角層の紫外線ダメージを洗い流す♪美白効果の高いおすすめ洗顔フォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

これからの季節は、紫外線量も一気に増えていきます。
しっかり日焼け止めを塗っているつもりでもうっかり紫外線ダメージを受けてしまうこともあります。
これからの季節で大切なのは、「ダメージを残さない、肌の奥に届けない」ようにしましょう。

まずは、洗顔から角層の紫外線ダメージをケアすることから始めてみましょう。
夏が終わるころ、がっかりするか、余裕でいられるかはこれからのスキンケアにかかっています。

 

洗顔は余分な汚れや角質をきちんと落とすことから

350
一日動き回った肌には、皮脂やホコリ、紫外線や汚染物質、メイクなどが混ざり合っています。
また、夜寝て朝起きた時も日中ほどではないものの、皮脂が分泌されています。
スキンケアの基本は、余分な汚れや角質を落とすことから始まります。
洗顔は、その汚れを落としてくれる大切な役割を担っています。

洗顔料を選ぶポイントは、「優しく・しっかり」です。
洗顔料の中には、石油系界面活性剤を多く含み、肌表面や角層の潤いを取り過ぎてしまうものもあります。
洗浄力の高い洗顔料は、洗い上がりがさっぱりとしているものの、本来肌に残って欲しい皮脂や潤い成分が失われているので乾燥肌や敏感肌、インナードライ肌になってしまいます。
洗浄成分はマイルドでありながらも余分なものは洗い流してくれる、そんな洗顔料を選ぶことが美肌になる秘訣です。
(後ほど、著者イチオシ洗顔料をご紹介するので参考にしてみてください。)

 

ただ洗うだけではなく、美白成分配合のもので洗顔から美白ケアを

紫外線を受けた肌はどうなるか知っていますか?

紫外線にはUV-A波とUV-B波があり、UV-A波は肌の「真皮層」という肌のハリや弾力を司る肌内部にダメージを与えます。

UV-B波は、肌表面近くの「表皮」の中でも最も外側にある「角層」にダメージを与え、肌の炎症を引き起こします。

紫外線は一年中降り注いでいますが、特に春先から夏にかけての紫外線量は多くなるので日頃から紫外線ダメージに負けない肌づくりが必要です。

洗顔料には、シンプルに汚れを落とすことだけに着目したものや美白効果が期待できるもの、保湿効果のあるものなどがあります。
紫外線対策や美白効果が欲しい場合は、毎日の洗顔を美白成分配合のものに変えてみましょう。

洗顔での美白ケアとは、主に、角層の古い角質を除去する働きや紫外線を受けて酸化した皮脂などを洗い流すことで肌本来の明るさを取り戻すことです。
くすみがとっぱらわれるので、肌トーンが明るくなり、透明感がでます。

また、余計なものがなくなると、保湿成分や美白成分が肌にしっかり浸透するようになるため、美白効果アップが期待できます。
美白ケアは洗顔から始めることをおすすめします。

 

知っておきたい 効果的な洗顔ポイント

350
優秀な洗顔料を持っていてもその効果が十分に得られないと感じたことはありませんか?
もしかすると、それは、洗顔の仕方に問題があるかもしれません。

  • 洗顔前、手を清潔にしていますか?
  • しっかり泡立てていますか?(ひっくり返しても落ちないくらい、濃密な泡を目指しましょう。)
  • 手を顔にこするようにゴシゴシとしていませんか?
  • 洗顔に使う温度はぬるま湯ですか?(32~34度が適温です。)
  • すすぎ残しはありませんか?

これらのどれか一つでもできていないと、十分な洗顔効果は得られません。
まずは、洗顔前に手を清潔にすることからはじめましょう。

洗顔で最も気をつけなければならないことは、肌への摩擦です。
肌表面をこすってしまうと、表面が傷ついてしまい潤いを守るベールが剥がれ、肌に必要な潤い成分が流出します。

また、肌をダメージから守るために摩擦が生じるとシミの原因となるメラニン色素の生成をはじめます。
どんなに良い洗顔料であっても、不十分な泡立てや肌をゴシゴシこするような洗い方では、肌状態は悪くなるばかりです。

効果的な洗顔のポイント

  1. レモン1個分のきめ細かい泡をつくる。(泡立てネットの使用は短時間にできます。)
  2. 泡を顔にのせ、泡を転がすように(手が顔に触れないように)洗いましょう。
  3. すすぎの温度は冷たすぎても、熱すぎてもよくありません。
    夏はぬるい、冬は少し物足りないぬるま湯の温度ですすぎましょう。
  4. 髪の毛の生え際、フェイスラインは洗い残りが多い場所です。
    洗顔料が残ったままだと毛穴に詰まり・ニキビの原因になります。
    洗い残りのないよう、しっかりすすぎましょう。

美白効果他の高いイチオシ洗顔フォーム

ホワイティシモ-薬用ウォッシュ-クリア
ポーラ ホワイティシモ 薬用ウォッシュ クリア
120g 4,104円(一日2回の使用で約100日分)

ベストコスメにも選ばれるホワイティシモ薬用ウォッシュクリアは、弾力のある泡をつくることができ、面倒な泡立ても短時間でつくれます。
洗浄成分で肌についた皮脂やホコリなどを落としながら、同時にクララエキスなどの美容成分を豊富に含んでいるため洗顔から美白ケアを行うことができます。
くすみが気になる方や紫外線のダメージをよく受ける方に適しています。
また、ごわついた肌を柔らかくし、洗顔後の化粧水などのスキンケアの浸透を高めてくれます。

ホワイティシモ 薬用フォーム ディープクリア
ポーラ ホワイティシモ 薬用フォーム ディープクリア(スペシャルケア)
90g 5,940円(約30回分)

ホワイティシモシリーズの中の一つで、ディープクリアの場合は、3日に1度使う洗い流すタイプの泡マスクです。
古くなった角質を除去しターンオーバーを促すハイビスカスエキスやハイビスカスエキスや肌荒れ防止効果のあるメリッサエキスやセイヨウノコギリソウエキスなどが配合されているので、透明感のある肌や肌トラブルに負けない肌づくりができます。
ディープクリアの濃密でキメの細かい泡が顔全体を包み、角層の余分なものを除去してくれるので洗い上がりは、パッと明るい肌になれます。

 

おわりに

紫外線は、乾燥やシミ、シワ、たるみ、毛穴トラブルなど様々な肌トラブルの原因になります。
日頃からの紫外線対策は洗顔から始めることができます。

今日受けた紫外線を明日に持ち越さないためにも、毎日の洗顔から丁寧にスキンケアするように心がけましょう。
毎日のスキンケアは、数年後必ずやっててよかったと実感できるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:maiko

著者の記事一覧

1989年生まれ。
趣味:本屋めぐり
ハマるととことんハマってしまう性格です。
キレイになることを楽しむために役に立つものを書いていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る