鏡の中の老けて見える自分が嫌い!好きになれない原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白雪姫の継母でなくても、鏡に映る自分の顔は、誰しも気になるところですよね。
鏡に映った自分の顔が、どんどん老けて見えるようになると、白雪姫の継母ほど、もともと自分の美貌に自信がない私たちは、「世界で一番醜いのは…」と気弱になって、自分が嫌いになってしまったり、憂鬱になってしまったりするものです。

でも、実は、その憂鬱な気分が、さらに、自分の顔を老けて見えるようにしてしまっているのかもしれませんよ。
鏡の中の自分が嫌い、という心の落ち込みは、顔の表情やお肌の状態に、顕著に現れてしまいます。
というのも、お肌と心は、思いのほか、密接に関わりがあるものだからです。

心とお肌は表裏一体!笑顔で心もお肌も晴れやかに

お肌と心は、ホルモンの働きを通じて、表裏一体といってもよいほど、深く関わりを持っています。
心がストレスを感じると、コルチゾールというストレスホルモンや、女性ホルモンが、敏感に反応を示します。

その影響を受けて、お肌のコンディションも、大きく左右されてしまうのです。
鏡の中の老けて見える自分が嫌いで落ち込むことが、さらに新しいストレスを生み出し、また、もっと老けた自分自身を鏡に映し出してしまうことになるのです。

これは、まさに、お肌と心が、負の螺旋階段を転がり落ちていくことにほかなりません。
老けて見える自分を見て、憂鬱な気分になったなら、少し無理をしてでも、鏡の中の自分に笑いかけてみてください。
そんなバカらしいことはできない、と思うかもしれませんが、笑顔を作るということは、心の安寧にとっても、お肌の表情筋にとっても、大変良いことなのです。

表情筋をあまり使っていないと、たるみがどんどんと目立ち始めます。
たるみは、言うまでもなく、私たちの鏡の中の顔を老けて見えるようにしてしまいます。
口角を上げるエクササイズは、お肌のたるみに非常に効果的ですので、笑顔を作ることは、とても重要なこととなるのです。

そうとわかっていても、ただ鏡に笑いかけているだけでは、憂鬱な気分は晴れない、という人も少なくないでしょう。
そんなときは、特に予定がなくても、まるでパーティに出かけるかのように、バッチリメイクをして、着飾ってみてはどうでしょうか。
自分が嫌い、と心が落ち込んでしまっているときは、良い循環の中に心とお肌を置くことができるよう、気持ちを浮上させる努力が必要ですね。

出産後などで、それでも、憂鬱感が消えなかったり、自分が嫌いという自己否定の思いが強かったりする場合は、産後うつになっている可能性もありますので、一度、医療機関に相談してみるようにしましょうね。

あわせて読みたい♪
簡単顔痩せあいうえお体操!小顔エクササイズで二重あご解消!
恐怖!大顔の原因は歪み?小顔エクササイズで別人に生まれ変わる!
安いのにすごい!プチプラコスメ! おすすめの化粧水大集合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:りさ

著者の記事一覧

気の合う女子同士のおしゃべりって、ホント、終わりませんよね?!
恋愛の話、美容の話、ファッションの話、結婚の話、育児の話…。
ああでもない、こうでもない、と話すうちに、もうこんな時間(笑)。

そう、私の書きたい文章はまさにソレ!

ライター、京都大学法学部卒、元行政ウーマン、保育士、受験指導者、2児のママ…
実は、いろんなカオ、持ってます。

― せっかく女性に生まれたからには、「女子道」を極めたい ―

そんなあなたのために、書きたい話題はまだまだいっぱい。
Lierで結ばれた私とあなたの大切な時間。
今宵は、心ゆくまで楽しく「おしゃべり」しましょうね!







関連記事











ページ上部へ戻る