同棲したけどイライラが止まらない!もう別れるべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同棲を始めたばかりの頃、これからは彼とずっと一緒にいられるし、結婚も意識してついつい浮かれちゃいますよね。

でもしばらくすると、そんな楽しい気持ちもどこへやら…。
気付いたらイライラしたり疲れてしまって、どうも落ち着かない。

なんで?もう同棲解消しようかな…。1人のほうが楽だったような…。

もう別れよう!なんて思ってしまうかもしれませんが、ちょっと待って!

どんなことに気を付けたらいいのか、どうやったらイライラが解消するのか、ご紹介しますね。

もう別れるべきなの?

イライラしてどうしようもない!もう別れる!なんて思っているかもしれませんね…。

でも、ちょっと待って。
せっかく同棲を始めて二人で一歩を踏み出したんですから、少しだけ考えてみてください。

今まで全くの違う環境で暮らしていた二人。

実家だったにせよ、一人暮らしだったにせよ、自分の好きな時に好きなように生活していたんですよね。

どんなに付き合いが長くても、仲が良くても所詮は他人。
これを忘れてはいけません。

他人が二人で新たな生活を始めるにあたって、衝突は避けられないんです。

でも、同棲をしているだけだからこそ別れたいと思ったらいつでも別れられるんですよね。

これが結婚してからの同居であったなら、簡単に別れることはできません。

別れるのはいつでもできるからこそ、別れるのは最終手段としてとっておきましょう。

疲れた時こそ距離を置こう


でも、別れをが頭をよぎるくらいですから、本当にイライラするんですよね。

気持ちは痛いほどよくわかります。

だからこそ、本当にストレスが溜まってしまったら目の前の全てから距離を置くのも良いでしょう。

お休みに友人と突発旅行に出かけてしまったり、実家やホテルで一人の時間を作ってみたり。

疲れた時には、気がすむまで好きなことをして過ごしましょう。

どうしても逃げ場がないなら、ネットカフェの個室に引きこもるだけでも違いますよ。

一度離れて二人の関係性や、自分の問題を見つめなおしたりすることも必要です。
距離を置くことができると、案外冷静に考えられるものなんですよね。

もしも、パートナーが出て行ってしまって帰ってこないなら。

あんまり深く考えないで、帰りを待ちましょう。

急に怒って出て行かれればもちろん不安な気持ちになりますが、彼を信じて自分も冷静にペースを崩さずいてください。

基本的に女性よりも男性の方がイライラしたりストレスが限界まで溜まってしまうと、目の前の問題から逃げ出してしまう生き物なんです。

出て行ってしまったからと言って、すぐに追いかけたり「行かないで」なんて縋る必要はありません。
彼なりにクールダウンしようとしているので、無理に引き止めたりしないで行かせてあげましょう。

この時、追い詰めすぎると悪い結果につながってしまう可能性も…。

他にも携帯や財布も持たずに出て行ってしまったら、それこそ不安がつきませんよね。

彼も子供じゃないので時間が経ってクールダウンできれば戻ってきますよ。

話し合いの機会を持って

二人ともクールダウンできたら、話し合いができるとベストですね。

ここでしっかりそれぞれの不満を吐き出して、改善策を話し合える関係を作ることができれば結婚してからもうまくやっているでしょう。

でも、これが中々うまくいかないんですよね。

ついつい二人とも自分の意見ばかり通そうと躍起になってしまったり。

どちらかばかりに負担がかかってしまうとか、どちらかが我慢をしすぎてしまったり。

共働きだと日常の家事一つとっても不満がたくさん。

これをいかに話し合いで分担できるか、この問題は結婚していてもしていなくても重要ですよね。

こで二人で暮らしていくうえでの基盤をしっかりと作ることができればこれからの数十年で苦労する心配がないんです。

最初はどうしたってうまくいかないかもしれませんが、話し合いの時間をしっかり作るように二人で努力できると理想的ですね。

最初の一年が肝心

同棲を始めたこの一年がとっても大変。
意見や生活習慣の違いがはっきりしますよね。

イライラすることも疲れることも今までじゃ考えられないくらいあるかもしれません。

でも、この一年はいっぱいケンカをしてください。

言いたいことをしっかりと言いあえる関係って、今後の人生を一緒に過ごすパートナーとしてとっても重要。

小さなケンカから大きなケンカまで、たくさんしてもいいんです。

一回一回クールダウンして流すところは流して、話し合うべきところはしっかりと二人が納得できる妥協点を探して、意見のすり合わせをする期間。

ケンカしたってそれが当たり前のことですから、ケンカばっかりしてるなあ、なんて思ってもけっして相性が悪いとは思わないでくださいね。

どんなカップルも一度は通る道なんです。

今後もし結婚して夫婦になると、パートナーとは恋人でもあり親友でもあり戦友でもある、そんな関係になっていくはず。

お互いのことをちゃんと知るというのは、その最初の一歩。
まずは相手のすべてを知り尽くしてみましょう。

そこで彼の本当の姿がわかるし、相性が良いのか悪いのかもわかってくるはず。

一年間、たくさん意見をぶつけあうことができればできるほど、一年後には間違いなく絆が深まっていることでしょう。

許すことも重要


一から十まで話し合ってひとつひとつ解決できればもちろんそれが一番良いのですが、人間ですから中々そうもいきません。

これについては謝ってもらったけど、あれは改善されてない!

直すって言ったのに…。

なんて、話し合ったことが更なるストレスの原因になってしまう可能性も。
負のループって真面目な人ほど陥りやすいので注意が必要です。

でも、残念ながら男性はいつまでたっても子供。
何度言っても改善されない場合があります。

更に厄介なことに、一度に何個も改善を求めたところで全部頭から抜け落ちてしまうんですよね。

紙に書いたり、ルールを決めてもなんだかんだと理由を付けてやらない、なんてことも。

だから必要以上にイライラしないためにも、本当に許せないことだけをピックアップして改善を求めましょう。

細かいことは諦めたり、自分で解決してしまったほうが早い場合もいっぱいあるんですよね。

それから改善できた時には、気付いてさりげなく褒めてあげると早く定着しますよ。

ありがとう、と声をかけるだけでもOK。
子供を育てる練習だと思って、やってみてください。

ちょっとしたことを頼んで甘えよう


男性はどんな時でも女性に頼られるのが大好き。

同棲を始めてちょっとでも困ったことがあったら、自分でできそうなことでもパートナーに頼んでみましょう。

固いビンを開けてもらったり、高い所の物を取ってもらったり。

ほんのちょっとしたことでいいんです。

やってもらったらちょっと大げさに褒めたり、お礼を言ってあげてくださいね。

ありがとう!頼りになるね、なんて言うだけでも男性は気分が良くなるもの。

男性は単純ですから、そのあとにお願いをしたら案外あっさりと聞いてくれるかもしれませんよ。

男性は胃袋から

これはちょっと大変かもしれませんが、お弁当を作ってあげるのも◎。

よく「胃袋をつかめ」なんて言われていますがこれって実は本当で、女性が想像している以上に男性は胃袋をつかまれるのに弱いんです。

最初は簡単なものでも構わないので、彼のためにお弁当を作ってあげることが大事。

もちろん日々の食事も重要ですが、お弁当OKな会社ならサプライズで作ってあげると想像以上に喜んでくれるかもしれませんよ。

会社にもよりますが、彼女手作りのお弁当を持ってるだけで周りから羨ましがられることって結構あるんですよね。

男性的には、これもかなり嬉しいみたい。

料理がちょっと苦手…なんて場合でもそんなに凝ったお弁当じゃなくていいんですよ。

レシピが不安ならネットや本も良いですが、彼のお母さんと仲良くなるチャンス。

数十年食べ続けてるおふくろの味ってやっぱり強いんですよね。

これをマスターできると、言葉にはしないかもしれないけれど本当に喜んでくれるかもしれませんよ。

そして、彼のお母さんを味方に出来れば結婚までの道のりも安心。

相手の身内とは張り合ったりライバル視するんじゃなくて、味方につけちゃいましょう。

万が一の場合はすぐに逃げて


中には付き合っているうちはとっても優しくていい人だったのに、同棲したと同時にモラハラや暴力、暴言などがでてくる場合もあります。

こんな時は、一刻も早く逃げ出してくださいね。
暴力やモラハラは話し合って解決する問題ではありません。

特にモラハラは自分が悪いと思わされてしまうこともあるので、少しでもおかしいなと思ったら周りに相談してみてくださいね。

警察や相談窓口があるので連絡をすれば、シェルターなどに保護してもらえる場合もありますよ。

他にも、浮気や風俗などどうしても許せないようなことが発覚した場合にはきっぱりと別れを選択することも必要です。

ここでずるずるしてしまうと病気を移されたり今後の結婚生活もうまくいかなくなってしまうかも。

ここまではまだしも、これだけはダメ!とアウトラインははっきりしておいたほうが良いですね。

おわりに


いかがでしたか?

同棲は今まで違う環境で自分の好きに生活していた二人が一緒に暮らすということ。

不満や怒りを感じてしまうのも当然ですよね。

でも、暴力、暴言や借金、浮気などの決定打がないのなら一年だけ頑張って続けてみてください。

一年後にはケンカすることもなくなっているかもしれませんよ(笑)

今後の数十年を一緒に過ごすべきか、見極められる大切な時間でもありますよ。

「完璧な人間はいない」なんて、頭ではわかっていてもついついパートナーには完璧を求めてしまいがち。

そんなときは一度立ち止まって自分自身を見つめ直してみてください。
パートナーに対する感謝に気付けるかも。

好きだからこそ同棲を決めたわけですし、せっかくなら期限を決めて頑張ってみるのも良いですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:西村祈莉

著者の記事一覧

平成生まれ。
アパレルほか、転職経験多数。
体型を隠しつつ、プチプラや古着でトータルコーデするのが得意。
ジャンル問わず、すきなものをすきなように。
星座別の性格判断もできたりするので、占い関係の記事も。
どうぞよろしくお願いします♪







関連記事

ページ上部へ戻る