明るい派手髪が手軽に楽しめる♪温度で色が変わるヘアカラーがすごい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインカラーが主流となる現代。
ブリーチ剤を使ってハイトーンカラーにしたり、ハイライトや部分的なブリーチをするようなヘアカラーを楽しむ方がかなり増えています。
ブリーチを施した部分は、好きな色を重ねて染めることでより個性的になります。

ひと昔前は、その染料はマニキュアしかありませんでした。
ヘアマニキュアは酸性カラーと呼ばれるもので、髪の毛にただ色を付けることしかできません。
髪の毛の内部に作用することはなく、脱色機能もありません。
髪の毛に絵の具を塗る感覚です。
内部が染まるわけではないので、シャンプーをするごとに少しずつ色が落ちていってしまうので長持ちはしません。
最近はマニキュアの要領でさらにたくさんの色や効果を兼ね備えたカラークリームというものが一般にも手に入るようになり、色が取れてしまってもお家でまた好きな色に染めなおすことができるようになりました。
さらに進化を遂げ、シャンプーしながら髪が染まるカラーシャンプーや、トリートメントに染色効果のあるカラートリートメントなど、お風呂で手軽に髪色が変えられるという時代になりました。

そんな中、温度で色が変わるカラーがあるという情報を手に入れました。
実は最近、2歳の姪が気に入って遊んでいるお人形の髪が、温度によって変わるという不思議を目の当たりにしました。
どのような仕組みで色が変わるのか分かりませんが、手の温度にも反応しました。
それと同じ感じ?? と思いましたが、今回調査したのはその日限りのカラーが楽しめるもの。

ヴィヴィッドムードカラー

ヴィヴィッドムードカラー

【価格】12,780円
「熱」で髪色が変化する新しいタイプのクリーム。
ドライヤーだけでなく、太陽光でも変化します。

 

ヴィヴィッドムードカラー(VIVIDS MOOD COLOR)


ヴィヴィッドムードカラーは海外からやってきた不思議なカラークリームです。
内容は、ベースクリーム1本と、4色のカラーパウダーのセット。
髪の毛の長さにもよりますがだいたい5回から10回の使用ができます。
クリームとパウダーを混ぜて塗布するようです。

色は、

  • ライムグリーン〜サニーイエロー
  • トロピカルピーチ〜パステルブルー
  • スモーキーグレー〜ローズゴールド
  • クールバイオレット〜ウォームピンク

の4色。
セット売りなので単色で購入は出来ないようです。

クリームとパウダーの他には、スプーンと塗布用のスポンジがついています。
実際に使ってみた動画を見させていただきましたが、カップにクリームと好きな色のパウダーを決められた分量混ぜ、スポンジで髪の毛に塗布。
普通にカラー剤を髪の毛につける要領で使っていました。
しっかりつけた後、ドライヤーを使って髪が乾いてサラサラになるまで乾かします。
それでもうOK。
動画では黒髪でもまあまあ綺麗に色がついていましたが、かなり彩度の高い発色がされるので、やはりブリーチをした髪に使うのが変化が楽しめるかなという感じです。

ヴィヴィッドムードカラーを購入するには?

スマホでショッピング
現在はAmazonや楽天など大手ショッピングサイトでも購入できます。
少し前までは日本で購入すると倍くらいの金額になっていました。
今はだいたい定価くらいの価格で購入可能です。

ヴィヴィッドムードカラー

ヴィヴィッドムードカラー

【価格】12,780円
「熱」で髪色が変化する新しいタイプのクリーム。
ドライヤーだけでなく、太陽光でも変化します。

美容院では売ってない?

美容院で髪を染めるためにカラーの相談をする女性
美容院では取り扱いがあまりないようです。
あくまでも1日染めのコスメと同じ扱いになりますので、スタイリング剤と同じ感覚で取り扱っている美容院はあるかもしれませんね。
TVなどで紹介もされていますので、人気が出るのは間違いなさそうです。

熱を使うからケアは忘れずに…

濡れた髪の毛
熱といっても体温にも反応するものなのでさほど高温を当てる必要はなさそうですが、塗布後にしっかりドライヤーで乾かす工程があることと、アイロンやコテを使用する場合は必ずベースに熱から守ってくれるトリートメントを使用しましょう。
長時間高温を当てるのも避けてくださいね。

このカラー自体はシャンプーで落とせるものなので髪に負担や害はないと思います。
ただやはり、髪の毛というのはみなさんが思う以上にデリケートなものです。
さらにハイトーンにブリーチしてからの使用となるとさらに日頃の手入れが必要です。
髪の毛のケアは忘れないでください。
ケアをした上で思う存分楽しんでいただけたらなと思います。

実際の使い心地は?


カラー剤自体は不思議な独特の香りがするそうですが、昔のカラー剤のような嫌な臭いとかではなさそうです。
海外の動画などでは、なんだか簡単に使い方の説明がされてあっという間に綺麗に仕上がります。

でも実際は、塗布も複数の色を分けて塗ると色移りしてしまったり、乾かすのもなかなか乾きにくくて苦労していました。
また、乾かす際にブラシを使ってしまうと色が落ちてしまうという意見もありましたので、くるくるドライヤーを使う方は注意しましょう。

ただ単に髪を染める目的のカラークリームは、塗布するにも洗う際にも洗面台やお風呂場が汚れてしまうのが大変ですが、ムードカラーに関しては洗う際にお風呂が汚れるということはなさそうです。
でもおそらくですが、塗布するにも乾かすにも、乾ききるまではいろいろな所に色がついてしまうはずです。
1日染めなので拭けば落ちるとは思いますが、使用の際は細心の注意を払いましょう。

おわりに

どんどん面白いものが登場しますね。
髪の毛もおしゃれにすると気分も上がります。
みなさんも是非1度試してみてはいかがですか?

ヴィヴィッドムードカラー

ヴィヴィッドムードカラー

【価格】12,780円
「熱」で髪色が変化する新しいタイプのクリーム。
ドライヤーだけでなく、太陽光でも変化します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事

ページ上部へ戻る