できてしまったシミ・そばかすを消すには?おすすめ美白美溶液

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

最初に訪れる年齢肌サインでもあるシミとそばかす。
仕方ないことだとは分かっているけど、やっぱり気になる…!

そこで取り入れてほしいのが美白美容液です。
ただし、ただ使えば良いというわけではなく、ポイントがあります。

本日はシミ・そばかすについて正しく理解していただいた上で、おすすめの美白美容液を紹介したいと思います。

 

シミ・そばかすができる仕組み

シミ・そばかすは、紫外線を浴びたことで発生したメラニン色素が肌に残ったままになってしまったことが原因です。

そばかすの場合は遺伝性があり子どもの時にできる方も多いですが、大人になっても消えない場合や大人になってからできてしまった場合というのは、紫外線の影響がほとんどです。

メラニン色素は、紫外線から肌を守るために発生します。
発生したらすぐにシミ・そばかすになるのではなく、通常であればターンオーバーによって垢となって出ていきます。
子どもの時に日焼けをしてもシミにならなかったのは、ターンオーバーがしっかりされていたため、メラニン色素が肌に残ることがなかったためです。

それが、長年に渡り紫外線を浴びすぎたことや、老化でターンオーバーがうまく行われず、メラニン色素が肌に残ってしまったままになったことでシミ・そばかすとして現れます。

 

シミ・そばかすは美白化粧品での予防が大切!

350
シミやそばかすは、できないように予防することが何よりも大切です。
一度できてしまったものは、そう簡単に消すことができないからです。

そのため、紫外線を浴びた後に慌てて使うのではなく、浴びる前からケアをすることが大切です。
さらに紫外線は1年中降り注いでいるわけですから、1年を通してのケアが必要になります。

 

できてしまったシミやそばかすは消せないの?

350
では、できてしまった場合は、もう諦めるしかないのでしょうか?
実際、「完全に消す」ことは正直難しいです。
ですが、できたばかりのものや色が薄いものであれば、美白化粧品を使って「限りなく薄くする」ことは可能です。

美白化粧品は、本来はメラニン色素ができないようにすることが目的ですが、ターンオーバーを促す作用もあるので、結果としてシミ・そばかすの原因であるメラニン色素を排出することができるからです。

※イボになったものや、遠くからでもはっきり分かる濃さの場合は薄くすることもできませんので、どうしても消したい場合はレーザー治療などになりますので、皮膚科に相談してください。

 

使い続けることがポイント

今あなたの肌に現れたシミ・そばかすは、昨日浴びた紫外線だけで急にできたわけではなく、長年に渡って蓄積されたものが、限界を超えてしまい形となって現れたものです。
長年時間をかけてゆっくりとできたものであるため、短期間美白化粧品を使ったからといってすぐに消えるということは難しいです。

でも、諦めてはいけません。
使いながら、消えたかどうかでなく、薄くなっているかどうか、肌をじっくり観察していってください。
少しでも薄くなっていれば、効果が出ているということなので、諦めずに続けていれば、限りなく薄くなるはずです。

 

美白美容液から取り入れよう

350
美白化粧品といってもいろんな種類がありますよね。
もちろんラインで揃えることができれば1番良いですが、もし1つだけということでしたら、まずは美容液から取り入れるのがおすすめです。

美容液は他のアイテムよりも成分の濃度が濃いため、ピンポイントでシミ・そばかすに働きかけることができるからです。

 

メラニン色素を還元する「ビタミンC誘導体」に注目

一言で美白成分と言っても、それぞれ個性があり、得意な働きが異なります。
大きく分けると2種類で、シミ・そばかすを「予防」するためにメラニン色素の生成を抑制する働きをする成分と、できてしまったシミ・そばかすを「消す」ためにメラニン色素を還元する働きをする成分です。

消したい!という目的であれば、後者の「メラニン色素の生成を抑制する働きをする成分」がおすすめですが、その中でも特に効果的なのが「ビタミンC誘導体」と呼ばれる、ビタミンCを吸収しやすい形に変えた成分です。

メラニン色素を還元する成分

  • ビタミンC誘導体
  • エナジーシグナルAMP
  • リノール酸S

メラニン色素生成を抑制する成分

  • アルブチン
  • コウジ酸
  • マグノリグナン
  • ルシノール
  • カモミラET
  • エラグ酸
  • プラセンタエキス
  • 4MSK
  • m-トラネキサム酸

 

予防も解消もできるおすすめ美白美容液

どうせ使うのであれば、消すことも大事ですが予防もしてくれる商品を使いたいですよね。
そこでおすすめなのが、ポーラから発売されている「ホワイトショットCX」です。

ホワイトショット
ホワイトショットCX
レビューを見に行く

2つの有効成分配合

ホワイトショットCXには、有効成分の欄に4-n-ブチルレゾルシン、アスコルビン酸2-グルコシドという表記があります。

アスコルビン酸2-グルコシドというのが先ほどご紹介したビタミンC誘導体のことで、メラニン色素を還元することで排出を促し、シミ・そばかすの解消に働きかけます。

さらに、もう一つの4-n-ブチルレゾルシンというのが通称ルシノールで、メラニンを生成する酵素であるチロシナーゼの働きを抑えることで、シミ・そばかすを予防する働きをします。

セルフクリア機能

ホワイトショットCXは、セルフクリア機能と呼ばれる、できてしまったメラニンを細かく分解する力に着目した美容液です。
具体的には、びわの葉から抽出したポーラオリジナルの「SCリキッド」という成分が配合されています。

この成分は、自ら白く美しくなるために肌そのものが持っている力なのですが、年齢と共に低下していってしまいます。
そこで、セルフクリア機能をサポートすることで、自らの力でシミ・そばかすを薄くすることが可能になります。

一緒に使うと効果的「ホワイトショットSX」

ホワイトショット
ホワイトショットSX

もっと効率よく消したいという方は、ホワイトショットCXを顔全体に塗った後に、ホワイトショットSXを気になる部分にだけ重ね塗りすることをおすすめします。
こちらはクリームタイプの美容液のため、気になる部分にピンポイントで密着して効果を発揮させます。

 

美白美容液の使い方3つのポイント

350
ご紹介した商品に関わらず、美白美容液を使う上での大事なポイントをお伝えします。

1.必ずパッチテストをする

どの商品も、人によって合う合わないがあります。
中でも、美白成分は通常の成分よりも多少なりとも刺激があるため特に注意が必要です。

使用前に、必ずパッチテストをしましょう。
顔に塗る前に、二の腕につけて1日様子を見ます。
特別赤くなったり痒みがないようであれば、顔につけましょう。
ただし、顔の方が皮膚が弱いため、パッチテストで問題なくても顔につけると合わなかったということもありますのでご注意ください。

ご紹介したホワイトショットは刺激が少ないタイプにはなりますが、トラブルを防ぐためにもパッチテストすることをおすすめします。

2.適量を守る

たくさん塗ったからといって効果が高まることはありません。
逆に刺激を与えてしまうことにもなります。

また、量をケチって少量ずつ使うのは効果を半減させてしまいます。
パッケージに指定されている使用量を守りましょう。

3.保湿をしっかりする

スキンケアの1番の要は保湿です。
保湿ができていないといくら美容液を塗っても効果は出ません。

美容液を塗る前は化粧水でしっかり水分補給、美容液を塗った後は乳液(またはクリーム)で蓋をしてあげましょう。
朝も夜も必ずです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
大事なことをもう一度言いたいと思います。

  • まずは紫外線対策!
  • 美白ケアは根気よく続ける!
  • お肌の変化に気づいてあげること!

今あるあなたの肌は、生まれてから今日までの積み重ねの結果です。
今の行動が明日以降の自分を作っていることを頭に入れて、日々の行動を大事にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:もりぼん

著者の記事一覧

1986年生まれ。
広島で生まれ育ち、ミーハー心だけで大学から東京に進出。
現在は化粧品メーカーに勤務しています。

仕事やネイルスクール(ネイリスト技能検定2級保有)で培った美容知識を、ここでは売り手側の視点ではなく、本当に皆さまが役に立つことだけを伝えていきたいと思います。

毎日大好きなキャラクターグッズに囲まれて過ごしています(^ー^*)
コスメコンシェルジュ/日本化粧品検定1級保有。







関連記事











ページ上部へ戻る