SNSで嫌われ女子になってない?注意すべきSNSでの投稿とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSの嫌われ女子。
Twitterやインスタグラムなどに多く、さらに無自覚であることも少なくないのが特徴です。
そのため、「自分がSNSで嫌われている」なんて夢にも思わない女性が非常に多いと言われています。
この記事を読んでいるアナタは大丈夫でしょうか?

今回はSNSで嫌われる「注意すべきSNSの投稿」について紹介していきます。

こんな投稿は嫌われる!「ウザイ」「イラっとする」投稿内容


今や生活には欠かせないものといっても過言ではないSNS。
ほぼ毎日のように投稿している女性も多いのではないでしょうか?
しかし、投稿にあたって注意ポイントを把握しておかないと、SNS上での「嫌われ女子」になってしまう可能性も…。

嫌われる投稿はどんな内容なのか?
さっそくチェックしていきましょう。

友達の多さアピール


「今日は友達の〇〇と一緒にランチ!明日は同級生とカフェにいく~!」
「これから友達とCaféで語り合います!友達と同じ時間を過ごせるのってホント幸せ~」

など、友達の多さをアピールした投稿したことはありませんか?

実はこれ、意外にも嫌われてしまう内容の一つです。
友達の少ない人からしたら自慢以外の何物でもありませんし、特に友達が少なくない人から見ても

「それをアピールして何なの?」
「友立ちをアピールしている時点で本当の友達ではない」

なんて思われてしまいます。

確かに、友人の多さは自分のステータスとして感じる人は多いもの。
しかし、友達は自分の自慢のための存在ではない、ということを頭に入れておいた方が良いかもしれませんね。

体調の悪さをアピール

350
「朝から頭が痛い~」
「熱が38度を超えました…。辛いけどお仕事頑張る!」

など、体調の悪さをSNSでアピールしている人はいませんか?

体調の悪さをSNSで発信する人が少なくありませんが、正直読んでいる側からしたら「SNSなんかやっていないで寝ていたら?」と感じることがほとんど。
むしろ、SNSを開けている時点で元気なのでは?なんて思われてしまうかもしれません。

体調の悪さアピールは、社会人に多い「昨日寝てない」のアピールと同様のウザさがあるようなので注意しましょう。

恋愛コラムの引用、シェア


女性の中には「自分を知ってほしい」という意思が強い人がいます。
中でもやっかいなのが「私の恋愛観を知ってほしい」という女性。
頻繁に恋愛コラムをシェアしては、独自のコメントを投稿してみたり、意味深なことを書き込んでみたり…。

恋愛に生きる女性にとっては重要な事なのかもしれませんが、他人にとっては実にどうでもいい情報ですし「恋愛のことしか頭にないのかな?」なんて、軽い存在に見られてしまう可能性もあります。

特に「恋愛」というデリケートな分野は、他人には不愉快に感じることもあるので、恋愛ネタを投稿する際には気を付けた方が良いかもしれませんね。

さりげない恋人アピール

傘 男女 スマホ 駅
決して恋人をメインにした投稿ではないものの、文章から「恋人へのメッセージ」であることが分かるような投稿や、二人分のカップや食事風景を映した写真、異性の後ろ姿を撮影した写真など「さりげない恋人アピール」は反感を買いやすい投稿内容です。

大々的にアピールしていないことが特に「ウザイ」と思われるようで、どうせ投稿するなら直球的にアピールすればいいのに、と感じる人が多いようです。

「恋人の存在を自慢したいのがバレバレ」
「アピールしているわけではありませんよー感がウザイ」

など、特に女性からの反感を買いやすいようなので、さりげない恋人アピールはやめた方が良いかもしれません。
むしろ、ストレートに「今日はデート!」と投稿したほうが良いかもしれませんね。

自撮り投稿が多い


自分の顔に自信がある、といった投稿者の心理状況が伺えてしまうのが「自撮り写真の投稿」ですよね。
外見に自信がない人からすれば嫉妬の嵐なのではないでしょうか。

また、「可愛くないけどアップする」「可愛くなりたいな~」なんていう、読む側によっては皮肉にも取れるようなコメントともに投稿している女性も少なくありません。

「そんなことないよ、可愛いよ、って言ってほしいんでしょ」と、投稿者の意図がバレバレなケースがほとんどです。

そもそも自撮り自体が受け入れてもらえないのに、余計な一言とともに投稿するなんて反感を買うための投稿に見えてしまいます。
自撮りを投稿したいなら、余計なコメントを付け加えるのはやめた方が良いかもしれませんね。

まとめ


SNSの普及と同時に増えてきた「SNSの嫌われ女子」。
自分には関係ない、と思っていたものの、実際は多くのユーザーに嫌われていた!なんてことも決して珍しくありません。

SNSで嫌われる人の多くは、無自覚であることが多く、自分の投稿がウザイ投稿になっていることに気づいていないことがほとんど。
気づかないままフォロワー数が減ったり、リアルの友達が減ったりしてしまうのは悲しいですよね。

深刻な状況に陥る前に、自分の投稿内容について今一度見直してみた方が良いかもしれません。

疲れる…でも群れたい…Facebookうつ・SNS疲れのあなたへ疲れる…でも群れたい…Facebookうつ・SNS疲れのあなたへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:粕谷麻衣

著者の記事一覧

過去の取材経験をもとに、Lierでは正しい美容法や健康などについて紹介しています。
いつまでも若々しくいたい女性のための「本当のアンチエイジング」や、流行に惑わされない「美容の真実」について発信していきたいと思っています。
また、夜の世界の取材経験から得た「人間関係」「恋愛」の悩みについても明かしていきます!







関連記事

ページ上部へ戻る