髪の毛の乾かし方で次の日も楽々♪傷ませないお手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
髪の毛の乾かし方で次の日も楽々♪傷ませないお手入れ方法

だんだんと蒸し暑い日が増えてきました。
夏に近づくにつれシャワーなんかを浴びる回数も増えてきますが、つい疎かになってしまうのがドライヤー!!

せっかくシャワーでさっぱりしたのに…髪を乾かす間にまた汗をかくのが嫌。
よく聞きます。

ですが、陽射しが強くなりつつあるこの時期は特に、しっかり乾かす事が重要になってきます。
枝毛や切れ毛が発生する原因は乾かし不足かもしれないですよ?

 

乾かし不足が引き起こすトラブル

特にセミロングからロングの方は注意してください。
しっかり乾かしたつもりでも、意外と乾いていない場合もあります。

髪の毛は、水分を含むとキューティクルが開く仕組みになっています。
キューティクルは魚のうろこ状に並ぶ髪の表皮です。
これが剥がれる事により中の水分、栄養分が流出し、スカスカの状態になってしまいます。
これが傷んだと言われる状態です。

生乾きの場合、まだ髪の毛は水分を含んでいるためキューティクルはまだ閉じきっていません。
その状態でエアコンの風にあたると乾燥しすぎてしまいますし、そのまま寝てしまうと枕との摩擦によってキューティクルが剥がれてしまいます。

また、生乾きの状態はカビや匂いを引き起こす事もあります。
その結果、枝毛、切れ毛、かゆみ、フケ、匂いなどのトラブルが起こってしまいます。

 

正しい乾かし方について

ではどのように乾かせばいいのか・・・

当たり前の話ですが、水分は重力に従って上から下へと流れます。
根元から毛先に向かって流れるんです。
ですから、毛先の方に風をいくら当てても根元が乾かない限りいつまでも水分が残ります。
その上毛先に風が当たる時間が長くなってしまうのでオーバードライといって非常に強いダメージを受けてしまいます。
まずは根元を完全に乾かしましょう。

  1. 指で頭皮をなぞるようにスライドさせながら髪の毛をめくります。
    髪の毛の乾かし方で次の日も楽々♪傷ませないお手入れ方法
    図のような線を引きながら順番に髪をめくり、根元に風を当てましょう。
  2. 手のひらで髪をかき上げるように頭皮を触ってください。
    冷たく感じる箇所があったらその部分はまだ乾いていないのでもう一度風を当てましょう。
  3. 下を向いてリングの貞子のような状態になってください。
    髪の毛を全て顔のほう(下に落とす)に持っていきます。
    手ぐしで梳かしながら上から下に向かって毛の中間から毛先を乾かしていきます。
    .
    髪の毛は、ほとんどが顔側に向けて生えています。
    顔にドライヤーを向けて後ろへ風を当てるのは間違いなんです。
    生え方に逆らって乾かすと、ハネたり広がったり、まとまらなくなってしまいます。
    まずは全ての毛を前へ前へと持っていってください。
    そうすることで頭皮の丸みに沿って毛先が内側に入りやすくなり、広がりも防止できます。
    .
    クセが気になる人はこの時点で少し力を加えて引っ張るように乾かしてみてください。
    クセはテンションを加えながら熱をあてると大半伸びます。
    ここの行程をしっかり行うことで、次の日の朝の状態が断然に変わります。
  4. ほぼ乾いたら、髪をかき上げるように戻しながら全体にドライしましょう。
    髪をかき上げつつ、まだ冷たい所がないかチェックしてください。
  5. 最後は冷風を根元から毛先全てに当ててください。
    冷風を当てる事によってキューティクルが引き締まり、艶が出ます。
    まとまった髪を固定する役割も果たしてくれます。

 

乾かす前に!保護を忘れずに!

ドライヤーは髪に良くないという言葉をお客様から聞くことがあります。
確かに髪の毛は熱に弱いので、髪にいいとは言い切れません。
ですが、完全に髪の毛を乾かすにはドライヤーの力がどうしても必要です。

ではどうすべきか。
熱を当てる前に保護をすればいいのです。
“洗い流さないトリートメント”と呼ばれるものがまさにその役目を果たしてくれます。

少しパサつきや広がりを感じるようなら、オイルタイプか乳液タイプ。
ねこっ毛でボリュ-ムが欲しい人はミストタイプがいいでしょう。

タオルドライ後、適量を髪の中間から毛先につけ、しっかりとコーミングしてからドライヤーを当てましょう。
熱によるダメージを防いで、髪に必要な潤いも与えてくれます。

オススメアイテム

髪の毛の乾かし方で次の日も楽々♪傷ませないお手入れ方法
モロッカン オイル トリートメント
今セレブの間でも爆発的な人気だというこのモロッカンオイルは、オイルなのに全ての髪質に対応する優れもの。
ダメージや乾燥から髪を守るだけでなく、紫外線予防や湿気による髪の広がりまで防いでくれます!
アロマのようなやさしい香りもGOODです!
私も使用しましたが、オイルなのにべタつかず、しっとりまとまってよい感じでした!
髪からいい香りがするのでやみつきになります。

 

おわりに

慣れるまでは乾かしきるのが大変に感じるかもしれません。
ですが、ヘアケアは毎日の積み重ねです。
習慣にすることで調子もよくなり、手入れが楽になります。
ほんの一手間が髪を傷ませない予防になります。
髪や頭皮を守るためにも、是非実践してみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。

関連記事


ページ上部へ戻る