日焼け止めが苦手。日焼け止め以外の紫外線予防方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日焼け止め独特のにおいやテクスチャー。
苦手な方は多いですよね。
実は私も苦手です・・

確かに日焼け止めクリームは手軽で、塗っておけばとりあえず安心、という安心感もあります。
ですが、日焼け止めは塗りムラがあったり、こまめに塗り直す必要があったり、日焼け止めクリームだけで紫外線を予防できるわけではありません。

日焼け止めクリーム以外の紫外線予防方法はあるのでしょうか。

日焼け止めを塗らずに紫外線予防するには?~直接的な紫外線予防法~


まずは紫外線を直接受けないようにするための方法と、それらの選び方のポイントをご紹介していきます。

日傘


日傘は昔から定番の紫外線予防方法ですね。
紫外線予防効果はもちろんですが、自分の上に日傘を指すので日陰を作ることができて暑さ対策にもなるので、夏は折りたたみタイプの日傘をカバンに入れておくと紫外線対策・暑さ対策・髪、頭皮の日焼け対策にもなります。

日傘の選び方のポイント

実は選び方のポイントは色ではないんです。
もちろん色によって透過率(紫外線が透けて通る量のこと)は違ってきます。
透過率でいえば黒が一番低いので、黒の日傘が一番紫外線を透過させないとも言えますが、日傘を買う際に一番重要視すべきことは、色よりもUVカット率・遮光率を見ること。
日傘として販売されているものにはほとんど遮光率・UVカット率が記載されていますので、例えば遮光率・UVカット率が99%・100%であれば黒に限らず白でもピンクでも何色でもOKです。

サングラス


サングラスは海に行く時や運転中に眩しくて見づらくなるのを防止するためにかける方が多いと思いますが、目も日焼けするので必ず対策したい場所です。
目が日焼けすると、充血するだけでなく、そこから肌へも影響が出ると言われているので、日焼け止めが塗れないからといって諦めるのではなく、サングラスや目薬を使って対策しましょう。

サングラスの選び方のポイント

そしてこちらも日傘同様、色ではないんです。
単純にレンズの色が暗いと紫外線カットされている気になりがちですが、目は暗いと瞳孔が開きますので、紫外線カット効果のないサングラスで濃いレンズのものをつけると、逆に目が紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。
もし紫外線カット効果のないものを選ぶのであれば、逆にクリアなサングラスを選んだ方がいいと言われています。

サングラスを選ぶ際に重要視すべきことは紫外線透過率・紫外線カット率です。
紫外線透過率が、1.0以下であれば、99%以上の紫外線をカットできます。
サングラスの表記を見ているとUV400・UV380などの表記を目にすることがあります。これは紫外線をどの程度の波長カットできるかという数値になります。

  • UV400=400nmまでの紫外線をカット 紫外線カット率99%
  • UV380=380nmまでの紫外線をカット 紫外線カット率90%

UVカット、とだけ記載されているものもありますが、波長の長さまで記載されているものを選ぶと尚良いです。

手袋

紫外線対策手袋
ここでいう手袋とは運転時などにつける腕まである紫外線カット用の手袋です。
夏は半袖やノースリーブなどを着る機会が多いので、車に常備しておくことで日焼け止めを塗れていなくても簡単に予防することができます。
また直接的に日光の暑さをジリジリと感じなくていいので暑さ対策にもなります。

手袋の選び方のポイント

こちらも上ふたつと同様、紫外線カット率・紫外線透過率・SPFなどの表記がされているので、そこを重要視して選びましょう。

あとは、長さや指までカバーできるかどうか、滑り止めがあるかないかなどで自分が求める条件で選ぶのをオススメします。
運転時につけるのであれば、指が空いているタイプか滑り止め付きのタイプにする方がハンドル操作する上では滑りにくく安心です。

~間接的な紫外線予防~


直接紫外線を受けないようにする直接的なケアだけではなく、【紫外線の影響を受けづらくする肌作り】をする間接的な紫外線予防も大切です。

サプリメント状の飲む日焼け止め

スプーンにのったサプリ
ここ数年話題になっているのが、飲む日焼け止め。
ネットや美容皮膚科での販売が一般的でしたが、最近はドラッグストアでも販売されるようになりました。
1日1錠飲めばいいものもありますが、よくあるのは、陽に当たる30分前に服用して効果が2時間程度のもの。
日焼け止めクリームが苦手な方や、塗り直しがなかなか出来ない方にはオススメの方法です。
毎日飲むには割高ですが、特に日焼けしやすい日に飲む日焼け止めを取り入れるのはオススメ。

おすすめ

nouv 飲む日焼け止め

1シート 10粒入 1,800円
日本製
美容クリニックドクター監修

家を出る前にアセロラジュースを一杯


ビタミンCを積極的に取り入れることでメラニン色素の生成を抑えてくれるので、毎日朝飲むことで紫外線の影響を受けづらい肌へ近づけてくれます。
もちろんこれだけで紫外線対策が終わりではありませんが、おいしく続けやすい方法なので、毎日の日課として取り入れるのがオススメです。
他にもリコピンがたっぷりなトマトジュースや抗酸化成分が含まれるにんじんジュースもオススメです。

保湿

スキンケアをする女性
乾燥している肌は紫外線の影響を受けやすくなってしまいますので、基本中の基本として保湿ケアはしっかり行いましょう。
夏だとべたべたしそうでつい保湿を怠りがちですが、保湿をしっかりして水分がたっぷりなお肌は乾燥しているお肌に比べ紫外線の影響を受けにくいです。
また、日焼けをしてしまった場合も、水分補給がとても大切になります。
日焼けをして赤くなっている肌は火傷をしている状態なのでしっかり冷やして、水分をたっぷり与えてあげましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。
紫外線対策=日焼け止め と思っている方が多いと思いますが、それ以外にも出来ることはたくさんあります。
日焼け止めも今は塗りやすいテクスチャーのもの、香りのものがたくさん出てはいますが、やっぱり面倒・・忘れちゃう・・塗り直しができない・・塗り残しがあったら・・など色々心配はありますよね。
一番は日焼け止めと併用ながらプラスアルファで取り入れることがオススメですが、こういったことも紫外線対策にはなるんだということを知って参考にして頂けたら嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:chiemin

著者の記事一覧

とにかく美容が大好きです。
コスメ、スキンケア、香り、インナービューティー、ライフスタイル、、女性の美について多方面から、読んでいてわくわくする、楽しい、わかりやすい記事を丁寧に書いていきたいと思っています。
美容薬学検定1級、日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュ、ダイエット検定1級を取得。







関連記事

ページ上部へ戻る