メイクで色っぽく見せるにはツヤ感が決め手。肌質別ツヤ肌の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが目指す肌は何肌?

メイクで作り出す肌には、大きく分けてマット肌・ツヤ肌とあります。

それぞれ特徴として、

  • マット肌
    しっかり化粧をしていますという感じが出ますが、アラのない陶器肌で綺麗にカッコいい雰囲気を作り出すことができます。
  • ツヤ肌
    水分がたっぷりあるかのように見え、素肌っぽさを醸し出すことができ、ナチュラルで女性らしさを出すことが出来ます。

今はどちらかというとツヤ肌が流行りではありますが、作り方を間違えてしまうと、テカリのように見えてしまったり、逆に毛穴が目立ったり、ヨレやすくなってしまいがちなのがツヤ肌の難しいところ。肌質によってツヤの出し方を変える必要があります。

ここでは、ツヤ肌の作り方を、肌質別に分けてご紹介していきたいと思います。

まず、大事なこととして【ツヤ=テカリではない】ということ。
テカリやすい場所はしっかり皮脂を抑えてツヤを出すべき場所にツヤを作り出すことが大切。

ツヤ肌ベースを作るためのベースメイク用コスメはたくさん販売されていますが、それならどれを使ってもいい!と思ったら大間違いです。
例えばこのモデルさんのツヤ肌になりたい!と思って、そのモデルさんの愛用しているベースメイクコスメを真似したとしても、同じような肌が作れるかといえばそういうわけでもないのです。
ツヤ肌を作るには多少の知識と、まず自分の肌を知ることが大切。

では、肌質別にツヤ肌の作り方とポイントをご紹介していきますね。

乾燥肌のツヤ肌の作り方・ポイント

乾燥してひび割れた肌
乾燥肌の方がツヤを出すには、まずしっかり保湿をすることが大切。
乾燥でカサカサしていては艶っぽさは作り出せません。
スキンケアの段階でしっかり保湿をして、ベースメイクに使うコスメもツヤ肌用のものや保湿力が高いものを選びましょう。

オススメツヤ肌の作り方
1.クッションファンデーションを使う

ツヤ肌ファンデーションというと一番に挙げられるのがクッションファンデーション。
水々しいファンデーションでしっかりカバーをしつつ、ツヤ感を残します。
上からパウダーはせず、クッションファンデーションのみで仕上げましょう。

ベースがクッションで仕上げたらチークやハイライトもパウダータイプではなく、クリームタイプにするのがポイント。
パウダータイプだとせっかくのツヤが粉っぽくなってしまうので、クリームチークを指で馴染ませて、自然な血色感を出します。

オススメツヤ肌の作り方
2.リキッドファンデーションにオイルを混ぜる

スキンケア用オイルでしたらお好みのオイルで構いません。
オイルを1滴、リキッドファンデーションに混ぜてしまいましょう。
保湿力もアップして、ツヤ感も出ます。
上からお粉で抑えたい場合は、しっかりお粉をはたいてしまうと粉っぽさが出てしまうので、粒子の細かいプレストタイプのパウダーをパフではなくブラシでささっとつけるか、ツヤ肌用の細かいパール感のあるお粉をささっとはたく程度にしておくのがオススメです。

乾燥肌用オススメコスメ

MISSHA クッションファンデーション モイスチャー

1000円+税
1000円とプチプラながら、カバー力もあり、ツヤ感を出してくれます。
クッションファンデ初心者はまずこちらからトライすることをオススメします。
シルバーのマット肌タイプもありますが、ツヤ肌を作りたいのであればゴールドのモイスチャータイプを選ぶのがオススメ。

乾燥肌用オススメコスメ

Burberry フレッシュグロウ ルミナスフルイドベース

30ml 5000円+税
下地のオススメといえばこのBurberryの下地。
下地に仕込むだけで上に重ねるファンデーションがいつもと一緒でも艶々に仕上がります。
バーバリーのコスメは日本撤退してしまいましたが、オンラインは残っていますので、ぜひネットで購入をオススメします。

 

脂性肌のツヤ肌の作り方・ポイント


脂性肌の方がツヤ肌用の保湿力の高いファンデーションを選んでもツヤというよりテカリに見えてしまったり、どうしても皮脂崩れしやすくなってしまいます。

オススメツヤ肌の作り方
1.重要なのは「ベース」作り

脂性肌の方がツヤ肌を作るには、まずベースメイクは皮脂崩れ防止タイプを使って皮脂を抑えしっかり崩れにくいベースを作ります。
ここでしっかりめにカバーしすぎてしまうとツヤ肌に仕上げてもナチュラル感が出ないので、かばーしすぎず、ナチュラルめに仕上げておくのもポイントです。

チークやハイライトも極力パウダータイプを使うのがオススメ。
クリームタイプを使ってしまうとベースが崩れてしまったり毛穴が目立ってしまったりヨレの原因になってしまいます。

オススメツヤ肌の作り方
2.ツヤ感には「ハイライト」を活用しよう

ではどこでツヤ肌を演出するかといえば、ハイライトです。
カバーしたいところはコンシーラーやファンデーションでしっかりカバーするのではなく、ハイライトやチークのツヤ感で粗を目立たなくさせる隠し方にするとナチュラルな素肌感を演出できます。

そしてツヤ肌にするメインのハイライトは少々こだわりましょう。

ハイライトもパウダータイプを使うと言いましたが、濡れたようなツヤ感が出るパウダーハイライトを選ぶのがオススメ。
鼻筋の高い位置に少しと頬骨のCゾーンにささっと入れることで自然なツヤがでます。
本当にハイライト一つで仕上がりイメージが一気にツヤ肌に変わるのでハイライトは絶対に欠かせないメイクポイントです。

脂性肌オススメコスメ

ボビーブラウン ハイライティングパウダー ピンクグロウ

5800円+税
ミラーのように反射するパール入り。
サラッと細やかで、繊細な輝きを与えるハイライト。
顔だけでなく、目元、デコルテなどへの使用も可能です。

脂性肌オススメコスメ

ローラメルシエ フェイスイルミネーター ディボーション

 5200円+税
きめ細かく、サラサラとした手ざわりのファンデーション。
ふんわりと肌になじみ、自然で滑らかな肌を演出します。

 

まとめ


乾燥肌の方は皮脂を味方にツヤに変えることでより艶っぽさがでて、綺麗なツヤ肌を作り出すことができますが、脂性肌の方は皮脂をしっかり抑えて上からハイライトでツヤを作り出すというイメージです。

目指すところは同じツヤ肌でも、作り方は肌質によって全く異なります。
今は本当に多くのコスメがあるので、自分の悩みを解決してくれるコスメは必ずあります。
なりたい肌質になれたり、なりたい自分に近づけるのがメイクの魅力なので、まず自分の目指すものはどんな肌なのか、どんなイメージなのかを明確化することが大切です。

その上で、今の自分には足りないものを導き出していくとよりメイクが楽しくなると思います。
せっかく女性に生まれたからには、メイクを味方に自分をより輝かせていきましょう★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:chiemin

著者の記事一覧

とにかく美容が大好きです。
コスメ、スキンケア、香り、インナービューティー、ライフスタイル、、女性の美について多方面から、読んでいてわくわくする、楽しい、わかりやすい記事を丁寧に書いていきたいと思っています。
美容薬学検定1級、日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ、ダイエット検定1級を取得。







関連記事

ページ上部へ戻る