首のシワは5歳老けて見える!今すぐ改善したい首のシワ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔のスキンケア、お化粧はいつもばっちり!
なのに、首にはシワができていたり、ファンデーションが顔と首で境目ができている… なんてことありませんか??
お顔は日焼け止めやお化粧をしっかりしているのに、首のケアを忘れているという方は多いのではないでしょうか。

女性の顔はデコルテまでとも言われています。
せっかく顔の手入れをしっかりしていてとても綺麗でも、首元の開いた服装やワンピースを来た時にシワができていたり、デコルテにニキビがあると少し残念な感じがしますよね。
そんなことにならないように日々のケアでしっかり首までお手入れしていく方法をご紹介いたします。

首は顔よりもシワが出来やすい


みなさん、25歳くらいを過ぎてくると顔のシワが気になり出す方もおおくいらっしゃいます。
エステサロンでも早い方は25歳くらいからシワ、たるみが気になるとお手入れにくる方も少なくはありませんが、首のシワに目を向ける方はとても少ないのです。
しかし、人と話をする時やぱっと相手と目を合わせた時にもし首にシワがある状態だとつい見てしまいますよね?
意外とお手入れの落とし穴だったり、年齢を上に見せてしまうのが首なんです。

首というのはよく曲がるところでもあります。
他にも手首、足首など首がつく部位は大きなシワが出来やすい場所にもなります。
それと一緒で首も大きなシワが出来やすい場所となります。
更に首は頭の重さがのし掛かっていて人間の頭の重さはだいたい成人の方で5キロ前後はあると言われていますので、それが毎日動いて首に負担をかけているので すから、シワが出来やすいのも当然のことです。
ですので、顔を同じくらい首もしっかり毎日の中でケアしていく必要があるのです。

首のシワの原因


首はシワがとても出来やすい場所だと言うことをお分りいただけましたでしょうか??
お手入れをしていてもシワが出来やすいのが首なのです。
他にもシワが出来てしまう原因は、以下のようにたくさんあります。

  • 肩こり *コラーゲンの減少
  • 紫外線による影響
  • 乾燥
  • パソコンやスマホの使いすぎ
  • 遺伝
  • 枕の高さなどの日常の癖
  • 顔の皮のたるみ  

など… このように首のシワになる原因は本当にたくさんあります。
では、原因がわかったところでしっかり改善していく方法をご紹介いたします。

首のシワの改善方法

首のシワを改善するには、普段の生活習慣も大切です。
ここでは、その中でも実践しやすい6つの方法について見ていきましょう。

下を向き過ぎない


首を下に向けることによって誰でも横にシワが入ってしまいますよね。
この状態が続くことによって形が残りコラーゲンが減少し、シワの原因になります。
これは顔のシワも同じようなことが言えます。

ずっと笑った後、ほうれい線を見るとシワが残っていたり、眉間にぐっとシワをよく寄せる癖がある方は眉毛の間にシワが出来やすいと思います。
このように同じ状態をキープすることによってシワが出来てしまいます。

スマホをよく触る方、毎日パソコン作業で下を向くことが多い方はどうしてもシワが出来やすくなりますよね。
ですので、できるだけ顔が下に下がり過ぎないように意識をして顔を上げるようにしましょう。

肩首の凝りを取る


肩や首の凝りももちろん首のシワができる原因になります。
肩の凝りがひどくなると首がどんどん前へ押されてしまって前かがみの状態になります。
そうなると首の前側の皮膚が縮んでシワができる状態になります。
更に肩・首コリがある状態だと筋肉が柔軟に動かなくなりますので、皮膚が同じ状態をキープする時間が長くなりこれもまたシワになる原因になります。

肩・首が凝るということは首のシワができてしまう悪循環に陥るということに繋がります。
自分でも肩こりなど自覚がある方はお風呂に浸かってほぐすようにしたり、整骨院やマッサージなどで定期的にしっかりケアするようにしましょう。

顔のたるみから改善する


顔のたるみと首のシワって一見関係ないように見えますよね。 しかし、顔のたるみも首のシワに大きく関係しています。
人間の体の皮は一枚で出来ているように顔と首も一枚の皮で繋がっています。
一度想像してみてください。
首の皮膚がとても綺麗でシワが全然ない状態だとしても、顔の皮膚がたるんでくるとそのたるみが重みとなって首までどんどん下がってくる原因になります。
下に下がってくれば重みに耐えきれなくなった皮膚が下に下がっていき、それが大きな首のシワへとなっていきます。
このように顔・首というふうに別物とは考えない方がいいのです。

これは顔に限らず頭皮も一緒の話です。
頭皮の皮膚が緩んで下へ下がってくることにより顔にたるみが出てしまい、そのたるみが首のシワへと繋がっていきます。
ですので、首のシワを改善するためには頭皮からしっかりマッサージなどしてたるみが出ないようにしないといけないのです。

お風呂でシャンプーをする時や顔のスキンケアが終わった後などに同時に頭皮もしっかりマッサージすることを習慣づけるようにしてみてください。
5分もマッサージを行えば顔から全体がとてもすっきり見えるようになるでしょう。

首専用の化粧品を使用する


顔のスキンケアをする時に首まで同時に化粧水などを塗ることももちろんですが、プラスで首専用の美容液やクリームを使用しても良いです。
実は首の皮膚は顔の皮膚よりも少し薄い状態にあります。 皮膚が薄いということは顔以上にしっかり保湿しないと乾燥してしまいシワになるということに繋がります。
顔と首の皮膚は同じようで少し違ってきます。 顔が少し脂性肌という方は油分が多すぎるものを使用することによってベタベタするかもしれませんので、一緒の化粧品を使用するのは避けた方がいいでしょう。

おすすめ美容クリーム

クラランス スープラ ネック デコルテコンセントレイト

衰えの出やすい首やデコルテにツヤ、輝きを取り戻し潤いを与えてくれるアイテムです。
カラスムギという穀物のエキスが含まれていてとても栄養価が高く、乾燥を抑えてくれる作用がありますので、老化してきて少し元気がなくなった首やデコルテに相性がいいアイテムになります。

枕を自分に合ったものにする


首のシワを改善していく上で枕の見直しは絶対にかけるようにしてください。
首にシワができる原因としてずっと同じ体勢で首にシワが入り続けるということが深くシワを作ってしまう原因となります。

自分の枕が高過ぎてしまうことにより首は前傾になりシワが入りますよね。
寝相がいい方はこの状態が一晩中続くということになります。

首の形はその方によっても違います。
みんなが同じ枕で合っているという状態はありません。
最近では自分に合った枕を作ってくれるような専門店もあるくらいですので、そういったところで一生使用できるような自分専用の枕を作るのも一つの方法ですね。

おすすめの枕

ストレッチ枕

首の理想の状態は少しアーチがある状態なのですが、最近ではスマホやパソコンによりストレートネックの方もとても増えているようです。
ストレートネックは首のシワの原因にもなります。

この枕を使用することによって自然なアーチ型を作り出すことが出来ますので、寝ている間に自然な首の形を作っていくことができます。

紫外線対策は毎日する

日焼け止めを塗る女性
最後に絶対に忘れないでおきたいのが紫外線対策です!
シワの原因になる1番の原因は紫外線と言っても過言ではありません。
近年紫外線はどんどんきつくなってきていて日焼け止めを少し塗らないだけでもすぐに焼けてしまったりもしますよね。

紫外線のA波はコラーゲンが存在する真皮層というところまで届いてしまい、そうすることによってコラーゲンがどんどん劣化していきハリ・弾力を失う原因になり表面のお肌を支えきれなくなってしまいシワの原因になります。
一度コラーゲンが劣化してしまうと元に戻すことがとても難しくなります。
コラーゲン導入などたくさん美容機器なども出ていますが、自分のコラーゲンと違うものが入ってきてもなかなか定着しにくいのが現実です。
今ある自分自身のコラーゲンをしっかり守っていくようにしましょう。

おわりに


顔も首も一度深いシワが出来てしまうと元に戻すことがとても難しくなってしまいます。
今少し自分の首を見てみてあれ?もしかして少し出来ている?! と思った方は今から予防していくことをおすすめします。
一度老化が始まると放っておいて改善することは絶対にありません。
人間は生まれて酸素を吸い出して、外に出て紫外線を受け始めると老化は始まっていきます。
しっかりケアをしてやっと予防できるくらいと思っていてください。
これは首のシワだけに限らずのお話です。

女性の体は1ヶ月の中でも何度も体の状態が変わります。
その中でしっかり自分の体やお肌の状態に気づけるように毎日自分の体と向き合って少しの変化に気づけるようにしておきましょう。
そして、気付いた時点で放置するのではなくすぐにその状態を改善するようにケアしていくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事

ページ上部へ戻る