今さら聞けない!印象をアップさせる本当に正しい眉の整え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今さら聞けない!印象をアップさせる本当に正しい眉の整え方

眉を制する者は、メイクを制す!!

時代によってトレンドがガラリと変わる眉。
昔は細眉がブームだったのに、今ではすっかり太眉がブームで、下がり眉(困り眉)というのも流行りましたね。

いつもと印象を変えたいなぁ、そんな時は、眉を変えることで一気に変えることができます。ただし、これはあくまで基本をおさえている人だけが踏み込める領域。基本をおさえていないと途中で何が何だか分からなくなりますし、後で眉毛が取り返しのつかない状態になって必ず後悔します。

そこで本日は、今さら人に聞けない正しい眉の整え方について、基本の「き」からお伝えします。

 

正しい眉の整え方

基本の眉の形

自分の骨格に合わせることが、美人眉を作るポイントです。
テンプレートも販売されていますが、人によって骨格はそれぞれ違うので、このポイントをおさえた上で使用するようにしましょう。
今さら聞けない!印象をアップさせる本当に正しい眉の整え方

眉頭

小鼻の幅と同じくらいに合わせるのが美人眉のポイントです。

眉山

黒目の外側くらいから1センチくらい幅をもたせます。
短すぎるとつりあがってキツイ印象を与えてしまいます。

眉尻

小鼻のわきと目尻を先でつないで、その延長に来るようにします。
最初は定規や箸などを当ててみると分かりやすいです。
ただし、忠実に再現すると長すぎたり、古臭い印象になることもあるので、若干短くするくらいが調度良いかもしれません。

使用する道具と順番

自分の骨格に合った眉の比率が分かったら、早速描いてみましょう。
使用する道具は、

  • アイブロウパウダー
  • アイブロウペンシル(筆ペンタイプでも可)
  • 眉バサミ
  • 毛抜き
  • 眉マスカラ(髪が明るい人は)

です。
そして1番失敗のない順番は、

  1. パウダーで形を作る
  2. ペンシル(筆ペン)で足りない部分を付け足す
  3.  余分な毛を処理する
  4. 眉マスカラで色を合わせる

です。

ポイント

  • 最初から濃く描かない
    パウダーを使って、最初は薄めに、徐々に濃くして形を作っていきましょう。
  • 左右が対象に描けない人は、1パーツごとに交互に描いていく
    片方の眉を完成させてから次の眉に移るとどうしても合わせるのが難しくなるので、右下の眉下を描いたら左下の眉下を描く、というように工程ごとに同時に行うと描きやすくなります。
  • 途中で全体像をチェックする
    ずっと至近距離からばかり見ていると、顔全体で見た時のバランスが悪くなってしまうので、途中途中で顔全体をチェックし、先にお伝えした骨格に合った眉になっているかを確認しながら進めましょう。

眉毛の処理の仕方

眉毛を描き終わったら、不要な毛を処理しましょう。
眉毛を処理する時は、必ず眉を描き終わった状態で行います。
よくお風呂あがりなどのすっぴんの状態で眉をカットしたり抜いたりする方が多いかと思いますが、それだとついついいじりすぎてしまいます。
夜、クレンジング前に行う時は、落ちた眉をきちんと描き直してから処理するようにしましょう。

処理は、2週間に1回を目安に行いましょう。
場所によってハサミと毛抜を使い分けるのがポイントです。
今さら聞けない!印象をアップさせる本当に正しい眉の整え方
まず最初に、処理をするのは眉下だけです。
眉上に関してはできるだけいじってはいけません。
メイクをした状態で、眉のラインからはみ出している毛先に関しては眉バサミでカットし、根本からはみ出している場合は毛抜で抜きましょう。

また、スクリューブラシなどの道具を使用しての眉カットはおすすめできません。
眉を必要以上に下げてしまうため、本来正常な場所にあるはずの眉もカットされてしまうからです。

眉が落ちる人におすすめのアイブロウコート

どれだけ朝完璧に仕上げてもすぐにとれてしまう…という方は、最後にアイブロウコートでコーティングしましょう。
100円ショップでも販売されていますので、簡単に手に入れることができます。

 

最後に

眉毛の基本、お分かりいただけましたでしょうか?
眉が整っているだけで顔全体の印象がよくなりますし、メイクの幅も広がります。
ぜひ、自分に合った眉の形を研究してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:もりぼん

著者の記事一覧

1986年生まれ。
広島で生まれ育ち、ミーハー心だけで大学から東京に進出。
現在は化粧品メーカーに勤務しています。

仕事やネイルスクール(ネイリスト技能検定2級保有)で培った美容知識を、ここでは売り手側の視点ではなく、本当に皆さまが役に立つことだけを伝えていきたいと思います。

毎日大好きなキャラクターグッズに囲まれて過ごしています(^ー^*)
コスメコンシェルジュ/日本化粧品検定1級保有。

関連記事






ページ上部へ戻る