好きな人と行く花火大会デートで失敗しない上手な楽しみ方♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
浴衣、髪型ばっちり決めて♪花火大会、誰と見る?

彼と二人で夜空を眺める

夏の夜空を彩る、一面の花火。
今年の花火大会は誰と行く予定ですか? 友達? それとも彼氏?

花火大会に一緒に行きたい相手を聞いたある調査では、1位が「恋人」、2位は「家族」、3位は「テレビで観る」、4位は「その他」、5位は「友人」という結果が発表されています。
この調査結果が物語っているように、花火大会には大好きな恋人と一緒に行きたいものですよね。
テレビで観るという答えが以外と上位に上がっているのも、友人と行くくらいなら自宅のテレビで観れば十分ということの裏返しなのでしょうか。
今年も各地で花火大会が予定されています。
大好きな彼と夜空に咲き誇る大輪の花火を眺めながら素敵な夜を過ごせば、二人の距離もぐっと近づくはずですよ。

 

彼との花火大会を楽しむには

花火大会に欠かせないのが「浴衣」。
でも、着慣れていない方にとって浴衣の着付けは至難の技です。
初めての着付けに挑戦して、出発時間のぎりぎりまで浴衣と格闘。
汗ダグになって、彼との待ち合わせ場所へ向かうと、浴衣がすでに着崩れている…なんてことにもなりかねません。
ご自分でできる方を除いて、やはり浴衣は着付けの知識を持った方にお願いするのが一番です。
着付けのできる方が身近にいない場合は、着付け対応の美容室にお願いするのが確実。
ついでに髪型のセットもお任せすれば、あっという間に浴衣スタイルの完成です。

浴衣を着る際に以外と重要なのが、履き物。
着慣れない浴衣に履き慣れない草履や下駄を合わせてしまうと、鼻緒の当たる部分が痛くなってしまい、きれいに歩くことができません。
花火大会は駅から会場までの距離が長いことが多いため、通常よりも多く歩くことがあります。
草履や下駄を選ぶ際は、足が痛くならないよう鼻緒の幅が太いものを選ぶといいようです。
それでも気になるという方は、おろしたての履き物で出掛けるのではなく、事前に近所を歩いて履きならしておくことをお勧めします。

 

音楽を聴きながらの花火もお勧め

花火はただ観るだけじゃもったいない。
雑踏の中でも周囲に邪魔されず楽しみたいなら、携帯用音楽プレイヤーの音楽を聴きながらの花火見物もお勧めです。
花火が打ち上がる音を遠くに感じながら、彼とイヤホンを分け合い、二人の好きな音楽を聴く…これも花火ならではの粋な楽しみ方です。
また、定番ですが、ビールやおつまみを持ち込んで、軽く食事をしながらの花火もまた一興ですよ。

友達同士で花火を観るのもいいけれど、大輪の花火を恋人といっしょに観るのも素敵な夏の思い出の一つ。
今年も酷暑が予想されますが、大好きな彼を誘って、花火大会に出掛けてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。

関連記事






ページ上部へ戻る