本当に友達?あなたの周りのフレネミー診断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性グループ 女友達

2015年の流行語にもなったフレネミー。
友達のようで実は友達じゃない、むしろ敵?というフレンド+エネミー(敵)を合わせた造語。
うまいこと考えるなぁと思って笑っているそこのあなた!
実はあなたが友達と思っている人が本当はフレネミーかもしれません。
今回はこんな人がフレネミー!といった人達をご紹介したいと思います。

 

フレネミー度1
あなたに何かと頼ってくる

お願いをする女性

学校や仕事、ママ友などでやたらとあなたを頼ってくる人は要注意。
頼っているように見せかけて、実は良いように使われている可能性があります。

「今日彼氏とデートだからこの授業で代返してくれない?」
「今日はどうしても早く帰らないといけないので残りの仕事やっておいてくれませんか・・・?」
「子供の習い事の関係で時間がないから代わりに学校の会議に出てほしいの。」

・・・そんなお願いを何度もしてくる人はフレネミーの可能性があります。
あなたが困っている時も助けてくれるような関係であれば問題はありませんが、いつもあなたばかりが頼まれている状況ならそれは友達とは言えません。
あなたの優しさに漬け込んでくるただのフレネミーなので、頼まれたらきっぱりお断りをする癖をつけるようにしましょう。

 

フレネミー度2
あなたの言うことに全て同意する

女友達

いつもあなたの意見に同意してくれる友達が必ずしも良い友達とは限りません。
あなたの言うことにいちいち、「わかるー!」、「そうゆうことあるよねー!」といったように同調しかしないのは意外とフレネミーである可能性が高いといえます。
全て肯定しているということは、ただ単に価値観が合う場合もありますが、「あなたの前では味方のふりをして、他の場所では違うことを言っている」場合があります。

どこか掴みどころがない、妙にテンションが高い、異様にスキンシップをとってくるなど、どこか引っかかる点がある場合、本当の友達とは呼べないかもしれません。
そういった人は、他のグループでも同じような態度をとっている可能性が大!
みんなに嫌われたくない、グループの人気者に話を合わせておけば自分も仲良くしてもらえるはず!と思って行動している場合が大きいので、何でも賛同してくれるフレネミーを信じてしまうと思わぬ落とし穴にはまってしまうので要注意。

 

フレネミー度3
あなたを褒めているようで実はけなしてくる

女友達 スマホ

ヘアスタイル変えた?似合ってるね!その洋服可愛いね!といったように女同士で褒めあう会話というのは色んなガールズトークの中で聞いたことがあるはず。
そんな一見和やかな褒めあいタイムにもフレネミーはちょっと違った行動をしてきます。
フレネミーの場合、褒めるけれど下げる、もしくは褒めるけれど最終的に自慢になるといったことが多いんです。

例えば、「その服似合ってるね!最近流行ってるもんねー。みんな同じような恰好してるよね。」
こういった褒め方をしてくる場合、フレネミーの可能性が高いです。
最初に似合っていると言いながら、最後には流行りの服でみんな同じように見えると言っています。
つまり、実際には褒めていません。

「その服似合ってるね!最近流行ってるもんねー。みんな同じような恰好してるよね。」

「あなたってトレンドに流されるタイプの人なんだね。量産型って感じだね。」
と実は言っているんですね。

また、「そのピアス自分で作ったの?カワイイ~私も欲しい!私不器用だから羨ましいよ~私のアクセサリーなんて1万もするんだよ?やっぱ買うと高いよね~。」
こんな感じに褒めてきたとします。
最初にアクセサリーが作れるって器用だね!と褒めつつ、最終的に1万円のアクセサリーを買ったことを自慢しています。
フレネミーは基本的にあなたのことを褒めようといった気は更々ありません。
なので、あなたのことを褒めている、認めているように見せかけて実は見下しているような発言や行動をすることが多いといえます。

もし「これって褒められてるんじゃなくてけなされてる?」と思うような発言が多い人がいるのであれば、その人はフレネミーです。
あなたに敵対意識を持っているので、下手に対抗せずに距離を置くことをおすすめします。

 

フレネミー度4
あなたのマイナスポイントをさぐってくる

女性 メガネ オフィス OL

とにかくあなたのプライベート、しかも不幸な話を聞き出そうとしてくる人には注意しましょう。
そういった人は、一見、「この人は辛いことを親身に聞いてくれて優しいな・・・」と感じさせるかもしれません。
ですが、それは全く優しい人ではないので間違えないようにしましょう。

優しい人、信頼できる人というのは、あなたが自分から打ち明けない限り悲しいこと、触れてほしくないだろうと思うことを無理やり聞き出そうとはしません。
それは自分がされたら嫌だということを知っているから。
こんなに悩んでるのに何でそのことに触れてくれないんだろう・・・と思う人がいるのであれば、それは本当にあなたを想ってくれている友達です。

一方、いろいろ聞き出して同情したり何かとベタベタしてくる人はフレネミーといえます。
その人は友達ではなくフレネミー、もしくは野次馬です。
あなたの不幸を聞き出して、他の人に面白おかしく話している可能性はかなり高いでしょう。
「絶対言わないから。秘密にするから。」そんなフレーズが出てきたら、はい!フレネミー確定!

人の不幸は蜜の味。
あなたの不幸はフレネミーにとって、他の人に話せるいいネタ程度にしか思っていませんので要注意。

 

フレネミー度5
あなたのやることに常に否定的

喫茶店に居る女性

とにかくあなたのやることなすことに否定的!
そんな友達は完全にフレネミーといえます。
あからさまに難癖をつけてくるのであれば、フレネミーと特定することも容易です。
ですが、そこはフレネミー。
一筋縄ではいきません。
フレネミーの場合、否定の仕方にちょっとした工夫があるんです。

例えばあなたが今年から挑戦してみたい習い事があったとします。
それを友達に話した場合、通常であれば良いね!私もやってみたい!新しいことにチャレンジするのって楽しいよね!といった肯定的な意見が返ってくると思います。
ですがフレネミーの場合は違います。
まずは肯定するような意見を言った後に、必ず「第三者が否定的な意見を言っていた」というような言葉を投げかけてくるのです。

以下、フレネミーとの会話です。

あなた:「私、今年から英会話教室に通おうと思ってるの。」

フレネミー(以下フレ):「すごーい!英語話せるようになるね!」

あなた:「まだ始めてないからわかんないけど、話せるようになったら良いなって思うよ。」

フレ:「そうなんだー!頑張ってね!あ、でも英会話って大人から習うと大変らしいよ。」

あなた:「何が大変なの?」

フレ:「友達が高校生から英会話教室に通って今はペラペラなんだけど、小学生とかも教室にいるらしくて、もっと小さい時から習っておけば良かったーって言ってたよ。」

あなた:「そうなんだ。確かに子供の方が覚えるの早そうだよね。」

フレ:「そうなんだってー。大人から始めた人って結局全然上達しなくてやめちゃう人も多いらしいよ。お金の無駄っていうか。」

あなた:「そうなんだ・・・。でも前から挑戦したかったことだし頑張ってみるよ。」

フレ:「うん、無理しないで頑張ってね。」

この会話のフレネミーポイントは、赤い文字のところです。
フレネミーは自分の意見で否定的なことは一切言っていません。
むしろ、すごい!頑張ってね!など肯定的な意見ばかり。
ですが、フレネミーの友達は「大人からやっても意味ない」、「お金の無駄」と言っているとかなり辛辣な否定的意見を言っています。
実はここが重要!!!
自分は言っていないけれど、友達が良くないと言っている、つまり第三者を置くことで自分はあなたを否定していないといった状態を作り上げるのです。

私はあなたの味方だけれど、友達が否定的な意見を言っていたという他に敵を作り出すことであなたからうまい具合に嫌われることを阻止しているんですね。

また、友達は英会話に行くのが遅かった=あなたと似た境遇
だ、け、ど、
あなたよりも若い時からやってるから今はペラペラなんだけどね=あなたとは似てるけどやっぱり全然違ったね~ごめんね!

といった絶妙に傷つけるポイントを押さえて攻撃してくるんですね。
せっかく頑張ろうと思っていたのに、友達はあなたに比べてレベルが高い、お金の無駄、頑張るだけ無駄、とやる前から全否定されているんです。

自分は言ってないけれど、第三者が良くないと言っている・・・。
そんな言い回しであなたを否定してくるフレネミーには要注意!
こんな人いない?
いるんです。
内容は違いますが、この会話は実際に私がフレネミーから言われた言葉ですから!!!涙

 

フレネミーにもいろいろなパターンがある

言い合いをする女性

ここまで「こんな人がフレネミー!」といった例を挙げてきましたが、実はフレネミーと言ってもいろいろあるんです。

①元々価値観が合わない

あなたにとってフレネミーでも、他の人からすると「良い人」と認識されている場合があります。
そういった場合はあなたとは価値観が合わないと思った方が良いでしょう。
お互い価値観が合わないのに無理に合わせようとするため、イライラしたり悲しい気持ちになるといったことが考えられます。
気が付ければ距離を置くといった処置ができますが、気が付かずに一生懸命空回りをしてしまうとこのパターンが一番辛いかもしれません。
「悪い人じゃないんだけど・・・」と思いながらあなたが嫌な思いをすることが多々ある場合は、価値観が合わないんだと割り切る必要があります。

②一時的に余裕がなくなっている

「以前は優しかったのに、最近キツイな・・・」というパターンは相手が「一時的にフレネミー化」していると考えましょう。
知人の話ですが、結婚が決まったことを報告すると友達が急に冷たい態度をとってくるようになったそうです。
なのでしばらく距離をとっていたのですが、最近その友達が結婚することになり報告が来たそうです。
その時はテンション上がりっぱなしで幸せオーラ全開!
以前の刺々しさはどこへやら・・・。
話を聞いてみると、結婚ラッシュの中で自分だけ独身彼氏なし、おまけに仕事もうまくいかなくて焦っていたと打ち明けてくれたそう。
今は良好な関係を保っているそうですが、精神的に余裕がなくて攻撃的になってしまう人もいるので相手の状態を把握することも大切かもしれません。

③誰がみても性格が悪い

誰がみても性格が悪い、きついといった場合・・・それはフレネミー認定なので、残念ながらどうしようもありません。
とにかくワガママで自分が中心ではないと気が済まないといったタイプが多いので、女王様・お姫様キャラの人物には近付かないことがおすすめです。
ただこの場合はあなた以外にも被害者が必ずいるので、その被害者達と親睦を深められるというメリットがあります。
同士がいれば、フレネミーを回避する方法も生まれてくるでしょう。

 

フレネミーとの接し方

考える女性

そこまで害のないフレネミーであれば、接し方を変える必要はありません。
ですが、会うとずんと疲れる、イライラしたり悲しい気持ちになるといった状態であれは接し方を変えてみるのがおすすめです。

①しばらく距離を置く

学校や仕事、子供関係の友人でない場合は、しばらく距離を置いてみるのが一番の解決策です。
プライベートでしか会わない友達の場合は適当に理由をつけて距離を置いてみましょう。
相手も「一時的にフレネミーになっている」場合があるので、少し距離を置くことで時間が経つと以前のような友好関係を築くことが可能になる場合もあります。
会わない時間を作ることで、「もしかしたら相手だけじゃなく、自分も悪いところがあったのかも・・・」と省みることもできるので、自分を成長させるといった点でも距離を置く、時間をかけるといったことはメリットが大きいといえます。

②自分から話題を提供しない

だいたいのフレネミーはあなたの揚げ足を取ろうとしています。
そして、ネタになりそうだと思ったら根掘り葉掘り聞いてそこからあなたを傷つけるような行為をしてくるはずです。
そういったことをさせないために、できるだけ聞き役にまわることがおすすめです。
相手から話題を振られても、「私は最近特にないかな。あなたは?」といった感じで受け流しましょう。
どんな些細なことでもあなたから話してしまうと、その話を2倍3倍に盛って吹聴される可能性があります。
このぐらい話しても良いかな?といった気持ちを封印して、とにかく聞き役!聞かれたら答えず聞き返すを徹底しましょう。

③相手は宇宙人だと考える

距離 を置いても聞き役に徹してもあまり効果がない場合・・・。
そういった場合は悲しいことに現実逃避しかありません。涙
なので、頑張って妄想力を発揮しましょう。

とにかく話が通じない、価値観が合わなすぎるけれど一緒にいなければならない場合、相手は地球生まれではないと思い込みましょう。
同じ人間だと思うから悩んでしまうのです。
宇宙人だったら、「価値観が違くて当たり前だよね。育ってきた環境も何もかも、だって生まれた星が違うんだから・・・」と思えます。
この人は地球に来て間もない宇宙人なんだ、慣れないことばかりで可哀そうだな・・・と妄想してみましょう。
いろいろ妄想していると、そっちの方が楽しくなって案外フレネミーに会うことが苦痛じゃなくなるかもしれません。

 

おわりに

もし、「あ、こんな友達いるかも・・・」と思ったのであればそれはフレネミーの可能性が大!!
友達のふりをして、実はあなたのことを敵視しているのかもしれません。
女同士の付き合いというものは、本音と建て前が見え隠れして中々一筋縄ではいかないもの。
一緒にいて疲れるな・・・と思うような友達がいるのであれば、一度距離感を考えてみるのがおすすめです。
一度きりの人生、心から信頼できる友達と過ごせるようにフレネミーとの付き合い方を見直してみてください。

嫉妬と妬みの嵐!女の職場でうまくやっていくための上手な付き合い方嫉妬と陰口の嵐!女の職場で面倒な人と上手く付き合う方法

ママ友悩んでいませんか?避けられないママ友との上手な付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。







関連記事

ページ上部へ戻る