お酒好きなら知っておきたい!太りにくいお酒、太りやすいお酒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットをしているけど、お酒が好きで飲んでいる方やそんなに好きではないけれどお付き合いで飲まないといけない状況にある方…

『お酒ってカロリーが高いし絶対明日体重増えているだろうな』
と思いながら飲んでいる方は少なくないと思います。

そんな時にお酒の種類や量は考えて飲んでいますか??

お酒が好きな方はそんなことは考えずにお酒は飲みたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、せっかくならカロリーが低くて脂肪になりにくいお酒を飲みたいと思いませんか??
そして、脂肪になりにくい飲み方を知っておいた方が良いですよね。

そんな方法を今回はご紹介していきたいと思います。

エンプティカロリーって?


お酒を毎日飲んでいる人にお酒は飲んでもそんなに太らないから大丈夫と言われたことはありませんか?

実際にその人を見ると別に太っているわけではない…
ということもありますよね。

でもこれは本当に事実なのでしょうか??
お酒のカロリーは『エンプティーカロリー』と呼ばれています。

エンプティーカロリーと聞くとカロリーがないんだ!と思うかもしれません。
しかし、エンプティーカロリーの意味はカロリーがないということではないのです。

カロリーは実際にあるけれど、そのカロリーに栄養はないということを指すのです。
そうなるとケーキやお菓子もエンプティーと呼べるでしょう。

あれだけ高カロリーにも関わらず栄養素はほとんどないと言えますね。

お酒を飲めばもちろん体重も増えるし飲みすぎると脂肪がつく原因になってしまうということを忘れずにお酒を飲むようにしましょう。

脂肪の分解が後回しになる?!

アルコールは身体にとって有害なものになりますので、体内に入ってくると肝臓で分解されます。
ここまではほとんどの方が知っていることだと思います。

しかし、アルコールが分解されている間は肝臓での脂肪分の分解が後回しになってしまうのです。

もし、居酒屋でアルコールと揚げ物を一緒に食べていたとしたらアルコールばかり優先して分解されて脂肪分は後回しになってしまうのです。

こうなると後回しになっている脂肪分はどんどん血流の中に流れ込んでしまって血液中の中性脂肪が高くなり脂肪細胞に溜め込まれていく原因となります。

ですので、アルコールと揚げ物の組み合わせは最も避けたい組み合わせと言っていいでしょう。

お酒で太るのではなくおつまみで太る

実際にお酒を飲む時には何かおつまみがあったり、ご飯を食べながら飲むことがほとんどだと思います。

居酒屋などで飲みながらご飯を食べたことがある方は体験したことがあるかもしれませんが、ずっと座っていて飲み食いしてふとトイレに行こうと立ち上がった時にお腹がとても膨れてズボンがきつくなっていたという経験はないでしょうか??

お酒を飲んだことのある方はほとんどの方が経験済みかと思います。
喋りながら飲み食いしていて少し酔っていたりして、自分がどれだけ食べたかわからない状態になっているのです。

普段お家で食べる時にはこんなことにはならないと思います。
お酒で太るという方の大半はこれが原因だと私は考えます。

下記で食べ過ぎを防ぐ方法をご紹介していきますのでごらんください。

太りやすいお酒

ビール


ビールはなんとなくイメージつきやすいかもしれませんが、『ビール腹』と言われるように太りやすいお酒の一つです。

糖質やたんぱく質もとても多く脂肪になりやすいものです。
揚げ物をつまみながらビール…

ビールが好きな方はこの組み合わせが大好物という方も多いかもしれませんが、できるだけ避けた方がいいでしょう。

もしそれでも揚げ物を食べたいのであれば、レモンをしっかりふりかけて油分の分解を助けてもらうようにしましょう。

カクテル

お酒を飲み始めるときはカクテルから入る人も多いですね。
甘くジュース感覚で飲めるのもいいと思います。

しかしジュース感覚で飲めるということはカクテルは糖質がとても高いものになります。

甘いシロップが入っているものもありますし、果実酒とかになると果糖がたくさん含まれているのでもちろん太ってしまいます。

できるだけ甘さが低いものを選ぶようにしましょう。

ワイン


ワインは太りやすいイメージがわきにくいかもしれませんが醸造酒なので飲みすぎるともちろん太りやすくなってしまいます。

辛口と甘口がありますが、もちろん太りにくいというところでいうと辛口の方が太りにくいと言えます。
甘口になるともちろん糖質が多い状態になりますので、気をつけるようにしましょう。

日本酒

日本酒はお米から出来ているのでもちろん醸造酒の中でも断トツで糖質が多いお酒となります。
一番避けておきたいお酒かもしれませんね。

ウィスキー・ブランデー

昔は、なんとなくおじさんが飲むもの…
というイメージがあったかもしれませんが最近ではハイボールなどのように炭酸やジンジャエールで割って飲む方も増えたようですね。

できたらウィスキーブランデーを飲むようにすると太りにくいです。
蒸留酒になるとビールなどのように糖質・タンパク質が含まれていません。

ですので、醸造酒よりも蒸留酒を選ぶようにすると良いでしょう。

焼酎

焼酎も蒸留酒です。

でもちょっと焼酎ってお酒が強い人でないと飲みにくい気もしますね。

そんな方は上記のウィスキーにジンジャエールなどを混ぜて飲むと飲みやすいでしょう。
焼酎でも熱燗で飲むようにするとより太りにくい飲み方になります。

太りにくいお酒の飲み方

先に野菜ジュースなどを飲む


ダイエットの基本でサラダから先に食べるということは一般的によく言われていることですね。
でも、居酒屋などに入って先にサラダをお腹に入れるのはなかなか難しいかもしれません。

友達同士で行ってるならできるかもしれませんが、会社のお付き合いなどでいくとそうもいきませんね。

だったらお店に入る前にコンビニなどで先に100%の野菜ジュースを飲むようにした方がいいです。

お水と一緒に飲む・次の日お水をたくさん飲む

お酒を飲んだ次の日にむくんだ記憶はありませんか??

お酒をたくさん摂取することにより脱水症状を引き起こす可能性があります。
脱水症状は身体に水分が足りない状態のことを指しますが、この状態になると美容にももちろん影響して来ます。

美容方法としても水分を1日に1,5リットルは飲んだ方がいいとされているように老廃物を体外へ出していくには純粋なお水をしっかり飲む必要があります。

ですので、お酒を飲みすぎて水分が足りなくなることにより身体に老廃物が残りやすくなってしまいますのでむくみの原因となるのです。

お酒を飲んでいるときは同時に同じ量の水を飲むようにし次の日もしっかり水分を飲むようにしましょう。

むくみを防止できるだけではなく、水分をしっかり摂ることにより二日酔いを防いでいくこともできますので、お酒を飲む時の水分は忘れないようにしましょう。

上記に書いたように野菜ジュースを先に飲む時にお水も飲んでいると水分補給と同時に少しお腹を膨らませて行けるので食べ過ぎ防止にも役立ちますね。

揚げ物と一緒に飲まない


上記でもご紹介しましたように揚げ物と一緒にアルコールを摂取することによりアルコール分解が優先されてしまって脂肪分が体内に残り血中の中性脂肪が上がり脂肪細胞に溜め込まれることになってしまいます。

そうなると想像できるのは、体のラインが崩れ体重が増加してしまうということです。

ですので、お酒を飲む時のお供はできる限り油物を避けるようにしましょう。

お酒のお供にオススメの食べ物

刺身、キムチ、冷奴、豆腐、おでん、ナッツ、チーズなど…

できるだけ糖質や脂質は避けるおつまみを選択するようにしましょう。

食べるものは目の前に揃えてから

お酒を飲みながらご飯を食べると知らず知らずのうちにたくさんの量を食べている可能性が大いにあります。

はじめは食べるつもりじゃなかったのに少しお酒が入って楽しくなってくると知らない間に食べているのです。
そうなったら自分の食べるものは目の前に置いておくのが一番簡単に食べ過ぎを防いでいく方法ではないでしょうか??

でも、人と行けばなかなかそれも難しくなるかもしれません。

そうなったら自分の小皿に一旦乗せて食べるというのを何杯までというふうに決めてみてはいかがでしょうか。

そしたらまだ食べすぎるということは避けれると思います。

でも、外食してまでそんなことしたくないという方は<お酒を飲むと食べすぎてしまう>ということを頭の隅にちゃんと置いといて食事をすると良いでしょう。

少し意識するだけでも食べる量は変わってきます。

次の日で調節する

食べすぎてしまったのであれば必ず次の日で調節するようにしましょう。
食べすぎてしまった次の日に体重計に乗ってもあまり体重が増えていなかった!

だから大丈夫!と思われることもあるかもしれませんが、それはアルコールの脱水症状で体の水分が出て行っているだけの場合もあります。

そうなると日にちをかけて少しずつ元に戻っていくのは想像できますね。

元に戻るだけならいいですが、食べすぎてしまっているのでもちろん増えて当然です。

ですので、もし次の日に体重が減っていても余裕だと思わずにこのことを頭の中に置いて少し控えるようにした方がいいです。

終わりに


お酒をたくさん飲む方、お付き合いで飲まないといけない方…
参考になりましたでしょうか??

お酒を飲んでいる時間はとても楽しいと思います。
でもせっかく楽しい時間だったのに次の日に後悔するのも嫌ですよね。

食べること飲むことは決して悪いことではありません。

しかし、その場で楽しいと思うのはせめて20代前半までにしておくようにしましょう。
20代前半はまだアルコールを飲みすぎても身体がすぐに修復して元に戻りやすいかもしれません。

だからといってその時に身体に傷つけた傷は後からしっぺ返しがくることを忘れないでおいてください。
お酒に遊ばれない程度に飲むようにして自分で心身をコントロールしていくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事

ページ上部へ戻る