冬の口臭の原因を知ってる?|爽快ブレスへ生まれ変わる4つのケアを大公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬は朝から「口が臭い……」

冬の朝、起きてイキナリ口が臭い……
じつはこの悩み、乾燥が原因になっている可能性があります。

冬場の空気は乾燥しがち。口呼吸で口腔を乾燥させると、雑菌が増えやすくなり、キツ~~い口臭へ繋がってしまうのです。

本記事では、そんな冬口臭の原因と、効果的な4つのケアについて、詳しくご紹介します。

 

あなたの口臭「原因」はどこから?

冬口臭の主な原因は、口腔環境の悪化や、心身の不調によるものです。ここでは、主な4つの原因をご紹介します。

 

1:口腔内の乾燥

最初にお伝えした通り、冬の口臭の主な原因となるのが「乾燥」です。
原因は、寝ている間に口を開けていることや、「口呼吸」などが上げられます。

乾燥した空気の中で口を開けっぱなしにすると、唾液の分泌量は減っていきます。すると、唾液内の抗菌成分 (ラクトフェリンやリゾチーム) の量も減ってしまうのです。

抗菌成分が減ると、雑菌が増殖したり、積極的に働くようになり、結果「口臭」が強くなります。

 

2:飲食物

アルコールとタバコ

自分の食べている飲料・食品も、口臭の原因になることがあります。具体的には、お酒・ニンニク・焼肉・ネギなど、ニオイの強いモノが多いです。

これらが原因の口臭は、時間が経つと消えていきます。スグにできるケアとして、消臭タブレットを摂取すると良いでしょう。

ニンニク口臭対策におすすめ♪

小林製薬 噛むブレスケア スッキリクールミント

【価格】298 円
お酒や煙草、ニンニク料理等、気になるニオイの消臭におすすめ。
お腹にスッと溶けて、息をさわやかに整えます。

 

3:ストレスによる自律神経失調

ウッカリ見逃されがちですが「強いストレス」も口臭の原因の1つです。

ストレスは、適度であれば緊張として体内の働きを司る「自律神経」の働きを乱してしまいます。結果、体内の働きが正常でなくなり、唾液の分泌が減ってしまうのです。

これによって、口腔内の乾燥が進み、「1」と似たような状況になり、口臭が強くなってしまいます。

 

4:体調不良

かごの中の薬

口臭は、病気や身体の不調によって起こる場合があります。具体的には、蓄膿症、糖尿病、肝疾患etc……その中でも、9割を占めているのが、いわゆる「お口トラブル」です。

具体的には、歯にこびりついた「歯垢」。もしくは、舌にくっついた「舌苔」が原因となります。

歯垢とは、口腔内の雑菌が増殖したモノ。
舌苔は、細菌や食べカスから生じた白い物質です。舌上に付着します。

これらの物質を除去するためには、専用の歯磨き粉・歯ブラシなどの使用が効果的です。

歯垢&舌苔除去におすすめ♪

セラブレス トゥースジェル

【価格】1,944円
舌苔も取れる、ジェルタイプの歯磨き粉です。
界面活性剤は不使用。ナチュラルなミントの香味で、お口の中を爽快にします。

 

おまけ:「思い込み」で口臭に?

落ち込む女性

口臭の中には、「思い込みでクサイ気がするだけ」という場合もあります。

これは、いわゆる「自臭症」というモノの1種。気に病むこと自体が原因となって、口臭を感じてしまう症状です。

口臭がする気がするけど、本当なのかイマイチ分からない。そんな時は、歯科クリニックなどに相談し、客観的に見て「臭う」か判断してもらうのも良いでしょう。

 

冬の「乾燥」口臭に効果テキメン|4つの対策方法

口臭の原因を見たら、次は対策方法について紹介します。どれも今日・明日からでも実践できる気楽なタイプです。まずは、チェックから始めてみましょう!

 

1:就寝時にマスクを付ける

マスクをしてOKサインをする女性

手っ取り早い乾燥対策としては、「寝る時のマスク」がおすすめです。冬の朝、いきなり口が臭くなってしまうのは、無意識の口呼吸により、口中が乾燥するからとされています。

ですから、マスクを付けての就寝は、口を覆うことで息をこもらせるので、口中の潤いを保ちやすくなるのです。

おすすめの就寝用マスクはこちら♪

夜用のどケア る~ずフィットマスク

【価格】270円
就寝中の喉乾燥予防に開発されたマスクです。
耳に掛けっぱなしでも痛くない極細ヒモ。ふんわり素材のガーゼにより、快適な付け心地を実現しています。

 

2:リンゴ・ミカンを食べる

350 果物 フルーツ

冬に旬の時期をむかえる「リンゴ」や「ミカン」といったフルーツも、口臭の予防に最適です。

まず、リンゴには、マグネシウムが含まれているので、「体内の水分量調節(=唾液の分泌促進)」が期待できます。さらに、消臭効果のある「リンゴ酸」もあるので、朝イチの口臭対策にも良いでしょう。

一方のミカンは、酸味の強い味わいから、口に入れると唾液が多く分泌されます。爽快な香味もあるので、口臭を消す効果も期待できます。

酸っぱいモノを食べると唾液が出てくるのは、身体の防御反応によるものです。一般的に、口中に酸っぱいモノが入ってくると、身体は「毒物」と判断し、分解しようと唾液を大量に分泌します。

この働きで口を潤うため、ミカンは「口の乾燥・ニオイ対策」に役立つとされています。

 

3:マッサージや運動をする

唾液の分泌は、顔のマッサージや舌運動によって改善することも出来ます。方法については、ここで詳しく見ていきましょう。

唾液腺を刺激するマッサージ

・下あごの裏側 (下の付け根に面している)に、左右の親指を当て、グッと押す。
・左右の耳下 (奥歯の裏側あたり)を、人差し指で円を描くようになでる。
・下あごの裏側に親指を置き、フェイスライン→耳下に掛けて、ギュッと押し上げる。

それぞれ、10回程度を目安に行います。

舌を使った運動

1:舌をグッと前に突き出して、引っ込める (「べ~」のような形)
2:これを10回ほど繰り返す。

このようなマッサージや運動で唾液腺に刺激を与えることで、唾液の分泌を促すことができます。また、テレビを見ながら・CM中といった、「スキマ時間」で出来るのも良いポイントです。

ただし、強く押し過ぎると、血管やリンパを圧迫してしまう恐れがあります。マッサージは、優しく触れるようにして行いましょう。

 

4:昆布やガムを食べる

だし昆布

コンビニ等でも手に入りやすい食品として、ガムや昆布もおすすめ。昆布には、雑菌の生きづらい環境を作る「アルカリ性」が多く含まれています。ですから、口中に入れることで、口臭の改善が期待できるのです。

また、味のなくなったガムを舌で転がすのも、口臭対策となります。口腔内にガムが入っていると、体は「異物反射」によって唾液をたくさん分泌します。

「異物反射」とは、身体の中に余計なモノが入ったから、追い出そうとする働きのこと。もちろん、ガムは異物ではありませんが、結果的に唾液の分泌を増やすことができます。

噛み終わったガムが口にあるのは鬱陶しいかもしれませんが、3分~5分ほど、行ってみると良いでしょう。

おすすめのガムはこちら♪

サンスター GUM メディカルドロップ

【価格】372 円
スッキリした味わいのミント味ガムです。
息を爽快にする効果もあり、噛んでから約30分ほど続くとされています。

 

セルフケアに効果がないときは?

リップケアをする女性
口臭対策をしたけれど、イマイチ効果が感じられない。そんな時には、口臭外来や、口臭の相談を受け付けている歯科クリニックで、「口臭診断」を受けるのがオススメです。

口臭診断とは、患者さんの口臭をデータ分析するもの。検査の結果で、口臭の原因 (生理的なモノ・病気)と、口臭の成分を知ることができます。

また、上記の結果をもとに、医師から口臭改善のアドバイスを受けることも可能です。自分ひとりでのケアに限界を感じた時は、ぜひ訪れてみましょう。

東京歯科大学 千葉病院 口臭外来

 

冬の口臭、口を潤わせてスッキリ解消♪


冬の口臭対策について、いかがでしたか?

口臭は誰にでも起こり得るものですが、セルフケアやクリニックでの受診によって、改善や予防も充分に可能です。

あまり悩みすぎず、まずは原因を突き止めてみること。そして、最適なケアを行い、スッキリ爽快な「息美人」を目指していきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:田中

著者の記事一覧

1995年千葉県生まれの美容ライター。
乾燥する髪や肌のケアと、グルメ系ダイエット、サプリメントでの健康・美容力アップ等に力を入れています。

趣味は読書と映画、お家で出来る時短系ダイエットです。
日常生活に取り入れやすい美容や、お役立ち系ライフスタイル情報を発信していきます♪







関連記事

ページ上部へ戻る