビタミンC誘導体配合おすすめ化粧水&美容液
敏感肌・赤ちゃん肌におすすめ!紫外線吸収剤不使用日焼け止めランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:りさ

著者の記事一覧

気の合う女子同士のおしゃべりって、ホント、終わりませんよね?!
恋愛の話、美容の話、ファッションの話、結婚の話、育児の話…。
ああでもない、こうでもない、と話すうちに、もうこんな時間(笑)。

そう、私の書きたい文章はまさにソレ!

ライター、京都大学法学部卒、元行政ウーマン、保育士、受験指導者、2児のママ…
実は、いろんなカオ、持ってます。

― せっかく女性に生まれたからには、「女子道」を極めたい ―

そんなあなたのために、書きたい話題はまだまだいっぱい。
Lierで結ばれた私とあなたの大切な時間。
今宵は、心ゆくまで楽しく「おしゃべり」しましょうね!







関連記事











ページ上部へ戻る