「同じ化粧水を使うと効果が減る」のは何故?|理由&対処法を詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じ化粧水を使うと効果が減るって本当?

良い化粧水でケアしても、何回も使ってるうちに効果が薄れる…… もしかして肌と化粧水にも、倦怠期があるの……?

そんな不安を抱えているアナタへ。
じつはコレ、化粧水よりも「スキンケア」に問題があるかもしれません。

というわけで本記事では、「同じ化粧水を使っていても効果が薄れる」3つの理由。
そして、美肌を維持するためのスキンケアの方法について、詳しくご紹介いたします

化粧水効果が薄れる3つの理由

同じ化粧水を使っているにも関わらず、効果が薄くなってしまうのは理由があります。
それはズバリ、以下の3つだと言われています。

  1. 肌質の変化
  2. 加齢
  3. 季節に合わないケアをしている

では、なぜそのようになってしまうのでしょうか。
ここで詳しく見ていきましょう。

1.肌質の変化


まず、化粧水が肌に合わない理由として、「肌質の変化」が挙げられます。
具体的には、脂質・糖分の多い食事を多く摂っている。
睡眠時間が少ない人は、特に注意が必要です。
糖の摂りすぎは肌の弾力や保湿力を低下させる「糖化」の原因に。
そして、脂肪の摂りすぎはエネルギーとして使えなかった分が皮脂となり、ニキビやテカリへと変化する恐れがあります。

また、睡眠不足は肌のターンオーバーが乱れる原因となります。
これにより、肌の角層(古くなった細胞たち)が肌に留まって、メラニン色素が残ったり、肌のシミ・シワを増やすことにもなり得ます。

このように、生活習慣が乱れて肌質が変わったことで、化粧水が合わなくなり、効果が薄れてしまうことになるのです。

2.老化


化粧水の効果が薄れる理由には、「加齢」もあります。
一般的に、人体は年齢を重ねるごとに、代謝や血行が鈍くなる傾向があります。
また、紫外線やストレスも、年齢の上昇と共に増えてゆくもの。

これらの影響によって、肌の弾力性を司る「コラーゲン」などの肌細胞の構造が乱れたり、破壊することもあります。
上記の原因によって、せっかく補給した水分や美容成分がお肌に浸透しづらくなり、化粧水の効果が薄まったように感じてしまうのです。

3.季節に合わないケアをしている


化粧水の効果を感じられない大きな理由の1つに、「季節に合わないケア」の可能性があります。
たとえば、秋や冬など、乾燥が強い季節。
また、夏など皮脂の分泌が激しくなる時期も要注意。
これらのトラブルに対応していないケアをすることで、化粧水の効果が感じにくくなります。
それが積重なることで、肌のターンオーバーが乱れたり、美肌が保ちにくくなったりする恐れもあるのです。

効果が感じられる化粧水とは?|タイプごとの選び方をご紹介

スキンケアをする女性
上の項目にて、化粧水の効果が減る理由は「今の肌に化粧水が合わないから」という事が分かりました。
ここでは、肌悩みに合う、新たな化粧水を探すためのコツについて見ていきましょう。

1.乾燥が気になるなら「保湿ケア」強化を

スキンケアによる効果を高めるなら、保湿力アップを狙うようにしましょう。
といっても、多くの化粧水が「保湿効果がある」と言っているので、どれを選ぶか迷ってしまうこともありますよね。

そんな時は、肌荒れを防いだり、和らげたりする「やさしい化粧水」を選ぶと良いです。
具体的には、肌細胞とよく似た「セラミド類似成分」や、低刺激性の「ハトムギ」などが配合されているのがおすすめです。

乾燥肌さんにおすすめ

アクセーヌ モイストバランス ローション

セラミドとよく似た成分を独自の技術で配合。
肌につけてスグ、心地よく浸透し、お肌に潤いを長時間守り続けます。

 

2.皮脂が気になるなら「バランス重視」ケアを

乾燥よりも皮脂のベタつきが気になるなら、「水分・オイルのバランスを重視」した化粧水がおすすめ。
保湿だけでなく、皮脂が過剰に出てきてしまうのを抑えられるタイプが良いでしょう。
また、ターンオーバーを整える効果がある化粧水も◎。

皮脂の多量な分泌は、お肌の代謝が乱れている可能性もあります。
薬用化粧水や、ビタミン系の成分を補給するタイプ、収れん(引き締め)作用のある成分が入った化粧水を使うのもおすすめです。

脂性肌さんにおすすめ

イプサ ザ・タイムR アクア

収れん成分・シャクヤクエキスや、抗炎症作用のあるトラネキサム酸などを配合。
やさしく肌に浸透し、コンディションを整えて、健やかな肌へと導きます。

 

3.肌老化には「エイジングケア」の導入を

いわゆるお肌の曲がり角は、「28歳」とのこと。
加齢で化粧水の効果が減っているように感じるなら、「エイジングケア」の導入がおすすめです。

具体的には、年齢と共に減ってゆく「セラミド」「コラーゲン」を積極的に摂ること。
また、肌細胞を形づくる「アミノ酸」「ビタミン」などの成分を導入するのも良いでしょう。

エイジングケアにおすすめ

リッツ モイストリッチローション

セラミド等の保湿成分を従来の2倍配合した、しっとり化粧水。
パッションフルーツや、植物幹細胞由来成分も取り入れて、肌のキメを整えて、年齢を感じさせない美肌へと導きます。

 

おわりに


「化粧水の効果が薄れる」真相、いかがでしたか?
お肌が化粧水に飽きた、という説もありましたが、じつはちょっと違うとのこと。
肌に合っていないケアによって、効果が薄れてしまっているので、化粧水を見直すことが大切とされています。

というわけで、化粧水の効果を高める秘訣は、自分に合ったケアをすること。
これを意識して、ハッピー美肌ライフを送ってみちゃいましょう♪♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:田中

著者の記事一覧

1995年千葉県生まれの美容ライター。
乾燥する髪や肌のケアと、グルメ系ダイエット、サプリメントでの健康・美容力アップ等に力を入れています。

趣味は読書と映画、お家で出来る時短系ダイエットです。
日常生活に取り入れやすい美容や、お役立ち系ライフスタイル情報を発信していきます♪







関連記事

ページ上部へ戻る