簡単アレンジレシピ!メロンパンの美味しい食べ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メロンパンのおいしい食べ方

はじめに

いきなりですが、あなたはメロンパンが好きですか?
私は実は可もなく不可もなくという感じです。
なぜなら、“メロンパンの外側は好きだけど、中身が嫌い” だからです。
つまり、外のカリカリしたメロンの部分は好きなんですけれど、中のパサパサしたパンの部分が苦手なんですよ。
筆者は切に願っております。
「誰かメロンのカリカリ部分だけで販売してくれないでしょうか。」と。

同じ気持ちの人はいませんか?
例えば、どうしてもお腹が空いる時になぜか家にメロンパンしかない…。
そんな時はどうすれば良いのでしょう?
諦めて食べませんか、それとも我慢してメロンパンを食べますか。

私にはそのどちらも選択することが出来ませんでした。
一瞬だけ、外側のカリカリした部分だけ食べて後は残してみようか、と少し残酷なことを考えてしまったのですが、そんな非道なことは出来ませんでした。
そうして、あれこれ熟考してようやく決心したのです。
「そうだ、メロンパンをアレンジして食べれば良いんだ。」
そうです、ひらめいたのです。
そのままじゃあおいしくないなら何かを足せば良い、と。

ということで、メロンパンのおいしい食べ方をセレクトしました、ご覧ください。

 

おすすめ方法1 メロンパンをカットしてオーブンでカリカリ焼く

メロンパンのカリカリした部分が好きでパサパサしている所が嫌いなのなら、すべてをカリカリにしてしまえば良いのではないか?と思ったことがきっかけです。
そのままの大きさだと、また更にメロンの部分だけがカリカリになってしまうと考えたので、薄く輪切りにカットしてオーブンに入れることになりました。
通常の食パンをトーストしたように良い感じにカリカリになりました。
やはり食感というのは大事だなと実感しました。
同じ材料の同じ物が、ひと手間かけるだけで憎たらしい存在から愛しの存在へと速やかに格上げされたのです。
そのままでもおいしいですが、そこにバターやオリーブオイルを付けて食べるとまた違う風味が出ておいしかったです。

※マーガリンの成分はうつ病やアトピーの原因にもなりますので、お辞めください。

 

おすすめ方法2 メロンパンでフレンチトーストを作る

卵と牛乳と砂糖があれば、メロンフレンチトーストの出来上がりです♪
もはやメロンパンの見る影もないですが、これも一つの形かなと思っております。

まるでメロンパンナちゃんが頭からメロンジュースを出すように、「ちょっと、そういう楽しみ方もあったの?」というつっこみとおもしろさが感じられるアレンジではないでしょうか。

 

おすすめ方法3 メロンパンを揚げてしまえ

メロンパンを適当な大きさにカットして揚げます。
その後はお砂糖をお好みでまぶしてください。
世の中には“メロンパンラスク”なるものも存在するみたいなので、メロンパンにはやはりカリッとした食感が一番合うみたいですね。

 

ちょっとバッドな方法
  • メロンパンをトマトスープで煮込む
    (甘さと酸っぱさで変な気分になります)
  • メロンパンをオレンジジュースで煮込む
    (意外と悪くない。でもぐちゃぐちゃの食感がダメでした)
結論:メロンパンは煮込んではダメです。

 

まとめ

メロンパンには意外と色々なアレンジ方があることが分かりました。
やはり料理に限界はないという事なのでしょうか。
もちろん味の相性はあることと思いますが、意外と諦める事も無いな、メロンパンって感じでした。
少し苦手な部分があっても、それを自分がカバーしてやれば良いじゃないかという心意気で、これからもお腹が空いた時は遠慮せずにメロンパンのお世話になろうと思いました。

Photo by *steveH

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: 山田 舞

著者の記事一覧

初めまして、自由を愛するライター山田です。
自由過ぎた生活で(?)重度の冷え症になったことから、身体に優しい食やライフスタイルに目覚め、フードコーディネーター&ライターになりました。
悩める女性にとって役立つ健康構築術を中心に伝えていけたら良いなと思っていますので、興味のある方はぜひ読んで実践してみて下さいね!

関連記事



ページ上部へ戻る