女性も自立する時代!結婚しても自分らしく生きる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

女としての幸せって、何だと思いますか?
好きな人と恋に落ちて、結婚して、子供を産んで、家庭を守っていく…という事なのでしょうか。
それが幸せだと思う人もいると思います。
ですが、出産をした瞬間に女は母親になってしまいます。
育児と家事に追われ、自分の時間やオシャレをする機会すら失ってしまうケースも多いと思います。

あくまでも、私個人の意見になりますが、育児と家事に追われて自分に構えないと言うのは言い訳です。
美容院に来られるお客様からよく聞くのは、子供が小さいから髪の毛を乾かす暇がない、朝時間がないからメイクがキチンと出来ない。
私も出産をするまでは、そうなんだと思っていました。
ですが、それは間違いでした。

時間を無くしてしまうのは、自分の意欲の問題です。
私は、ママである前に死ぬまで女でいようと思っています。
なので、子供を産んでからも自分にかける時間だけは確保しています。
髪の毛もキチンと乾かすし、メイクもキチンとします。
子供は泣いたりグズッたりはしません。
ちゃんと待ってくれます。

厳しい言い方になりますが、待てない様に育ててしまうから子供は待てなくなります。
自分に時間をかけられない生活をこれからずっと続けていく事は、果たして幸せなのでしょうか。
子供はいつか手を離れます。
そしてまた旦那さんと2人で生きて行く時が訪れます。
シワが増えて、白髪が出てきても、旦那さんに愛してもらえる自分でありたいと思いませんか?
そのために必要なのは、自分らしく生きる事だと思います。
是非、自分のために時間を作ってください。

 

綺麗でいることの魔法

女性が美しくなった時に、明らかに変化する事があります。
それは表情です。

サロンワークでも、ボサボサの髪の毛で見えた方が髪を整えてメイクを直し、鏡を見た時…それはそれは素敵な笑顔を見せてくれます。
そして不思議な事に美しくなると、言葉遣いや仕草まで美しくなるんです。

どんな女性でも、美しくありたいと思う気持ちはあって当たり前です。
ですが、結婚を機にそれが諦めに変わってしまうように思います。
時間がない、疲れている、やる気が起こらない・・・分かります。
でもキレイでいるためにはやはり努力が必要なんです。
努力することで綺麗な自分に出会える、綺麗な自分に出会うと前向きになれる・・・
その努力の第1歩は自分に構うことです。

いつも綺麗で明るい笑顔の女性は周りも明るく笑顔にします。
旦那さんやお子さんも素敵なママを見て嬉しいと思うはず。
綺麗になることはそんな魔法を兼ね備えているのです。

 

自分でいられる時間のもたらす効果

自分の時間が欲しい、よく聞かれる言葉です。
確かに子どもが小さいうちは自分の時間はなかなか作れません。
3歳頃まではなるべくそばにいてあげたいという人も多いとは思いますが、是非早めに働きに出ることをおすすめします。

小さなうちから外に預ける事をかわいそうと思うのは間違いです。
たくさんの人に触れ合ってたくさんの人から愛情を受けることは子育てにおいても必要ですし、感受性豊かな子に育って協調性も生まれます。
子どもと離れる時間は心配は付き物ですが、最大の息抜きになりますし、本来の自分でいられる時間が出来ます。

子育て以外のことを考える時間というのは、心に余裕をもたらしてくれるので気持ちの面で子育てにもゆとりが出来るのです。
今は出産や育児の過程で鬱になってしまう人も少なくありません。
少し勇気を出して仕事や習い事などで自分だけの世界を持つことが大切です。
そして“ママ”ではなく自分の名前で呼んでもらえることも、自分らしくいられる為には大切な要素です。

 

昔からの友人との交流を大切にする

学生の頃の自分を知っている友人とは長く付き合っていくべきです。
ママになってから出来る“ママ友”も情報交換や助け合って子育てしていくのに必要ですが、基本ママ友とは子供や家庭の話がメインになってきます。
名前も、○○ちゃんのママ。
ひどい場合本当の名前を知らなくても付き合っていけます。

ですが昔からの友人はいつまででもあなたの名前を呼んでくれます。
そしてあなたの大切な思い出や本来のあなたらしさを引き出してくれます。
それはあなたがあなたでいられる大切な時間です。
家事や育児に行き詰って相談を持ちかけても、あなたの性格や本来のあなたを踏まえた上での答えをくれることでしょう。

昔集まった場所や、昔よくした遊びをするのもいいと思います。
学生時代の友人というのは、変わっていく環境によってだんだん遠のいてしまいがちですが、いくつになっても、何年経っても友達という事実は変わらないものです。
しばらく交流がない人は思い切って自分から連絡を取ってみてください。
きっとまた新しい世界が広がるはずです。

 

おわりに

女性は特に、結婚出産という人生の大イベントを経て環境がガラリと変わります。
一昔前は女性は家庭に入って家事と育児に専念するのが当たり前だったかもしれませんが、現代はそれによるストレスや心の病気も問題視されつつあります。

冒頭でも言いましたが、子供はいつか手を離れます。
それまで必死で毎日を過ごすのか、楽しく余裕を持って過ごすのかでその後は大きく変わってきます。

そう簡単に行く訳ないと思う人もいるでしょう。
でもそれも全てあなた次第です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事











ページ上部へ戻る