夏太りの原因は冷えだった?今からでも間に合う対策と解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気になる原因を解明!夏太り解消法!

最近なぜか太った…それは夏太りかも?

「夏になると食欲が落ちて痩せる」という声を聞きますよね。
食欲が落ちて脂っこい食べ物を避け、あっさりした冷たい食べ物ばかり食べているのに、なぜか体重が増えてしまうという…という方、それは「夏太り」かもしれません。

人間は、気温が下がると体温を維持するためにエネルギーを燃焼しようとし働きかけます。
しかし、気温が体温に近い夏の場合、エネルギーを燃焼する必要がないと体が判断するため、エネルギーはそれほど燃焼せず、基礎代謝量も増えないのです。
夏は汗を大量にかくため、冬に比べ新陳代謝も活発に行われているような気がしますが、実はそうではないのです。
そもそも夏場の汗は、気温の上昇によって上げられた体温を下げるために出ることが多いため、運動による発汗とは、少々性質が異なります。
では、なぜ夏に太ってしまうのでしょう。

夏は多くの汗をかくことで奪われた水分を補うため、冷たい飲み物や甘いものを必要以上に摂取してしまいます。
実はこうした行動が夏太りを招いてしまのです。
さらに、暑さによって外出を控えてしまうため活動量が低下し、エネルギーが消費されにくくなってしまうことも、原因の一つ。
加えて夏場は体力を奪われるため、夏バテ防止のためにと必要以上に食べ過ぎていたりしませんか?
高カロリーのものばかりを食べていると、カロリーオーバーとなってしまい、肥満を招いてしまいます。
また、そうめんや冷麺など、冷たい食事は体を冷やすことで、代謝を悪くし、体内の水分をうまく排出できなくなることでむくみを招いてしまうことも。
もちろん、夏のビールも例外ではありません。
暑い夏に冷えたビールは美味しいですが、ほどほどに。
夏太りを解消するには、冬と変わらない食生活を心掛け、温かい食事を取ること、運動量を維持することが肝心です。

 

夏太りを防ぐためには?

ビタミンやカリウムを摂る

やはり第一に食事です。
のど越しのよい炭水化物や糖分ばかり摂っていると、ビタミンやミネラルが不足してしまい、むくみの原因になってしまうことも。
キュウリやバナナなど、カリウムを豊富に含んだ食材を積極的に摂ることで、水分の排出を助けることができます。

 

軽い運動を取り入れる

暑い夏は自然と外出を控えてしまったり、汗を掻くことで体力が奪われ、冬に比べ運動量が落ちてしまいます。
そうはいっても、炎天下の下でジョギングやマラソンに励むのは、熱中症を引き起こしてしまうため危険行為。
夏場はプールで泳いだり、涼しい部屋でヨガやストレッチ、筋トレをするなどして、季節に応じた運動を取り入れるといいですよ。

 

体を温める

夏の体は冷房や冷たい食事・飲み物などの影響で、思った以上に体を冷やし代謝を落としてしまいます。
暑い夏でも常に体を温めておくことが大切です。
水分補給には、よく冷えたお茶や水ではなく、常温の飲み物をとることをお勧めします。
また、温かい食事を摂ることも、夏の体には欠かせません。
オフィスや電車の中など冷房が効きすぎているなと感じたら、カーディガンを一枚羽織るだけでも、風が肌に直接当たらないので、体を冷やさず体温をキープすることができますよ。

夏でも体を冷やし過ぎないことや、適度な運動を取り入れることが、夏太りを防ぐポイント。
今年は、酷暑に負けず夏太りに打ち勝つ、夏にしていきましょう。

Photo by John De Jong

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:mika

著者の記事一覧

1976年生まれ。出版社に勤務した後、フリーのライターとして独立。
現在、さまざまなジャンルの記事を制作する。趣味は陶芸とワインで、電動ロクロと格闘中。

関連記事






ページ上部へ戻る