守らないと危険!?化粧品試供品の正しい使い方とおすすめ収納方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
守らないと危険!?化粧品試供品の正しい使い方とおすすめ収納方法

試供品、ついついもらってしまうけど、いつか使おうと思いながらずっと棚の中に潜んでいる、なんてことありませんか?
サンプルにも正しい使い方があって、守らないとお肌を痛めてしまう原因に。

そこで、本日は化粧品の試供品をかしこく使うコツについてご紹介します。

 

化粧品の使用期限

みなさん、化粧品にも使用期限があることをご存知でしょうか?特にパッケージに期限の表記がない場合は、製造から3年間となっています。(3年間品質が保たれる保証がある場合は表記しなくても良いルールになっています)

ただし、注意していただきたいのは、本商品と試供品では、容器の設計も全く違うので、試供品の方が劣化のスピードが早いということです。
量も少なく、すぐに使いきってもらうことを目的に作られているためです。

後で使おうと溜め込んでしまう方が多いと思いますが、長期間も保管された試供品でお肌を傷めるのはとてももったいないです。

 

旅行先では試供品を使わないこと

試供品サンプルを旅行先で使おうとしている方が大半だとは思いますが、あまりおすすめできません。
特に遠方への旅行の場合、温度や湿度など環境が違いすぎて、いつもより肌が敏感になってしまっています。
そこへ、使い慣れてなく、果たして肌に合っているのかも分からない化粧品でケアをしてしまうと、肌がさらにびっくりして肌荒れを起こす場合があります。

できるだけ使い慣れたいつもと同じ化粧品でケアしてあげることをおすすめします。

 

家にある試供品を整理しよう

旅行先で使えないのなら、家で使うしかない!
そこで、まずは山のようになった試供品を整理することから始めましょう。
いろんな棚の中にちらばっていませんか?
大掃除だと思って全て引っ張りだして、下記が当てはまるものは思い切って全部捨てましょう。

  • いつもらったか記憶にないもの
  • 湿気の多い場所や、直射日光が当たる場所で保管していたもの
  • 使い方が分からないもの(日本語表示がないものなど)
  • 自分の肌に合っていないもの
  • これといって興味が持てないもの

これだけで半分以下になるはずです。
捨てるルールさえ頭に入れてしまえば、今後同じような試供品は最初からもらわないクセがつくので今後増えることもなくなるでしょう。

 

試供品の収納方法

整理して今後使えそうなものだけになったら、次は整理します。
もしラインで揃っている試供品ならそのままで良いですが、バラバラになっているものに関しては、用途別で分けます。

ちなみに筆者の収納方法はこちら。

守らないと危険!?化粧品試供品の正しい使い方とおすすめ収納方法

100円ショップで購入した6分割されたトレイに、

左上:クレンジング
中上:洗顔料
右上:化粧水
左下:乳液・クリーム
中下:オールインワンゲル
右下:ファンデーション

というルールを決めて分けています。
ルールをガチガチに作るとルール外の商品がある時に挫折してしまうので、ゆるいくらいが調度良いです。

ケースを選ぶ上でのポイントは、使いやすいようにフタがないものにすること、場所をとりすぎない大きさにすることです。
ボディソープやシャンプーなどは、袋に入れて洗面所に置きましょう。

ここまでできたら、あとは使うだけ!
全て一度に変えると肌がびっくりする恐れがあるので、毎回1つか2つに決めて、いつもの化粧品の中に取り入れましょう。

 

興味のある商品は、数日続けて使うこと

これまでは節約の意味を込めて試供品の使い方をご紹介しましたが、もし今後買おうかどうか悩んでいる商品であれば話は別です。

化粧品は、たった1回使っただけでは本当の良さは分からないので、本当に判断する場合は最低でも2週間は使い続けることをおすすめします。
ただ、無料サンプルの場合はそこまで量が入っていないため難しいので、できれば多めにもらうなどして、数回は連続で使ってから判断しましょう。
特に、朝と夜では使用感も全く異なるので両方試してみてください。(商品によって使用タイミングが決まっているものもあるので注意)

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
収集癖のある筆者も、一度断捨離をして整理することで、本当に使うものだけがケースに入るようになりましたし、旅行に行った時も、荷物がパンパンになるくらいアメニティを持ち帰っていた格好悪いこともしなくなりました。

そもそも試供品とは、商品の良さを実感してから買ってもらうためのもの。
正しく使って、お気に入りの商品を見つけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:もりぼん

著者の記事一覧

1986年生まれ。
広島で生まれ育ち、ミーハー心だけで大学から東京に進出。
現在は化粧品メーカーに勤務しています。

仕事やネイルスクール(ネイリスト技能検定2級保有)で培った美容知識を、ここでは売り手側の視点ではなく、本当に皆さまが役に立つことだけを伝えていきたいと思います。

毎日大好きなキャラクターグッズに囲まれて過ごしています(^ー^*)
コスメコンシェルジュ/日本化粧品検定1級保有。







関連記事











ページ上部へ戻る