どうすればいい?産前産後の美容院計画 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おなかに赤ちゃんが出来た。
それは人生においてとても幸せな出来事です。

ですが、妊婦となった女性の生活は180度ガラっと変わるのです。
体つきも、体調も、生活スタイルも全て。

その中の1つに〝美容院〟というものがあります。

カラーやパーマはしていいのかな?
どのタイミングで行けばいいのかな?
髪の毛はどんな風にしておくのが楽なんだろう?
産んだ後は美容院は行けない?

など、産前産後の美容院事情についてあれこれお話しようと思います。

基本的にはご自身の判断。でも美容院は妊婦さんには少々厳しい?


美容院は薬剤を使用するので匂いなどの刺激があったり、長時間座った状態でいなければいけないなど、妊婦さんには少々厳しい状況かなと思います。
昔は長時間座ったままは良くないという話や、カラーやパーマの薬剤は赤ちゃんに良くないなどで、妊婦さんはあまり美容院には行かない方がよいというイメージがありました。
今でも、それを理由に美容院をおやすみされる方もいらっしゃったりしますが、基本的にはご自身の判断にお任せしています。

妊娠中は体調も良いときと悪いときの差が激しかったり、つわりの時期は臭いに敏感になります。
また、ホルモンの影響がかなり左右しますので、いつもは大丈夫なものでもかゆみやかぶれを起こすかもしれません。

今の薬剤はよっぽど問題はありません。
現に妊婦さんでも通常通りパーマやカラーをされていますが、何かトラブルになったという例は今のところないです。
それでも信用できないと思うのであれば、しばらくパーマやカラーはお休みすればよいと思います。

するかしないかは、わたしたちには判断出来ないのが正直なところです。
施術中に気分が悪くなるなどの責任も取ることは難しいので、あくまでもご自身の判断でお願いします。

どのタイミングで美容院に行こうか


妊娠が発覚した後、ほとんどの方はつわりによってしばらく美容院など行ってられません。
それに安定期に入るまでは、やはり身体に負担はかけない方がよいと思うので、安定期に入って落ち着いたら美容院へ行くというのが多い気がします。
だいたい5ヶ月から臨月にかけては、通常通りに通って頂ければいいと思います。

1人で自由に行動出来るのは妊婦さんの間だけです。
その後は赤ちゃんを預けないと美容院へは行けない、小さいうちはあまり長くは預けられないので短時間で済ませなければならなくなります。
1人でゆっくり出来るうちはゆっくりしにいらして下さい。

産後はだいたいお宮参りの直前になんとか美容院へ行くという方が多くいます。
その時に当分手入れしなくてもいいように、というオーダーを受けますが、赤ちゃんを預ける環境によって様子を見ていけばいいのではないでしょうか。
ある程度お子さんが大きくなるまでは、おしゃれも最低限で我慢ということになります。

どんな髪型にしよう?おすすめは縛れる長さ


まずよく相談されるのは、出産後にしばらく美容院へ行けなくてもよい髪型は?というもの。
わたしはまず間違いなく、縛れる長さを残すことをお勧めしています。
長いと洗ったり乾かしたりは多少大変かもしれませんが、それより邪魔にならないことの方が重要だと思うのです。
出産間近になると身体を動かすのも大変になりますし、出産後は自分の身の回りのことはなかなかきちんと出来なくなるものです。
縛れる長さがあれば、最悪まとめてしまえばよし!となるのでかなり楽です。
なのである程度長さは切っても、縛れるだけの長さは残しておくといいと思います。

ですが、出産後は多くの人がばっさり切る気がします。
妊娠中もそうですが、出産してからも授乳によってたくさんの栄養分が赤ちゃんへと送られます。
栄養というのは通常命に関わる順番に配分されますので髪の毛や爪は最後になってしまうのですが、さらに赤ちゃんの分が加わるとなると、相当栄養価の高いものをしっかりがっつり食べ続けなければ髪の健康は維持できません。
なので出産後次第に髪の毛はパサパサボロボロになってしまう可能性が高いです。
そうなってしまうと枝毛や切れ毛が発生し、赤ちゃんに引っ張られるなどしてかなり酷い状態になりかねません。

抜け毛に悩む女性

さらに産後3ヶ月頃から抜け毛が始まります。
ほとんどの方が前髪や頭頂部に抜け毛が発生するので、その後アホ毛に悩まされることになるのです。
その結果、もういいや!切ろう!と決意し、ばっさり短く手入れが楽なようにしてしまうというケースが多くあります。
産後は特に、自分の希望というよりは状況によってそうせざるを得ないという状況に陥りやすいかもしれません。

でも、やはり傷んでしまった髪は綺麗に切って伸ばしなおした方がいいと言えます。
なので、ばっさり切ってから、出来る範囲で手入れをしてもらえた方が後々良いと思います。
どうしても切りたくない、どうしても伸ばしたいという場合は、大変な育児の合間でも最低限の手入れをなんとかしていく必要はありますので、頑張りましょう。

ヘアカラーについて


妊婦さんのほとんどがカラーをどうしていくかで悩まれます。
明るい方が好きだけど、根元が伸びると気になる。
かといって今まで通りには美容院にも通えないという事で暗くする場合がほとんどです。

根元が伸びても気にならない明るさとは、地毛より少し明るい位の色になりますので結構暗めです。
それでも半年近く経ってしまえば、根元もそれなりに気にはなりますし、根元より明るかった毛先の色が抜けてくるのがまず気になるかもしれません。
カラーをしている以上、当分放置してもよしという事はあまりありません。
カラーを我慢しつつ、染めていた部分を切り落としながら地毛に戻すのが1番楽な方法です。

それでも大半の方は、お宮参りの前に1度染めにいらっしゃいますし、そのあとも何とか半年以内には手入れにみえますので、やはり暗めで繋いでいくというのが1番いいのかもしれません。

でもやっぱり明るくしたい!という方は、何とか赤ちゃんを預けてきていただければいいと思いますし、それが難しいのであれば、ハイライトを入れるという方法もあります。
ハイライトは全体には暗めのカラーをして部分的に明るい色をメッシュとして入れる技術です。
全体が暗くても、ハイライトを入れる事で明るく見えますし、全体は暗めなので多少美容院に行けなくても何とかしのげると思います。
ハイライトを入れる時は、ただ単色でカラーをするより少しだけお時間がかかりますが、ハイライトは1度入れると普通のカラーリングより長いスパンで入れ直せばよいのでかなりお勧めできます。

ご自身がどのくらいのペースで美容院へ通えそうなのかと、どういう状態が楽なのかなどを相談しつつ、無理なくヘアカラーが楽しんでいただけたらいいかなと思います。

パーマは毎日スタイリングすることが前提


パーマをかけたらしばらく楽ですよね? とよく聞かれます。
答えNOです。

パーマは確かにかければ楽になるというメニューです。
ですが、パーマは手入れをする、スタイリングをするということが前提であって、手入れやスタイリングをしやすくするためにかけるという考えが正しいです。
パーマも多少のダメージを伴いますから、毎日しっかりトリートメントやベース剤をつけなければいけませんし、完全にしっかり乾かしていただく必要があります。

また、普通のパーマは髪の毛を濡らさないとウエーブやカールが出ません。
そしてスタイリング剤をつけなければセットは維持できません。
毎晩、毎朝、それをしていただける場合はむしろ楽なスタイルであると言えます。

あと、通常パーマというのはだいたい2ヶ月くらいで取れてしまいます。
パーマが取れ始めると変にはねたり、寝癖がつきやすく直しにくくなったりします。
普通であれば、1ヶ月くらいで1度カットをして重さや長さを調整させてもらうものです。
それをしても、やはり残り1ヶ月も経過すればパーマ自体は無くなってしまいますので、また掛け直しという事になります。
となると、逆に面倒ではないかなと感じますが、これも最低限の手入れをするということであれば、ただ縛るだけでもかかってた方がそれなりにアレンジが効くのでいいのでは?とも思います。
いくら時間がなくても、何とかおしゃれは維持したいというような場合は、パーマをかけるというのも1つの手かなと思います。

普段のヘアケアについて


先程も書きましたが、産前産後と栄養分が髪の毛まで行き届きにくい状態となります。
初めての出産の方はおそらくびっくりする程、髪や頭皮のダメージを感じるはずです。
産後は特に夜もゆっくりは眠れないですし、育児に追われてなかなか自分にも構えなくなります。
でも最低限のヘアケアはしてほしいなと思います。

最低限というと、
1.なるべくいいシャンプーを使う
2.乾かす前にベース剤を使う
3.きちんと乾かす

この3つです。

シャンプーはヘアケアの基本中の基本。
頭皮や髪の毛の健康はシャンプーに左右されると言っても過言ではありません。
シャンプーの選び方については、多々記事を出していますので参考にしていただけたらなと思います。

正しいヘアケア、基本は正しいシャンプー選びから!正しいヘアケア、基本は正しいシャンプー選びから!
髪の毛を補修するのはトリートメントじゃありません。髪の毛を補修するのはトリートメントじゃありません!シャンプーの見直しのすすめ

そして、洗い流すトリートメントはもちろんのことですが、1番重要なのは洗い流さないトリートメント。
ベース剤と呼びます。
これは栄養の補給と保湿に加えてドライヤーなどの熱から髪の毛を守るという役割も果たしてくれるため、必ず使っていただきたいと思います。

髪は濡れている状態が一番不安定であり、熱によって一番ダメージを受けます。
ドライヤーの前に何もつけないという方はやはり髪の毛はいい状態ではありません。
つけることも面倒だという場合も、ミストタイプのものであればシュッと全体に吹きかけるだけですので手間はかかりません。

ドライヤーで髪の毛を乾かす女性

最後はきっちり乾かすこと。
赤ちゃんとお風呂に入った後は、どうしても赤ちゃんのことが先になってしまいます。
赤ちゃんを拭いて着替えさせた後でもいいですので、なるべく髪の毛が濡れている時間は短くしましょう。

わたしも息子がまだ赤ちゃんの頃は、着替えさせたら足元にバウンサーを置いて足で揺らしながら髪の毛を乾かしていました。
毎日そうしていれば子どももそれが習慣になりますから、案外余裕も作れるものです。

よく、自然乾燥させるという話を聞くのですが、自然乾燥というのはなかなか完全には乾かすことが出来ません。
根元からしっかり乾かしておかなければ、根元の水分が毛先の方へ流れていくため、一見表面は乾いたように見えても内側の髪の毛は湿った状態が続いてしまうのです。
髪の毛が湿っている間は空調の風や少しの摩擦でもダメージを起こしやすくなります。

さらにその髪を縛って寝るという方もたまにみえますが、縛ったりまとめてしまうとその部分からカビが発生したりもします。
タオルを巻いて寝るのも同じです。 カビは髪の毛だけでなく、頭皮にも悪影響です。
それによって、かゆみやフケ、匂いやかぶれ、ニキビや乾燥などのトラブルを引き起こし、さらに抜け毛やクセの発生、毛のダメージにも繋がっていくので後々大変なことになってしまいます。

時間に追われるのは重々承知の上ですが、最低限のケアは習慣化していただきたいなと思います。

お子さんを連れてのご来店はOKか


最近は託児ルームを完備した美容院も多くあります。
そういった場所には資格のある保育士さんが常勤されているので安心して美容院へ行けますね。

ですがスペースなどの諸事情で託児スペースが確保できないというサロンももちろんあります。
わたしが勤めているサロンも託児ルームは完備していない為、お子さんは待ち合いにてお待ちいただくことになってます。
中にはお子さんを連れてのご来店は控えてください、というサロンもあるようです。
基本理念にお客様のリラクゼーションなどを掲げているサロンなんかは他のお客様のことを考慮した対応なのかなと思います。

でも、〝待てる〟のであれば、予約時に確認した上で連れて行くのもありではないかなとわたしは思います。
お客様にもいろいろな方がみえます。
独身の方やお子さんのいない方、子どもがあまり好きではないという方もいらっしゃるので、走り回ったり大声を出すような状態は正直困ります。
なるべく待ち合いの中で本を読んだりゲームをしたりしながら待ってていただきたいなと思います。
スマホやタブレットで動画を見ている幼いお子さんはよくいらっしゃいますよ。

産前産後の美容院事情まとめ


いろいろと調べていくと、産前産後の美容院事情について1番多かった質問が、産前最後の美容院はいつ?という質問でした。
1番多かった返答は産前1ヶ月前、妊娠9ヶ月の時というものでしたが、わたしが担当させて頂いているお客さんで、予定日の1週間前にご来店される予定の方もみえます。
出産が2人目、3人目となると出産にも気持ちの余裕が出来るので1週間前までギリギリ詰めるのかもしれません。
逆を言えば、やはり産後はしばらく来られないため、少しでもギリギリがいいという経験者の考えなので参考になるのではないでしょうか。

メニューはカットだけの方もいれば、カラーとカット、パーマをかける方もみえます。
こればかりはお客さんがどうしたいのかによってメニューは変わってきますが、9ヶ月や臨月ともなると、身体が重たくなり、あちこち辛い時期になりますので、同じ体勢でも座っていられるかどうかの様子も見ていただきたいなと思います。

カラーを普段からされている方や、白髪があってどうしても染めておきたいという方は、根元が伸びても気にならないように、いつもより暗めに染めておくというケースが1番多いです。
カラーは時間が経つにつれて、ダメージや根元の伸び具合が目に見えて分かるので、手入れをしておくと後々気にしなくていいですよ。

産後については、周りがどれだけ協力してくれるかということにもよりますが、1番引っかかるのは授乳の間隔かなと思います。
やはり授乳の間隔が短い間は、長時間預けることが難しいと思います。
カットだけか、カラーだけというのが無難でしょう。

なかなか来れなくなるとはいえ、最近は産後でもまめにご来店される方が多いです。
それはやはり旦那さんやご両親の協力があるということですね。
それに、産後は育児の疲労やストレスも溜まりがちです。
ストレスや疲労は適度に発散しなければいけません。
上手にお願いしながらたまには息抜きするように出来るといいですね。

おわりに


赤ちゃんをお腹で育て、また生み育てていくためには自分の身を削るだけでなく、自分の生活や時間さえも拘束されてしまうもの。
本来おしゃれがだいすきな女性もこの時ばかりは髪や肌もぼろぼろになりやすく、気持ちの面でもストレスは避けられません。
少しの時間しかいられなくても、美容院でリフレッシュすることでまたがんばろうと思っていただけたらいいなと思います。

美容院サイドは、産前産後どちらでも大歓迎です。
わからないこと、不安なことなどは担当と相談しながら、少しでも綺麗を保てるお手伝いができると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事

ページ上部へ戻る