つい見とれてしまう艶肌を作る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは人のお肌を見てどんなお肌を見た時に『綺麗なお肌』と感じますか??
マットなお肌、さらっとした質感のお肌、白いお肌などどれも確かに綺麗なお肌の条件だと思います。
しかし、お肌が綺麗だなと感じる要素として『艶』は絶対的に必要な要素です。
テレビなどを見ていてもファンデーションで埋め尽くされたような肌はどれだけプロがお手入れしていたとしても現代のテレビではすぐにバレてしまいますが、程 よいメイクで艶があるお肌というのは本当に綺麗で見とれてしまいませんか??
女優さんに限らず街中で見る綺麗なお肌の方は絶対に艶があります。
それも上質な潤いがあった上で『艶』が出ているお肌です。
では、その艶を作り出す方法をご紹介していきます。

皮脂が多い『艶』は綺麗には見えない!


絶対に間違えないでおきたい『艶』があります。
それは皮脂でテカっているという状態です。
パッと見た感じでは皮脂の艶と潤いがあるお肌の艶は似ているように見えるかもしれませんが、全く違います。
皮脂がたくさん出てしまうと化粧崩れの原因にもなりますし、毛穴が開いてニキビの原因にもなりかねません。

だからといって艶があるお肌に皮脂は無関係かと言われるとそうではありません。
水分と皮脂のバランスがちゃんと整っていて、やっと艶のある綺麗なお肌になるのです。
理想の比率は皮脂:水分が2:8という状態が一番理想です。
皮脂が全くない状態になってしまうと水分をうまく皮膚の上で維持できなくなり蒸発してしまい乾燥の原因になります。
ですので、皮脂も必ず必要なのです。

艶のある肌を作る方法

保湿をしっかりして化粧下地の土台を作る


艶のあるお肌作りをしていく上で保湿は切っても切れない関係にあります。
しっかり保湿できていないお肌に艶はありません。
乾燥しているお肌、皮脂が出過ぎているお肌はすぐに化粧崩れをしてしまいます。
朝のスキンケアも化粧水などしっかり塗る必要がありますが、浸透しないままお化粧を始めてしまうとファンデーションが浮いてしまうので、1つ1つの工程でぬるっと残った状態で次を塗らないようにして浸透させるようにしましょう。
最後のクリームなどを塗った後は一度ティッシュで軽く押さえることにより余計な油分を取り除いていくことができますので、昼過ぎに少し油っぽくなる方は一度ティッシュオフするようにしましょう。

おすすめBBクリーム

ピュアミネラルBBモイスト

化粧水などでお肌を整えた後にこれを直接塗ります。
伸びもよくてなにより艶がとても出ます。

クーラーや暖房に当たらない


美容大国の韓国の女性の方は徹底的に保湿にこだわる方が多く、クーラーや暖房などには直接当たらないように徹底しているという噂も聞きます。
確かに暖房が効いたところに長時間いると肌が乾燥して来たり唇が乾燥して来たりしますよね。
これは確実にお肌の水分がどんどん失われている証拠になります。
お肌の一番上の角質を繋いでいるセラミドが少なくなると乾燥がひどくなり、時には粉を吹く場合もありますのよね。
お手入れ不足な肘や膝を見ると乾燥して粉が吹いている時もあるかもしれませんが、これがもし顔になると本当にトラブルの原因になりバリア機能が低下し一気に老化の原因になってしまいます。
ですので、もしカフェなどに入って暖房が直接当たっているなと感じたりしたら席を変えてもらうくらいの気持ちでいるようにしましょう。

おすすめ化粧水

アベンヌウォーター

冬になって、乾燥すると必須のアイテム。
カサカサした肌にコラーゲンのうるおいを与え、しっとりとさせます。

 

体内にも水分を与える


乾燥を防いでいくには表面から保湿ももちろん必要ですが、中からの潤いも必ず必要です。
エステのお客様でも乾燥を気にする方に限って水分をあまり取らない方が多かったりします。
人間の体の約60%は水分でできていると言われているように水分がなければ生命の維持ができないということになります。
水分が満ち足りている体でこそ健康な状態を生み出していくことが出来るのです。
更に水分をしっかり摂取していない状態になると古い老廃物などが体内に溜まってしまうことになり細胞の中によどみができてしまいます。
元気な細胞があってこそ元気な皮膚を生み出してくれますので、もちろんバリア機能がしっかりした潤いのあるお肌になっていくのです。
冬になると水分摂取が少し少なくなるかもしれませんが、意識して水分を摂るのを忘れないようにしましょう。

お風呂上がりはすぐに保湿


寒くなって化粧水など塗る前に温まりにストーブの前に行ったりしていませんか??
これはとても乾燥する原因になりますので、絶対にやめておきたいところです。
ストーブの前に行くことはもちろんダメですが、お風呂を上がったらすぐに化粧水などスキンケアをすることをお勧めします。
お風呂上がりの状態はお肌に水分が残っている状態ですが、その状態は普段のお肌よりも水分が蒸発していきやすい状態になります。
できれば、体も顔も少し湿った状態くらいでそのままスキンケアする方がいいです。
お肌は少しの時間でも乾燥することが老化を一気に早めてしまう原因となりますので、少しでも乾燥したなと感じる場合はすぐ保湿のケアをするようにしましょう。

ブースターオイルを使用する


最近では化粧水の前に美容オイルを使用する方も多くなって来ているようです。
初めは化粧水の下にオイル?!と納得しにくいかもしれませんが、毎日使用していると効果をとても感じることができます。
ブースターオイルを塗ることはあらゆるお肌トラブルにとても効果的でシワたるみ・シミ・ニキビ・赤ら顔・乾燥肌・毛穴の開きなどたくさんの効果を感じることができます。
なにより私自身ずっと使用していて使用していない時と使用している時のお肌で一番違うのは艶です。
日中自分のお肌から出る皮脂も抑えられていて程よくお肌が潤っていてとても綺麗にお肌を見せることができます。
朝晩のスキンケアに是非取り入れてみてください。

おすすめ美容オイル

メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル 

アルガンオイルは数年間雨が降らなくても枯れないと言われているモロッコの木『アルガン』から採れた身を低温圧搾で抽出したオイルです。
アルガンオイルに含まれているリノール酸、オレイン酸が美肌を生み出してくれ、抗酸化作用もありますので、お肌のアンチエイジングにはとても効果的なものになります。 ニキビがあったりオイルに少し抵抗のある方も一度使用してみると効果をすぐに実感していただけると思います。

 

オイルを飲む

亜麻仁オイル
上記ではお肌に直接オイルを塗る方法をご紹介しましたが、オイルを飲むこともお肌の艶を出していくのにはとても効果的です。
ココナッツオイルなどを飲むとダイエットに効果的と言われていますが、お肌のために飲むのであれば、オメガ3脂肪酸やオメガ9脂肪酸の入ったオイルを飲むことをオススメします。

  • オメガ3脂肪酸・・・亜麻仁油、えごま油
  • オメガ9脂肪酸・・・オリーブオイル、アボガド油、米油など

おすすめ えごま油 

朝日 えごま油

えごま油は、ヘルシーながら少しクセのある風味が特徴的。
ドレッシングなどにして飲むのおすすめです。

 

おわりに


自分のお肌に艶が少し足りないな、もっと欲しいなと思った方は是非試してみてください。
ただしすぐに効果を求めるのではなく根気よくコツコツと毎日ケアし続けることが大切です。
何もしなくてもお肌がとても綺麗な方もたくさんいらっしゃいます。
確かに元から持っているお肌質というものもちろん関係してきますが、ケアしていない方は中から確実に老化していっています。
『今綺麗だから別に大丈夫。』 こう思っている方ほど、年齢を重ねた時に一気に老化が来てエステサロンなどに駆け込むものです。
でもその時から取り返せる美しさはほんの少しです。
今のケアで未来の自分のお肌の質が変わってくるので、日々の中で丁寧にケアしていくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事

ページ上部へ戻る