お泊りの強い味方・おすすめナイトパウダー6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

すっぴんに自信がないのにお泊り…
寝化粧ってどうなの?
どうしても寝化粧をしたい時は?
ナイトパウダーという選択肢
おすすめのナイトパウダー6選
 ・資生堂 スノービューティー
 ・クラブ すっぴんパウダー
 ・ETVOS(エトヴォス)ナイトミネラルファンデーション
 ・メリカ ワン・ブラッシュ シルクパウダー
 ・キャンメイク シークレットビューティーパウダー
 ・エテュセ 薬用アクネ ナイトタイムディフェンス
さらさら肌で楽しいナイトタイムを!

 

すっぴんに自信がないのにお泊り…


友達や恋人とのお泊りや旅行は楽しいものですね。
でも、普段メイクを頑張っている人の中には、すっぴんを晒すことに抵抗のある方も多いのではないでしょうか。
「毛穴が気になる。」
「スキンケア仕立ての肌や、起き抜けの肌のテカリが気になる。」
おそらく大多数の女性が他人と寝起きする場合にそんな風に考えたことがあるかと思います。

寝る前にメイクを落とすにしてもお風呂で崩れてしまうし、
かといってお風呂上りにがっつりメイクをし直すのも何か違う気がする…。
そもそも寝る直前までばっちりメイクで居られたら、相手も気を遣いますよね。
それならば寝る時だけ薄化粧に変えれば良い…と思われるかも知れませんが、
美容的な観点からも、見た目の観点からも、寝化粧はおすすめできないのです。

 

寝化粧ってどうなの?


寝化粧をおすすめできない一番の理由は、肌が荒れてしまうからです。
肌にとって化粧は異物であり、とても負担がかかるものです。
毎日の化粧でさえ、出来る限り短時間で落としておきたいもの。
誤解をおそれない言い方をすれば、化粧をしたまま寝るというのは汚れた雑巾を顔に乗せて寝ているような状態なのです。

化粧品に吸着された皮脂は酸化します。また、化粧品は汚れも吸着します。
長時間化粧をしていると、化粧品そのものの負担に加えて、それらの汚れが肌に乗っている状態が続くため、肌トラブルが起こりやすくなるのです。
皮脂分泌や汚れの排出が促進される睡眠中に化粧をしていたらどうなるかは想像に難くありませんね。

メイクをしたまま寝てしまうデメリットはまだあります。
これはどの化粧品を使っても同じことですが、例えば枕にメイクの色が移ってしまうこと。
朝起きたら枕がオレンジや黒で薄汚れていた…なんてことも十分ありえる事態です。
メイクの汚れは油汚れのような頑固で落ちづらいもの。
自分の枕でも汚れがつくのは嫌ですし、みっともないですよね。
宿泊先の枕をそんな風に汚すのはより一層、心苦しいと思いませんか?

そもそもメイクをしたまま寝たとして、そのメイクが崩れない可能性はゼロに近いでしょう。
皮脂分泌寝汗寝返りによる摩擦
メイクが酷く崩れる要素はいくらでもあります。
ムラまみれのベースメイクとパンダのような目で朝を迎えるくらいなら、多少の粗があったとしても素肌で寝た方がよほど可愛らしい顔で目覚められます

 

どうしても寝化粧をしたい時は?

徹夜で起きている場合など、どうしても夜中に化粧をせざるを得ない場合は、ミネラルファンデーション24時間つけられると銘打ってある化粧品で薄く化粧をしましょう。
それでも肌に負担がかかることは間違いありませんが、一般的な化粧品を夜通しつけているよりかは負担が軽減されます。
一般的な化粧品を使った厚化粧で一晩過ごすのは何としても避けましょう
肌が疲れて荒れ果て、ニキビや乾燥小じわだらけの最悪なコンディションになり、後悔します。

何度も書きますが、寝化粧は絶対におすすめしません
ですが、どうしてもすっぴんで居るのは不安、という方もいらっしゃるでしょう。
そんな方におすすめなのが、「ナイトパウダー」という夜につけるフェイスパウダーです。

 

ナイトパウダーという選択肢


ナイトパウダーは、夜のスキンケアの仕上げとして使うフェイスパウダーのこと。
スキンケアの仕上げとして使うことが前提とされているため肌への負担が限りなく軽く、不自然ではない程度に肌を整えて見せてくれます
パウダーなのでスキンケア後のテカリも抑えられますし、すっぴんに抵抗がある方にとっては「何かつけている」という安心感にもなるでしょう。
極端に寝汗をかいたりしない限り、朝までサラサラの肌を保てるため、起き抜けのテカリ顔も防げます

ナイトパウダーの多くには美容成分、美白成分、保湿成分などのスキンケア成分が配合されています。
「パウダーは余計な水分やら皮脂やらを吸収するから乾燥しそう…」
そんなことを思う方もいらっしゃるかも知れませんね。
ですが心配には及びません。
肌への負担や乾燥をはじめとするトラブルを起こさないからこそ、ナイトパウダーやスキンケアパウダーは夜用の化粧品として販売されているのです。

ナイトパウダーをつけても乾燥しないのは、パウダーが肌表面の「余分な」水分を保持するという性質を持っているためです。
スキンケアをした後にナイトパウダーを使うと、そのうるおいをパウダーが保持し、水分を含んだ粒子の層を肌の上に作り出します。
このことにより肌表面の余計な水分が蒸発しにくくなり、うるおいが保たれるのです。

ただし、この効果を得るためには適切なスキンケアが必要となります。
スキンケアもせずに使用してしまうとパウダーが均一に乗りませんし、そもそもパウダーがうるおいを含むこともないため想定されている効果が得られません。
面倒であればオールインワン化粧品でも良いので、スキンケアはしましょう。
パウダーを使うにしても使わないにしても、メイクを落とした後の保湿は何よりも大切だと考えて下さい。

 

おすすめのナイトパウダー6選

資生堂 スノービューティー

資生堂 スノービューティー

7,020円(税込)
スノービューティーは資生堂マキアージュから毎年冬に限定商品として発売されているパウダーです。
m-トラネキサム酸配合で美白効果があり、ナイトパウダーとしてだけでなく、日中のメイクのフィニッシングパウダーとしても使用できます。
そのため、昼用のパフと夜用のパフが付属しているのも嬉しいポイント。
可愛らしいパッケージにはテーマが決められており、毎年デザインが変わるためコレクターも多い商品です。

クラブ すっぴんパウダー

クラブ すっぴんパウダー

1,728円(税込)
ディスカウントストアなどで気軽に手に取れる保湿成分配合のパウダー。
実際に目にする機会が多い分、ナイトパウダー初心者にとっても身近に感じやすい商品なのではないでしょうか。
大きくふわふわとしたパフが付属しており、さらっとした仕上がり。
ほのかについた香りが特徴のパウダーで、限定の香りが発売されることも。

ETVOS(エトヴォス)ナイトミネラルファンデーション

ETVOS(エトヴォス)ナイトミネラルファンデーション

4,500円(税込)
ミネラルファンデーション スターターキットはミネラルファンデーション、ナイトミネラルファンデーション、2,000円相当のファンデーションブラシ、その他特典がついて送料無料1,944円(税込)

レビュー記事はこちら

保湿成分、整肌成分を配合したミネラルパウダーです。
ミネラルファンデーションの下地、仕上げ用パウダー、ナイトパウダーなど複数の用途に使用可能です。
これだけでも肌がツヤツヤになるので寝化粧には最適な商品だといえます。

メリカ ワン・ブラッシュ シルクパウダー

メリカ ワン・ブラッシュ シルクパウダー

1,370円(税込)
ピュアシルク100%で出来た珍しいパウダーです。
シルクには吸湿性・保湿性があるため、水分が多すぎる時は吸収し、足りない時は放出して肌表面の水分バランスを程よく整えてくれます
微粒子シルクの効果で、さらっとした透明感のある肌に仕上がります。

キャンメイク シークレットビューティーパウダー

キャンメイク シークレットビューティーパウダー

918円(税込)
ドラッグストアで買えるプチプラコスメブランド・キャンメイクからも24時間使えるパウダーが2017年5月に発売されました。
コンパクトは手の平に乗るサイズなので携帯にも便利。
保湿成分皮脂吸着成分を配合し、ソフトフォーカス効果で肌を綺麗に見せます。

エテュセ 薬用アクネ ナイトタイムディフェンス

エテュセ 薬用アクネ ナイトタイムディフェンス

1,944円(税込)
プラザやロフトなどでよく展開しているコスメブランド・エテュセのナイトパウダー。
名前の通り、ニキビや肌荒れを防ぐ成分が入っています。
無香料・無着色・オイルフリーで、さらりと仕上がる薬用パウダーです。
イオウが配合されているため、思春期ニキビには特に効果がのぞめます。

 

さらさら肌で楽しいナイトタイムを!


肌のゴールデンタイムと言われる午後10時から午前2時。
可能であれば眠っていたい時間帯ではありますが、夜が更けると楽しくなるのも事実。
そんな楽しいナイトタイムをヨレヨレのメイクやスキンケア仕立てのべたついた肌で過ごすなんて勿体ないと思いませんか?

ナイトパウダーを使えば、うるおいを保ったままサラサラの肌を演出できます。
髪や寝具がスキンケア後の顔にはりつく、なんていうことももうありません。
いくら夜でもすっぴんで人前に顔を晒すのは心もとない、という女心もしっかりカバーします。

スキンケアの最後に粉をはたくなんて…と初めは抵抗があるかも知れませんが、使ってみるとその快適さに驚くかも知れません。
肌に負担をかけずに、すっぴんを少しだけ手助けしてくれるナイトパウダー
スキンケアの仕上げとして、新たに取り入れてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:みおと

著者の記事一覧

はじめまして、ライターのみおとです。
1987年生まれ、主人とフェレット2匹と仲良く暮らしています。
趣味はカメラに読書、カクテル作り、アロマにハーブ、
セルフネイルにアクセサリー作り…挙げ始めたらキリがありません。
ダイエットが楽しくなって15kg落した経験あり。
ちょっと痩せ過ぎたので必死になってデブエットをした苦い記憶…。
コスメで遊ぶのも好きで、海外コスメにもアンテナを張っています!
皆さまが楽しめる記事を提供できるよう、精一杯頑張ります♪







関連記事

ページ上部へ戻る