化粧をすると老けるのは自分だけ?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「化粧をすると大人っぽく見えるね」

そう言ってもらえるのが嬉しかった思春期を過ぎ、いつしか、「化粧をすると老ける」と言われることが多くなってきた…。

そんな悩みを持つ人はいませんか。
それは、もしかすると、あなたのメイク方法に原因があるのかもしれません。
私たちの顔は、化粧によって、まさに「化ける」ことが可能です。

化粧一つで、老け顔にもなれば、「脱老け顔」を目指すことだってできるのです。
ぜひとも、脱老け顔メイクを身につけて、老け顔とお別れしましょうね。

脱老け顔メイクのポイント、教えます!

化粧をすると老ける、という人たちのメイク方法には、共通の法則が見られます。
それは、「やり過ぎ」。
いくつかのやり過ぎの例を取り上げて、老け顔に見えてしまう化粧の特徴を知り、脱老け顔メイクを心掛けましょう。

①眉毛

まずは、眉毛です。
あなたは、眉毛のラインの最後をどの位置に決めていますか。

以前は、小鼻と目尻を結んだラインの延長線上にする場合が多かったのですが、それでは少し長すぎて、老け顔に見られてしまいます。

唇の端と目尻を結んだラインの延長線上を眉尻にするように変えてみると、今風の短くて、若々しい眉毛になりますよ。
また、眉頭はぼかして薄めにするのがポイントです。

②アイライン

昔は、アイラインといえば、目の周りを一周、しっかりと囲むこともありましたが、これも、やり過ぎで、老け顔に見える化粧の代表例です。

アイラインを目の下全てに入れてしまうと、ともすれば、くすみのように見えてしまう可能性もあります。
目の下側は、目尻から3分の1程度まで、目の上側も、目尻から3分の2まで入れれば、十分です。
また、色も、ブラックより、少し優しい印象になる、ブラウンを使って、老け顔に見えないメイクを施しましょう。

③ファンデーション

ファンデーションの厚塗りは、絶対に避けたい老け顔メイクの典型例です。

シワやシミを隠したいからと、ファンデーションを何度も重ねづけする人もいますが、これは、首などとの色の差が際立ってしまい、逆効果です。

また、ファンデーションは、厚くなればなるほど、化粧崩れもしやすくなり、それも、老け顔に見られる一因となります。

どうでしょうか。

知らない間に、「やり過ぎメイク」で老け顔になってしまっていたのではないでしょうか。
何事も、過ぎたるは及ばざるがごとし、と言います。
少し物足りないかな、というぐらいの化粧で、脱老け顔を目指しましょうね。

あわせて読みたい♪
シミの分解をサポート!ポーラの美白美容液ホワイトショットCXとSXの効果
首・デコルテのシワたるみがなくなる!YSLのリブレイターYセラム
入荷2週間待ち?!多忙な女性・ママに人気!シミシワに効果的な美容液リペアジェル!
ひと塗りでシミが消える!メコゾームでシミのない美肌を実現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:りさ

著者の記事一覧

気の合う女子同士のおしゃべりって、ホント、終わりませんよね?!
恋愛の話、美容の話、ファッションの話、結婚の話、育児の話…。
ああでもない、こうでもない、と話すうちに、もうこんな時間(笑)。

そう、私の書きたい文章はまさにソレ!

ライター、京都大学法学部卒、元行政ウーマン、保育士、受験指導者、2児のママ…
実は、いろんなカオ、持ってます。

― せっかく女性に生まれたからには、「女子道」を極めたい ―

そんなあなたのために、書きたい話題はまだまだいっぱい。
Lierで結ばれた私とあなたの大切な時間。
今宵は、心ゆくまで楽しく「おしゃべり」しましょうね!







関連記事











ページ上部へ戻る