アラサーの結婚!“妥協しちゃダメ”な理由5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
悩む女性

「私ってば、理想高すぎ?」「もうここらで手を打とうかな……」
日々、恋愛や婚活に勤しむアラサーの皆さんに、とても大切なことをお伝えします。
「いま、妥協しては絶対にダメ!」 彼氏がいないのは、仲間内でも私だけ。
友達はどんどん結婚していくし。
二人目が生まれた!なんて友達もチラホラ……。
こんな状況で、めちゃくちゃ焦る気持ちは分かります。
でもね、「アラサーだから妥協が必要」なんじゃなくて、「アラサーのいまだからこそ妥協しちゃダメ」なんです。
下記にあげる5つの理由を読めば、きっと納得してもらえるハズです。

 

1.男を選べる最後の年代

アラサーは男を選べる最後の年代です。
ハッキリ言って、恋愛市場における女性の存在は30代半ばから徐々に「売り手市場」から「買い手市場」に変化していくのが現実。
つまり、アラサーは女性として最後の「売り手市場」なのです。
ここで、自分を安売りしてどうするというのでしょうか。
「そんなに好きじゃないけど、この人でいっか」「アラサーの私にはこのレベルの男性がお似合いよね」。
そんなの、もっと後になったってできるから。
いまは男をあれこれ選べる最後の時。
選べる時に選んでおかないと、後悔しますよ!

 

2.実は若いアラサー

 アラサーになると、女子は突然焦りだします。
それは、「三十路はいいトシ」という昔からの年齢意識が刷り込まれているせいでしょう。
しかし、いまのご時世、30代ってまだまだ若い。
あなたが感じている「もうトシだわ」という恐怖にも似た焦り、実は単なる思い込みってこともあります。
「男は台所に立つべきでない」「女は子どもを産んでこそ一人前」…etc.
そんなレベルの“時代錯誤節“かも。
それに、いまは40代で初婚・出産する人だって増えてる時代です。
アラサーなんて、まだまだひよっこ。
それに、焦るままに掴んだ男は、高確率でスカ。危険ですよ。

 

3.いまがイチバン苦しい時期

 憂鬱な表情の女性

断言しましょう。
女性はアラサーあたりが精神的にイチバン苦しい時期です。
仕事も友人関係も恋愛も、自分をとりまく環境がめまぐるしいスピードで変化していく、まさに過渡期。
そんな時に、大事なことを投げやりに決めてはいけません。
いま、焦ってるでしょ?疲れてるでしょ?不安でしょ?大きな心のよりどころがほしいでしょ?
こういう時って、普段ならば絶対に選ばないような男でもよく見えてしまうもの。
苦しいときこそ、しっかりとブレない自分をもって。
でないと、人生はどんどん不幸な方向へ流されていってしまいますよ。

 

4.一時の感情が一生を決める

「注意一秒、ケガ一生」これは交通安全の標語ですが。
恋愛にも、これと似たようなことが当てはまるのではないのでしょうか。
一瞬の気のゆるみが、一生治らないケガを引き起こす。
つまり、「婚活もいいかげん疲れたな」「誰でもいいから付き合いたい。結婚したい」と妥協して、テキトーな男と一緒になってしまうと、あなたは一生不幸街道まっしぐらです。
分かりますよね。独身のうちは「結婚すること」がゴールだけれど、人生はその後も続いていくということぐらい。
一時の感情に負けないで。ここが踏ん張りどころ!
もう少しだけ、理想を追求することをやめないで。

 

5.「妥協」と感じる以上うまくいかない

 「私は妥協しているのだな」とうっすらとでも感じる相手は選ばないことです。
「顔がカッコいい人じゃなきゃ嫌だけど、30までには結婚したいし、子どももほしいから」とか「年収500万以下は嫌だけど、もう妥協するしかない」と感じるのなら、その相手は「絶対ナシ」です。
なぜなら、そのときは「しかたないよね」となんとか自分を納得させても、こういう「イヤイヤ婚」は後からジワジワ後悔がわいてくるものだからです。
夫の顔を見るたびに、「あーあ、なんでこんなのと結婚しちゃったんだろ」と気持ちがどんどん覚めていったり、高給取りと結婚して贅沢な暮らしをしている友達がうらやましくてたまらなくなったり。
これでは、焦って結婚した意味がありませんよね。
そうではなくて、「この人でいっか……」という相手ではなく、「この人もいいじゃない」とこれまでの考え方を覆してくれるような相手であるべきなのです。
たとえば、「彼ってハンサムではないけれど、優しくて尊敬できる人なのよね」
「お給料は安いけれど、私が頑張って二人分の生活費を稼げばいいわ」と思えるような。
そうでなければ、それは悲惨な結果を招いてしまう「妥協婚」でしか所詮ないのです。

 

おわりに

 アラサーは悩み多き年頃です。
社会人になって何年か経ち、周りも結婚する人が増えてくるので、焦る気持ちがでてくるのは当然です。
でもね、頭の中に「妥協」という言葉が浮かんでいるうちは、おそらくその結婚、うまくいかない恐れアリ。
「もう、この人でいっか」なんて、自分自身をごまかさないで。
「理想高いのね」と言う周囲の言葉も、無視、ムシ!
だって、結婚するのはその人ではないのだから。
ホントの幸せを追求する権利が、あなたにはあるのだから。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:佐保(サホ)

著者の記事一覧

1985年神奈川県生まれ。
大学を卒業後、英語圏・ドイツ語圏に在住した経験を持つ。
帰国後は出版社で編集者、大手ECサイトでファッションライターとして勤務。
女性のための書籍やWEBコンテンツ制作に広く携わる。
その後、妊娠を機にフリーライターに転身。恋に悩む女子のための恋愛コラムを数多く手掛ける。







関連記事

ページ上部へ戻る