シミを消す美白成分!ハイドロキノンとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「シミを消す」という言葉をよく耳にしますが、実は、一度できたシミを完全に消し去ることは、並大抵の努力ではできません。
一般的な美白成分の基本は、「シミを消す」というよりは、「シミを予防する」ということにあります。

それでは、シミを消す成分は、全くないのかというと、そういうわけではありません。
現在の研究で、最もシミを消すことが期待できる成分が、ハイドロキノンです。

名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
このハイドロキノンは、元々、欧米では、「肌の漂白剤」として、多くの美白化粧品に使われてきました。

日本でも、2001年の薬事法改正で、化粧品に使うことができるようになりました。
ハイドロキノンの効果は、他の美白成分の100倍を超えるともいわれています。

その実力は、まさに、「ハイドロキノンを制する者は、シミを制す」といっても過言ではないほどです。
ハイドロキノンの力を上手に味方につけて、美白美肌を目指しましょうね。

ハイドロキノンで上手にシミを消そう!

このように、強い美白効果があるハイドロキノンですが、その分、副作用も出やすい成分であるといわれています。
毎日の美白ケアに取り入れる場合は、必ず、医師や専門家が開発、研究を行っている企業の製品を利用するようにしましょう。

通常、ハイドロキノンは、2.5%ほどの配合率に抑えられているはずです。
ある報告では、5%を超えるハイドロキノンは、発ガン原因になりうるというデータも出ています。

また、白斑が出たり、シミが色素沈着してしまい、重大なお肌トラブルを引き起こす可能性もあります。
ハイドロキノン入りの美白美容液を使用する際は、きちんとしたドクターズコスメを選び、容量を守って使うように心掛けたいものですね。

ハイドロキノンは、日常の美白ケアの他に、皮膚科でシミを消す外用薬として処方されることもよくあります。
レーザー治療などと併用して用いられることも少なくありません。

こういった場合にも、医師の指示した通りの使用量、回数、使い方を守りましょう。
また、シミの種類によって、ハイドロキノンを使用した方が良い場合とそうでない場合があります。

以前にシミ消しとして処方してもらったハイドロキノンを勝手な判断で、別のシミに使用することのないように注意しましょうね。

あわせて読みたい♪
30代におすすめ化粧水ランキング~肌質・成分の選び方
美白&ニキビケアに!ビタミンC誘導体配合おすすめ化粧水&美容液
敏感肌・赤ちゃん肌におすすめ!紫外線吸収剤不使用日焼け止めランキング
セラミドがこんなに万能だった!アンチエイジングと美白を一気に叶えるセラミドの効果とは?
入荷2週間待ち?!多忙な女性・ママに人気!オールインワン美容液リペアジェル!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:りさ

著者の記事一覧

気の合う女子同士のおしゃべりって、ホント、終わりませんよね?!
恋愛の話、美容の話、ファッションの話、結婚の話、育児の話…。
ああでもない、こうでもない、と話すうちに、もうこんな時間(笑)。

そう、私の書きたい文章はまさにソレ!

ライター、京都大学法学部卒、元行政ウーマン、保育士、受験指導者、2児のママ…
実は、いろんなカオ、持ってます。

― せっかく女性に生まれたからには、「女子道」を極めたい ―

そんなあなたのために、書きたい話題はまだまだいっぱい。
Lierで結ばれた私とあなたの大切な時間。
今宵は、心ゆくまで楽しく「おしゃべり」しましょうね!







関連記事











ページ上部へ戻る