フレグランス(香水)とそのラインを使い分けましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

フレグランスの種類を知っていますか?
フレグランスをつける時の注意点
各アイテムの特徴  
・オーデコロンの特徴  
・オードトワレの特徴  
・オードパルファムの特徴  
・パルファム(香水)の特徴
フレグランスのライン使いとは
ライン使いをするとどうなる?
おすすめのラインがある商品
フレグランスとラインを使い分けて!

フレグランスの種類を知っていますか?


普段、フレグランスはお使いでしょうか?
香りはイメージを左右する重要なファクターのひとつ。
出来る女性ならば、フレグランスの香りそのものだけではなく、その香り方にも気を使いたいものですね。

フレグランスの種類は大きく分けると以下の4つです。

  • オーデコロン
  • オードトワレ
  • オードパルファム
  • パルファム(香水)

フレグランスの種類は商品に対して香料が占める割合=賦香率で決まります
オーデコロンが最も賦香率が低く、パルファム(香水)が最も賦香率の高い種類のフレグランスです。
どれか1種類しか展開のない商品も多いですが、同じ香りが複数の種類で販売されている商品もあります。

香水に使われる香料には合成のものと天然のものがあります
天然の香料は高価ですが、多くの場合、香りに深みがあります。
合成香料は天然香料の香りを模したものが多く、大量生産が可能な分、価格が抑えられます。

価格などの理由によって、同じフレグランスでも、種類ごとに使われる香料自体が違う場合も多々あります。
そのため、香りそのものが僅かに違うことも少なくありません。

フレグランスをつける時の注意点


賦香率が低いほど基材となるアルコールなどの量が増えるため、賦香率の低いフレグランスほど揮発しやすくなる=香りが広がりやすく飛びやすくなります
シチュエーションや香り方の好みによって各フレグランスやアイテムを上手に使い分けましょう。

香りは広がるものです。
当然ながら、自分だけではなく周囲にもその香りは届きます。
つけている本人よりも周りの方がフレグランスの香りは強く感じるものなので、くれぐれもつけ過ぎには注意しましょう。
自分でしっかりと香りを認識できるのはつけ過ぎ。
「あれ、香っていないかな?」というくらいが丁度よい量です。

フレグランスは、基材となるアルコールや水が揮発することで香りが広がっていきます。
その性質上、香りは下から上へと立ち上ります
やわらかく香りをまといたい時は、足首やひざの裏など、低い位置につけましょう。
逆に、心臓や顔に近い位置にフレグランスをつけると、香りがきつくなり、自分も周りも気分が悪くなってしまうことがあります。
余程香りを強く浴びたい時以外は避けることをおすすめします。

脈を打っている場所(手首や足首、ひじやひざの内側など)につけると、フレグランスが温められてふんわりと香ります。
コットンなどに吹きかけてからポイントにぽんぽんと置いていくつけ方もおすすめです。

各アイテムの特徴

オーデコロンの特徴

【賦香率】3~5%
【持続時間】1~2時間

オーデコロンはアルコールの割合が最も多く、リフレッシュ効果の高いフレグランス。
一度に使用する量が多いため、内容量が多く、価格が比較的安いものが多いのも特徴です。

国内で販売されているオーデコロンは賦香率の高いものも多く、オードトワレのような使い方が推奨される場合もあります。
初めて使う場合は、大量に使用する前に香りの強さを確認しましょう。

賦香率が低いのでお風呂上りなどにたっぷり使っても良いでしょう。
点よりも面でつけるイメージで使用するとリフレッシュ効果がよく分かります。
スポーツの後などにタオルに含ませてもすっきりと使えますよ。

オードトワレの特徴

【賦香率】5~10%
【持続時間】3~4時間

オードトワレは香りの持続力と価格のバランスが良く、カジュアルに使えるフレグランス。

ラインアップがオードトワレのみ、という商品も多いため、馴染みのある種類なのではないでしょうか。
ですが、オードトワレはアルコールの割合が多いため香りが広く広がりやすく、意外と上手に使うのが難しい種類のフレグランスでもあります。

オードトワレはポイントに1スプレーずつ使いましょう。
オードトワレはオーデコロンのように面でつけるのではなく、線でつけるイメージでつけると失敗しづらくなります。
パルファムの下地としてトワレを使うのも、香りに深みが出て面白いですよ。

オードパルファムの特徴

【賦香率】10~15%
【持続時間】5時間程度

オードパルファムはオードトワレとパルファムの中間的な存在。
パルファムに近い深い香り立ちのものが多いものの、オードトワレ同様カジュアルに使えるフレグランスです。

オードトワレよりも価格は1~2割ほど高い場合が多いですが、賦香率が高いので持続時間が長く、タッチアップ(つけ直し)がしづらい時などには便利でしょう。

オードパルファムのつけ方は基本的にオードトワレと同じだと考えて問題ないでしょう。
ポイントに1スプレーずつ、線でつけるイメージです。

パルファム(香水)の特徴

【賦香率】15~25%
【持続時間】5~7時間

パルファム(香水)は最も賦香率が高いフレグランス。
アルコールの量が最も少ないため、自分の近くでゆったりと優雅に香ってくれます。

香料が贅沢に使用されているので、その分値段は高くなります。
そのため深みがあり、フレグランスの真髄を味わえるのがパルファム(香水)の特徴です。

賦香率が高いため、きついのではと思われがちなパルファム(香水)。
実はアルコールの割合が低いのでつける量を間違えなければ他のフレグランスよりも控えめに香ります。
パルファム(香水)はポイントにほんの少しずつつけましょう。
面や線ではなく、点でつけるイメージです。
それだけで美しく香ってくれます。

フレグランスのライン使いとは


石鹸やシャワージェル、入浴剤、ボディローション・クリーム、ボディパウダー、ボディミスト・スプレー、ハンドクリーム、ヘアフレグランスなど、フレグランスと同じ(極めて近い)香りの商品がシリーズとして出ていることがあります。
こうした同じシリーズの商品をライン商品といいます。

ライン商品の賦香率はオーデコロンやオードトワレと同じくらいのものがほとんどです。
よく見かけるのはボディローションで、フレグランスとセットにしたコフレが売られることもあります。
ハイブランドの定番フレグランスがライン化されていることも多いので、自分へのご褒美やプレゼントなどにおすすめです。

では、各アイテムの特徴や香り方を見ていきましょう。

石鹸やシャワージェル、入浴剤などは残り香がやわらかく香るものが多いです。

ボディローション・クリームはそのフレグランスのラストノートが長く続きます。
ちなみにラストノートとは香りの移り変わりの中でも最後に香り立つ香調のことで、ムスクやアンバー、シダー、バニラ、フローラルならばラベンダーやローズなど、香料の中でも比較的重厚な香りによって構成されています。

ボディパウダーはほのかな香り立ちが特徴です。
ボディローション・クリームと併用して使いましょう。

ボディミスト・スプレーはフレグランスに比べて軽やかな香り方をするものが多く、気軽に使うことができます。
アルコールの入ったフレグランスを髪に使用すると髪が傷んでしまいます。
髪を香らせたい時はヘアフレグランスを使う方が髪も傷めず、また香り方も綺麗ですよ。

ライン使いをするとどうなる?


ライン商品は単体で使っても適度に香りを楽しむことができます
ですが、フレグランスとライン商品を併用すると、香りに深みと奥行きが出るため、よりその香りを楽しむことができます。
アレルギー等がないのであれば、是非一度ライン使いをしてみて下さい。
お気に入りの香りの魅力を再認識できるかも知れません。

また、ライン商品はフレグランスよりもやわらかく弱く香るものがほとんどなので、強い香りが苦手な人、アルコールに敏感でフレグランスをつけられない人でも香りを楽しむことができます。

フレグランスはトップノート、ミドルノート、ラストノートと香りが移りゆくもの。
コロンはトップノートが香りやすい、ボディローションはラストノートが長く香るなど、ライン商品やフレグランスの種類によって香りの立ち方が変わるので、好みのものを探してみましょう。
「このフレグランスのこの瞬間の香りが好き!」という方にも製品の使い分けはおすすめです。

肌が潤っている方が香りは長く留まる傾向があるので、ボディローションやボディクリームなどと併用するとフレグランスの持続時間もより長くなります。
ボディローションとフレグランスのコフレにはそうした理由もあるのですね。
ちなみにライン使いでなくても、保湿をしておくと持続時間を少し伸ばせるので、フレグランスの持ちが悪いなーという時はクリームやオイルで保湿をしてみて下さいね。

おすすめのラインがある商品

CHANEL チャンス

CHANEL チャンス

ピンクペッパー、ジャスミン、アンバー、パチュリなどが絡み合う洗練された香り。

【フレグランス・ライン商品】
「ボディ モイスチャー」「クリーム サテン」「スウィート シャワージェル」「ヘア ミスト」「オードゥ トワレット」「オードゥ パルファム」「香水」

GUERLAIN ラ プティット ローブ ノワール

GUERLAIN ラ プティット ローブ ノワール

ブラックチェリー、ブラックローズ、パチュリ、ブラックティーなどのブラックノートが溶け合う繊細な香り。

【フレグランス・ライン商品】
「シャワージェル」「ボディローション」「オーデトワレ」「オーデパルファン」「香水」

DIOR Miss Dior

DIOR Miss Dior

複数種のローズを基調とした、可憐なフローラルノートのフレグランス。

【フレグランス・ライン商品】
「シルキー ボディ ミスト」「ヘア ミスト」「シャワー ジェル」「ボディ スプレー」「ボディ ミルク」、「ボディ クリーム」「オードゥ トワレ」「オードゥ パルファン」「ル パルファン」

フレグランスとラインを使い分けて!


様々な香りを気分で使い分けるのも楽しいけれど、自分にとって特別な香りというのは持っておきたいもの。
勝負に出る時の香りだったり、リラックスできる香りだったり、その「特別な香り」を使うシチュエーションは人それぞれでしょう。
その香りをまとう瞬間をより楽しむためにライン使いの仕方を覚えておくのも決して損なことではありません。
自分も周りも心地よいような香りの使いこなしを身につけたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:みおと

著者の記事一覧

はじめまして、ライターのみおとです。
1987年生まれ、主人とフェレット2匹と仲良く暮らしています。
趣味はカメラに読書、カクテル作り、アロマにハーブ、
セルフネイルにアクセサリー作り…挙げ始めたらキリがありません。
ダイエットが楽しくなって15kg落した経験あり。
ちょっと痩せ過ぎたので必死になってデブエットをした苦い記憶…。
コスメで遊ぶのも好きで、海外コスメにもアンテナを張っています!
皆さまが楽しめる記事を提供できるよう、精一杯頑張ります♪







関連記事

ページ上部へ戻る