美容にうれしい効果いっぱい!「寝かせ玄米」がブームの予感!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「寝かせ玄米」がブームの予感!

寝かせ玄米って?

皆さん、「寝かせ玄米」ってご存じですか?
「寝かせ玄米」と聞いてぴんとくる方は、相当な美容通かもしれません。

最近、雑誌やテレビなどでも時折紹介されるようになってきた「寝かせ玄米」。
寝かせ玄米とは、小豆と塩を加えた玄米を炊いた後、炊飯器の中で3日間程度保温してから食べる玄米の食べ方。
まさに文字通り、玄米を寝かせてから食べることから、「寝かせ玄米」と呼ばれています。
なぜ、そんなまどろっこしい食べ方をするのでしょう?

栄養価が高く健康に良い玄米ですが、ぼそぼそとした玄米特有の食感が苦手という方も多いはずです。
しかし、炊飯器で炊いた玄米を3日間発酵させ寝かせることで、もちもちとした、おこわのような食感に変化します。
そのため、食べやすく、おかずとの相性が良いのが特徴です。
また、寝かせた玄米のもちもちとした食感は、腹持ちも良いので、ダイエットなどにも効果的といわれています。

しかし、何と言ってもうれしいのは、炊飯方法が簡単なこと。
通常の玄米の場合、水に一晩浸けておく必要がある上、火加減などが難しいため、美味しく食べるのが難しいといわれていました。

一方、寝かせ玄米は洗米後、水に浸けておく必要もなく、通常の炊飯器で炊いて、置いておくだけ。
玄米を気軽に食べたいと考えていた方にとってはうれしいですよね。

 

美容にうれしい効果がいっぱい!

350
白米は精米する課程でミネラルやビタミンが消失してしまいます。
しかし、寝かせ玄米の場合は食物繊維が豊富に残っているため、腸内環境を整えてくれるなど、美容にうれしい効果も。

 

寝かせるだけで“もちもち”に

寝かせ玄米の作り方

材料

  • 玄米2合
  • 小豆25g
  • 天然塩2g
  • ミネラルウォーター300cc

作り方

  1. 玄米と小豆をザルに入れ、軽く水で注ぐ。
  2. ボウルに①と水を入れる。
  3. 約8分間、泡立て器でのの字を描くように、かき混ぜる。
  4. 水が白濁してきたら、そのまま炊飯器に移し、玄米モードで炊く。
  5. 保温状態の炊飯器で約3日間寝かせる。
    1日1度、しゃもじでかき混ぜる。
    炊飯後3日後はには、もちもちの食感に。

噂の寝かせ玄米。
ぜひお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。







関連記事











ページ上部へ戻る