タバコで生まれた活性酸素がシミ・そばかすの原因に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「タバコは百害あって一利なし」といわれますが、それは、お肌にとっても同じことです。

特に、シミ・そばかすは、タバコが原因で濃くなったり、増えてしまったりすると考えられています。
タバコを吸うと、体内には、活性酸素が非常に多く発生します。

活性酸素とは、名前だけを聞いていると、何だか良いもののようにも聞こえますが、実は、老化を進行させる恐ろしい物質です。
活性酸素は、私たちの身体の様々な部分を酸化させてしまいます。
酸化させるとは、つまり、錆びさせることです。

タバコを吸うと、体中が錆びてしまうというイメージを持つとわかりやすいかも知れませんね。
そして、この活性酸素は、シミの元になるメラニンを作り出すメラノサイトにも悪影響を与えます。

活性酸素の影響で、メラニンが異常に増えてしまい、ターンオーバーによって排出できる量を超えてしまうと、私たちのお肌は、シミ・そばかすだらけになってしまうというわけです。

タバコで、お肌の味方ビタミンCがなくなる?!

さらに、タバコの害は、これだけでは止まりません。
タバコを吸うと、大切な栄養素である体内のビタミンCを大量に消費してしまうというのです。

ビタミンCは、メラニンがどんどん作り出されるのを抑制する働きがあるとされています。
それなのに、タバコによって、ビタミンCが消費されてしまうと、メラニンはますます増え続け、シミ・そばかすへと変わっていってしまいます。

ビタミンCは、一度に大量に摂取しても、体内に蓄積することができません。
そのことを考えると、タバコによるビタミンCの消費が、お肌にとってかなりの痛手になることが想像できると思います。

タバコはターンオーバーも妨げる!

このように、タバコを吸うと、お肌の内部に、たくさんのメラニンが作り出されてしまうということがわかりました。

たとえ、メラニンがたくさん作られてしまったとしても、ターンオーバーが追い付いている間は、シミ・そばかすが増えるということにはなりません。
ところが、タバコは、この肝心のターンオーバーさえも、阻害してしまうのです。

タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮させ、血流を滞らせます。
それにより、お肌に届く栄養分も減ってしまい、ターンオーバーが正常に機能しなくなってしまうのです。

そうでなくても、タバコによって、必要以上に多く作られてしまっているメラニンをターンオーバーによって排出できなくなってしまったら、もう後は、シミ・そばかすになってしまうしか、残された道はありませんよね。

最初に述べたとおり、「タバコは百害あって一利なし」。
その理由がしっかりとわかったなら、早速、シミやそばかすからお肌を守るため、禁煙にチャレンジしてみてくださいね。

消臭剤携帯はマナー!?服や髪のタバコのにおい対策
シミの分解をサポート!ポーラの美白美容液ホワイトショットCXとSXの効果
首・デコルテのシワたるみがなくなる!YSLのリブレイターYセラム
入荷2週間待ち?!多忙な女性・ママに人気!シミシワに効果的な美容液リペアジェル!
ひと塗りでシミが消える!メコゾームでシミのない美肌を実現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:りさ

著者の記事一覧

気の合う女子同士のおしゃべりって、ホント、終わりませんよね?!
恋愛の話、美容の話、ファッションの話、結婚の話、育児の話…。
ああでもない、こうでもない、と話すうちに、もうこんな時間(笑)。

そう、私の書きたい文章はまさにソレ!

ライター、京都大学法学部卒、元行政ウーマン、保育士、受験指導者、2児のママ…
実は、いろんなカオ、持ってます。

― せっかく女性に生まれたからには、「女子道」を極めたい ―

そんなあなたのために、書きたい話題はまだまだいっぱい。
Lierで結ばれた私とあなたの大切な時間。
今宵は、心ゆくまで楽しく「おしゃべり」しましょうね!







関連記事











ページ上部へ戻る