冬は肩こりがひどくなる季節!その原因と解消法をご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になると風邪をひいたり、やる気が沸かなかったりと、体調面でも精神面でも変化が起きやすくなります。

そんな冬を迎えると肩こりがひどくなった!という方が増えるのをご存知ですか?
そして、その冬に起きる肩こりを放置しておくと、頭痛やめまいなどに悪化してしまうことがあるのです。

今回は、その冬になると悪化する肩こりの原因、解消法をご紹介していきます。

 

冬の肩こりは血行不良が原因


冬に起きる肩こりの主な原因は、血行不良です。

気温が下がり寒くなると、血管が縮み、筋肉が緊張してしまいます。
そうすると、首から肩にかけての血行が悪くなり、コリや張りの症状が出てしまうのです。

そのため、いつもは肩がこらないという人も、冬になると肩がこりやすくなってしまいます。
とくに冬は他の季節に比べて血管が縮みやすいので、すぐに体の血行が悪くなって肩以外にもさまざまな体の部分で不調が起きやすいと言われています。

原因は他にも…

・運動不足
・長時間おなじ体勢を続けている
・ストレス
・姿勢が悪い
・肩や背中に負担がかかる作業や動きをしている

また、冬はセーターの上からコートを着たり、シャツの上にカーディガンを羽織ったり、重ね着することが多くなります。
そうすると、肩に洋服の重みがかかってしまって、肩こりの原因になるのです。

 

冬の肩こりを解消する方法

服装で首や肩を温める


首元の開いた洋服をよく着る方は、意識して首元や肩を温める服装を心がけましょう。
マフラーをはじめ、ストールやネックウォーマー、タートルネックの洋服を着るなどして寒さから首と肩を守ってあげてください。
首や肩以外にも、下着やインナーを保温効果のあるものにすると、体全体が冷えずに温かさを保つことができます。

冬になるとコートを着る機会が増えますが、実はコートの重みで肩こりを悪化させていたということもあります。
なので、コートの代わりにダウン素材や、フリースなどで肩周りを束縛しないものを着ると良いですよ♪

また、デスクワークや座ることが多い方は、肩にストールをかけておいても良いですね。
座りっぱなしであまり動かないと肩こりがひどくなるので、血行を促進させるためにも首と肩を温めてあげましょう。

肩や首を温める

寒さでこってしまった肩には、首や肩を温めてあげることで血行が促進され、緊張した筋肉をほぐすことができますよ。
首元用のカイロを5分間ほど当てて温めると、肩や首のこりを解消することができます。


あずきのチカラ 首肩用

あずきの天然蒸気の温熱で、芯までじんわりと温めていきます。
電子レンジで加熱するだけですぐに使えて、繰り返し使えるので経済的ですよ♪

お風呂で体を温める

寒い冬は、体の芯から温まるお風呂で肩こりを解消しましょう。

肩こり解消におすすめの入浴法
・入浴剤(炭酸ガス・温浴効果のあるもの)を入れる
・39~42℃くらいのお風呂に約20分、肩までゆっくり浸かる
・ぬるくなったら追い炊きをして温度を保つ
・肩が冷えないように肩にタオルを羽織る

寒い季節になると熱いお湯に浸かりたいところですが、42℃以上のお湯に浸かると交感神経が優位になってしまい、血管が縮んで肩こりをより悪化させてしまうので注意しましょう。
お湯の温度が42℃以下でも、入浴剤などをうまく活用すると、しっかりとポカポカ温まることができますよ。

ストレッチをする

冬になると寒さから身を守ろうとしてギュっと体に力を入れたり、ポケットに手を入れたりして、気付くと猫背になっていた…なんていうことがあると思います。
姿勢が悪くなると肩こりを悪化させるだけではなく、血管や内臓を圧迫してしまい、体の不調を招いてしまうことも。
また、パソコンを長時間扱うデスクワークや、スマホの画面をよく見るという方は、おなじ姿勢になってしまっていることが多いので、こまめにストレッチや体を動かすようにしましょう。

オフィスでできる簡単なストレッチ

【姿勢を正すストレッチ】
1.座ったまま腕を真上に上げる。
2.息を吸いながらできるだけお腹を薄くして3秒キープ。
3.そのまま息を吐きながらゆっくり下ろす。

 

【肩こりに効くストレッチ】
1.座ったまま両腕を下に向けて背中側に伸ばし、手のひらを親指の方向から外側に返す。
2.そのまま息を細く長く15~20秒吐く。

体を温める食べ物を食べる

洋服など外側から温める以外にも、食事で内側から体を温めていきましょう。
冬になるとお鍋やスープを飲む機会も増えると思います。
そんな毎日の食事で体を温めてくれる食材をプラスして、内側からじんわりと冷えない体をつくってみましょう!

体を温めてくれる食材

・ショウガ
・根菜類
・ナッツ類
・ネギ

秋から冬にかけて旬を迎える根菜類は、体の中でエネルギーとなって体を温めてくれます。
逆に夏が旬のトマト、きゅうり、レタスなどは体を冷やすと言われています。

根菜類は主にごぼう、にんじん、里芋、大根、サツマイモなどです。
どうして根菜類が体を温めてくれるのかというと、それは水分が少なく、ビタミンCや鉄などのミネラルを豊富に含んでいるから。
根菜類は固いものが多いので、スープや煮込み料理などの温かい料理にして食べると良いでしょう。

ネギは血管を広げる成分が豊富で、血の流れをスムーズにしてくれます。
また、抗菌作用や殺菌作用、疲労回復効果もあるので、風邪をひきやすい冬にはピッタリの食材です。
ネギはショウガや根菜類と一緒に、お鍋やスープにして食べると体がポカポカ温まりますよ♪

アーモンドやピーナッツ、くるみなどのナッツ類は血液をサラサラにしてくれる効果があります。
ナッツ類はスーパーやコンビニなどで購入できるので、仕事の合間に食べたり、おやつとして食べても良いですね。

ミネラルを補給する

ミネラルが不足していると、血流が悪くなると言われています。
ミネラルのほかにも、ナトリウムやカリウム、カルシウムやマグネシウムを摂取することで、徐々に血流を改善することができますよ。
ミネラルウォーターにはミネラルが含まれているので、1日かけて飲んでいくと血流の改善に繋がっていくでしょう。

適度な運動を心がける


冬になると外に出るのが億劫になりがちですが、運動不足が続くと筋肉が固くなり、血流が悪くなって肩がこってしまいます。
運動といっても過度なものではなく、お風呂上りにストレッチをしたり寝る前に柔軟体操をするだけでも違ってきますよ。
ストレッチをするときは、腕を伸ばしたり肩を回したり、自分の筋肉を伸ばしている感覚を意識して行うと良いでしょう。

また、寒い季節に軽く20分程度ウォーキングするだけでも、体がポカポカ温まったり、ダイエット効果を得ることもできるのでオススメです。
冬になると倦怠感が増す方も、ウォーキングで体を動かすことで気分が切り替わったり、ストレスを解消することができます。

 

肩こり解消のために気をつけること

日常生活の中で肩こりを悪化させないために、今日から気をつけられることをご紹介します!

食生活に気をつける

冬はあまり動かない上に、クリスマスやお正月などのイベントが目白押しです。
また、暖かい部屋やこたつでダラダラと食べてしまったり、お菓子につい手が伸びてしまうこともありますよね。
冬の肩こりを悪化させないためには、食生活にも気をつけましょう。

中でもインスタント食品やファストフード、清涼飲料水の摂りすぎには注意してください。
これらの食品は酸性食品と言われていて、摂りすぎると血行不良を起こしやすくなるのです。
寒い季節になると食の誘惑が増えますが、バランスのとれた食事を心がけることが肩こり解消への近道になりますよ!

片方ばかりにカバンをかけない

通勤やオシャレ、旅行などでカバンを使うことがあると思います。
このカバンをいつも右肩だけ、左肩だけにかけているという方は気をつけましょう。

また、片方にばかりカバンをかけていると体がゆがんでしまったり、姿勢が崩れて血流が悪くなります。
カバンによる肩こりを防ぐためには、頻繁にかけ変えるか、リュックを使うようにすると良いでしょう。

目を疲れさせないようにする


パソコンやテレビ、スマートフォンは日常生活で欠かせないものですよね。
電車で移動している時や暇つぶしに活用したり、仕事で手放せなかったりと強い光の液晶モニターがわたしたちの生活には浸透しています。
そうすると目がかすんだり、目が重たいと感じる眼精疲労が起きやすくなります。

その眼精疲労を防ぐためにも、ブルーライトをカットしてくれるメガネを着用するようにしましょう。
また、メガネやコンタクトレンズを使用している方は、今の自分に度がしっかり合っているのかを改めてチェックしてみてくださいね。

ストレスを溜め込まない


人間関係、環境の変化、育児や仕事など現代社会ではストレスがつきものです。
ストレスを感じると自律神経が乱れ、筋肉と血管が縮んでしまいます。
とくに冬は気温が一気に下がるので、その気温に適応できずにストレスと感じてしまうこともあります。

ストレスを一切なくすことは難しいですが、普段から自分の気持ちが開放できたり、リラックスできる方法を知っておくと良いでしょう。
オススメはお風呂にゆっくり浸かることと、ストレッチや体を動かすことです。
どちらも体を温めてくれますし、リラックス効果や頭をスッキリさせることができますよ。

 

冬の肩こりは「温めること」「動かすこと」が大切

冬のやっかいな肩こりは、食事や入浴、運動で温めることと、ストレッチで動かしてあげることが大切です。
私自身も冬になると肩こりがひどくなるのですが、毎日ゆっくり湯船に浸かったり、仕事の合間に軽いストレッチをすることで、症状は徐々に軽くなっていきましたよ。
また、体を温めることも体を動かすこともダイエットや美容に繋がるので、女性にはぜひ試してもらいたいです♪

肩こりを改善するだけで1~2㌔は痩せて見える?!肩こりを改善するだけで1~2㌔は痩せて見える?!

600肩こり・腰痛を解消!トップアスリート達も愛用しているファイテンアクセサリーの効果

こちらもどうぞ

30歳になったら保湿第一!肌質別30代におすすめの化粧水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:ももの かんづめ

著者の記事一覧

1994年生まれ。下町情緒あふれる場所と柴犬が好き。
デスクワークでむくんだ足、凝り固まった肩をどうにかしたくなった頃、健康と美容に興味を持ち始めました!
もっと自分自身を好きになれる女性が増えればいいなぁ~と思い、内側も外側もキレイになれる術をLierで発信していきたいと思います。







関連記事

ページ上部へ戻る