逆効果!?あなたを美肌から遠ざけているクレンジングの5つの誤解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

美意識高いが故の過ち!

いつも念入りにスキンケアをしているのに、肌は良くならないどころか悪化する一方…とお悩みの方はいらっしゃいませんか?
もしかして、良かれと思ってやっていたことが肌を痛めているせいかもしれません。

美意識が高い方だからこそ陥りがちなスキンケアの勘違いを、今回はクレンジングに絞ってお伝えしたいと思います。

 

誤解その1:クレンジングはマッサージも兼ねてむくみを防止

⇒×です!
クレンジングしながらのマッサージは、メイクや汚れを肌全体にこすりつけていることになってしまいます。
落としたはずの汚れを再び肌の中へ…考えただけでも恐ろしいですよね。

マッサージすること自体は問題ありませんので、きちんとメイクを落とした後、専用のクリームを使ってやりましょう。

誤解その2:すすぐ時は冷水で肌を引き締める

⇒×です!
ほとんどのクレンジング剤には油が入っていますが、冷水だと油が固まってしまい、肌に残ってしまいます。
すすぎ残しは肌荒れの原因に。

また、いきなり冷水を使うことで肌がびっくりして荒れてしまうということもあります。
ただし、熱すぎるお湯も肌を乾燥させてしまうので、適温は32~34度のぬるま湯です。

誤解その3:肌に負担がかかるから、W洗顔はしない

⇒×です!
いくら正しくすすいでも、クレンジング剤は肌に残りがち。

W洗顔不要のクレンジングなら問題ないですが、W洗顔不要の記載がない限りは、必ず洗顔料(or石鹸)でW洗顔をしてあげましょう。
しっかり泡立てて優しく肌になじませれば、肌への負担にはなりません。

誤解その4:毛穴の汚れも落とすために時間をかけてしっかりなじませる

⇒×です!
クレンジングとはあくまで洗顔料では落とせない油性のメイクを落とすためのもの。
クレンジングでは毛穴の汚れは落ちません。
ゴシゴシ擦りすぎると毛穴が傷つきさらに目立つ要因になってしまうので、過度の期待は逆効果です。

毛穴汚れが気になる方は、ピーリングがおすすめです。

誤解その5:シャワーの水圧を利用してきれいに洗い流す

⇒×です!
顔の皮膚はとってもデリケート!
シャワーの水圧は刺激が強すぎます。

シャワーで楽に流したい気持ちも分かりますが、面倒でも必ず手ですくって洗い流してください。
どうしてもシャワーじゃないと嫌な方は、水圧を低めにして、肌に勢い良くかからないよう工夫をしてあげてください。

 

美肌を作るクレンジングの4つのポイント

誤解を説いたところで、次はもっと美肌になるためのコツをご紹介します。

350

①クリーム・ミルクは先に温める

クリームタイプ、ミルクタイプのクレンジングは、オイルが中に隠れている状態です。
顔につける前に先に手のひらで温めてあげることで、短時間でメイクとなじませることができます。
ぜひ一度お試しください。

②必ず鏡を見ながらクレンジングする

人には必ず癖があるので、クレンジングの時も、知らぬ間に何度もこすっている場所もあれば、全くなじませていない場所もあります。
それを防ぎ、全部の箇所を均等になじませるためにも、必ず鏡を見て、なじませ忘れがないかを意識しながらクレンジングしましょう。

③洗い流す前に少量の水でなじませる

どのタイプのクレンジングも、洗い流す時に一気に水をかけるのではなく、最初は少量の水を顔になじませましょう。
先にある程度なじませることで、クレンジング剤が落ちやすくするための準備をしてくれるのですすぎの時間が短くなります。

④生え際やフェイスラインのすすぎ残しに気を付ける

洗い残ししやすい箇所が生え際とフェイスラインです。
生え際に入ってしまったクレンジングはすすぎだけで落とすことが難しいので、できればクレンジングの後に髪を洗い、きれいに洗い流してあげましょう。
耳の後ろも忘れやすい箇所です。

 

最後に

5つの誤解を紹介しましたが、いくつ当てはまりましたか?
クレンジングを間違えていると、いくらその後のスキンケアを頑張っても、マイナスをゼロに戻すだけの行為になってしまってもったいないです。

当てはまるものは無かった!という優秀な方は、もっともっと美肌にするために、後半で紹介したポイントを今日から意識してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:もりぼん

著者の記事一覧

1986年生まれ。
広島で生まれ育ち、ミーハー心だけで大学から東京に進出。
現在は化粧品メーカーに勤務しています。

仕事やネイルスクール(ネイリスト技能検定2級保有)で培った美容知識を、ここでは売り手側の視点ではなく、本当に皆さまが役に立つことだけを伝えていきたいと思います。

毎日大好きなキャラクターグッズに囲まれて過ごしています(^ー^*)
コスメコンシェルジュ/日本化粧品検定1級保有。







関連記事











ページ上部へ戻る