ファンデーションを変えれば敏感肌でもメイクを楽しめる!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

ファンデーションは肌をキレイに見せるための大切なメイクアイテムです。
しかし、肌のコンディションによって使い心地が変わってしまいませんか?

もちろん、肌コンディションも大切ですが、ファンデーション次第で肌をキレイにみせることはできます。
肌が敏感であっても肌をキレイに見せたいですよね。
ファンデーションを選ぶポイントが分かれば、もっとメイクが楽しくなるでしょう。

 

肌が敏感に反応しやすい成分とは

350
肌がゆらぎやすい時や肌が常に敏感になっている人は、どんな成分が自分の肌にとって刺激となっているか把握していますか?
普通肌の人が使ってなんともないコスメでも肌のバリア機能が低下していると、なんらかの成分に対して過剰に反応してしまうことがあります。
刺激になってしまいやすい主な成分は…

  • 合成界面活性剤
    皮膚表面の皮脂だけでなく、NMFなどのうるおい成分までも一緒に洗い流してしまいます。
  • 合成香料
    天然の植物から採れる香料ではなく、化学物質を組み合わせてつくられています。
  • 合成着色料
    天然の植物から採れる香料ではなく、化学物質を組み合わせてつくられています。
  • 紫外線吸収剤
    肌の中に取り込んで熱に変えるときに化学反応するのでその時に変化した物質が刺激となってしまう可能性があります。
  • タルク
    石を粉にしたものでミネラル成分ですが、アスベストが混入している可能性があるため肌につけるときに、吸い込む危険性があるため。
    しかし、随分前のことなのであまり気にしない人もいます。
  • タール系色素
    この色素は石油由来のため、肌への刺激となる恐れがあります。
  • シリコン
    皮膚表面にビニールのような膜を張っているようなものです。
    そのため、皮膚呼吸がしにくくなります。
  • 合成ポリマー
    皮膚表面にビニールのような膜を張っているようなものです。
    そのため、皮膚呼吸がしにくくなります。
  • 合成防腐剤
    石油が原料で普通肌なら、肌荒れしませんが、敏感肌だと強い刺激となる可能性があります。
  • パラベン
    石油が原料で普通肌なら、肌荒れしませんが、敏感肌だと強い刺激となる可能性があります。

といった成分です。
もちろん、肌に使うものなので肌の負担とならないように配合されているものですが、敏感肌の場合、これらの成分が肌に合わないために、ヒリヒリしたり、かゆくなったり、赤くなったり、肌トラブルを引き起こしている可能性があります。

 

ファンデーションを選ぶコツ①

ファンデーションは、肌をよりキレイに均一に見せるためのものです。
しかし、肌コンディションが整っていないと、それをカバーしようとついつい厚塗りしてしまい、皮膚呼吸ができなくなってしまいます。

また、皮脂やホコリと混ざると、酸化し肌への刺激となることもあります。
ファンデーションを選ぶときは、皮脂やホコリと混ざってもくすんだり変色しない天然ミネラル成分でつくられていファンデーションを選ぶことです。

とはいっても、最近ではミネラル成分が微量に含まれているだけでミネラルファンデーションと書かれているものもあります。
選ぶときは、成分表記を必ず確認しましょう。

 

ファンデーションを選ぶコツ②

350
ファンデーションには、パウダーやリキッド、クリームタイプなど様々なものがありますが、肌への負担を考えると、ベストはパウダーファンデーションです。

もともと、ミネラル成分は粉になっているので、そこから液体にするためには、加工成分が必要です。
また、リキッドタイップの方が密着率も高いので、クレンジングに時間がかかってしまいます。

どうしてもリキッドタイプがいいという方は、ミネラルファンデーションならうるおいもあり、肌に優しいのでその中からリキッドタイプを選ぶと良いでしょう。

 

敏感肌でも安心して使えるファンデーションオススメBEST3

今回は、オススメの天然ミネラルファンデーションのランキングです。
どれも口コミ評価が高いので、テスターやトライアルキットで一度肌にのせて試してみるといいでしょう。
きっと、あなたにあうファンデーションが見つかるはずです。

敏感肌でも安心して使えるファンデーション
第1位 ETOVOS ミネラルファンデーション

エトヴォス ミネラルファンデーションスターターキット
エトヴォス ミネラルファンデーション スターターキット
2,300円(2週間分)※新規登録をすると500円引き
(ツヤタイプはSPF25・PA++、セミマットタイプはSPF30・PA+++)
レビューを見に行く

主成分は天然ミネラル成分でできているパウダータイプのミネラルファンデーションです。
肌に負担のかからない成分でできているので、くすみのない肌を長時間キープすることができます。
それなのに、メイク時間は60秒で完了するので忙しい朝のメイクも短時間で済ませることができますね。

紫外線をカットしながら、ETOVOSの独自技術により、気になる肌悩みをカバーしながら保湿してくれます。
仕上がりタイプもツヤタイプとセミマットタイプの2種類から選ぶことができます。
粉っぽさがなく、自然な感じに仕上がるのでナチュラルにつくりたい人にオススメです。
ナチュラルといっても、肌の凹凸をカバーしてくれるので肌をなめらかに見せてくれます。

敏感肌でも安心して使えるファンデーション
第2位 レイチェルワイン ミネラルファンデーション

レイチェルワインのメイクアップトライアルセット21
レイチェルワイン ミネラルメイクアップトライアルセット
1,886円
(SPF27.5・PA+++)
レビューを見に行く

レイチェルワインのコンセプトはピュア&シンプルスキンケア。
肌トラブルの元となる成分を配合していないので、肌が過敏な人でも安心して使用することができます。
UVカット効果~最後のパウダーの役割をこれ一つで済ませることができるので肌への負担は軽くなります。

このトライアルセットでは、ファンデーションの色を2色選ぶことができます。
明るめを選んでハイライト代わりにしたり、暗めを選んでシェーディングに使ってみたりできるので肌を立体的に見せることができます。
マットな仕上がりでテカらないので、メイク直しの手間も省けるミネラルファンデーションです。
セットのブラシも柔らかく、チクチクしないので敏感肌の人でも喜んで使えるはずです。

敏感肌でも安心して使えるファンデーション
第3位 MIMC ミネラルクリーミーファンデーション

MIMC(エムアイエムシー)ミネラルクリーミーファンデーション
MIMC(エムアイエムシー) ミネラルクリーミーファンデーション
6500円 全6色
(SPF20・PA++)

肌への負担を減らしながらも肌をキレイにみせてくれるファンデーション、それがMIMCのミネラルファンデーションです。
つけている方が肌にとってはプラスになるファンデーションと聞くと、なんだか不思議な感じもしますが、ファンデーションによく使われている防腐剤や着色料、界面活性剤などは使わず植物成分と美容液で作られています。
使い心地は、しっとりうるおうのに、肌表面はサラサラに仕上がります。

気になるシミやシワ、キメの粗さをカバーしながらも厚塗り感はなく、汗に強くそれでいて石鹸でメイクオフできます。
肌をいたわり、守り、うるおいを与えてくれる優秀なミネラルファンデーションです。

 

おわりに

これまで敏感肌のファンデーションといえば、守るためだけの印象がありましたが、ミネラルファンデーションの進化っぷりは期待以上でした。
肌を守るだけでなく、うるおいを与え、肌をキレイに見せてくれるという普通肌でも一度は試す価値ありのミネラルファンデーションばかりです。

メイクオフも洗顔だけで済むので肌への負担を極力減らすことができ敏感肌に人でも肌に自信がもてるようになるでしょう。

★おすすめ記事
ミネラルファンデーション比較ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る