効果のあるエステはどれ?エステで受けられる世界のマッサージの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エステで受けられるマッサージというのは、もともと世界各国の伝統的なマッサージを日本人好みにアレンジしたもの。
アーユルヴェーダやリンパドレナージュ、ハワイアンロミロミ、ヒロットなど日本のエステには世界の色んなマッサージがさりげなく取り入れられているんですよ♪

アーユルヴェーダ・インド痩身エステ


女性誌にもよく取り上げられているインドエステは何と言ってもデトックス効果が高い!
体の内側からキレイになれてリバウンドもしにくいことから、今若い女性たちの間ではインドエステがかなりアツいんです。

インドエステとは

インドエステはインドで生まれた世界最古の伝統医学「アーユルヴェーダ」がもとになっています。
西洋医学が病気や症状を取り除くことを目的とした医学であるのに対して、アーユルヴェーダは美しく健康に長生きすることを目的にしています。
つまり、インド医学のアーユルヴェーダそのものが美しく、健康であるための治療法なんです。

アーユルヴェーダのマッサージ「アヴィヤンガ」

アーユルヴェーダには、おでこにセサミオイルを垂らして脳の疲れを癒すシロダーラ。
腰や首、眼、お腹などをオイルで温めるバスティ。
頭皮をハーブオイルでマッサージするシローヴィヤンガ。そして肌にオイルを塗ってマッサージするアヴィヤンガがあります。
私たちが日本で受けるインドエステというのはアヴヤンガのことで、「身体と心に溜まった不調の原因となるアーマ(未消化物)や毒素を取り除き、体質に合わせたハーブオイルで身体と心に不足した栄養を補う」といったものです。
疲れや痛みを軽くする、ストレスを受けた身体と心を回復する、眠りを促すなど自己治癒力を高めながら心までもデトックスしてくれるマッサージです。

受け心地はどんな感じ?

いろんなサロンで受けてみて、共通するのは「けっこう強め」「痛いところは痛い」「コリがほぐれる」「ヒートマットで発汗付き」です。
心に溜まったモヤモヤも、全身に溜まった脂肪と老廃物も、エステティシャンの方がえぇ〜い!とパワフルに全て揉みだしていってくれます。
仕上げはヒートマットに包まれて心地よく汗を流し、終わった後はボディラインや顔つきが変わるほど心身ともに本当にスッキリします。

リンパドレナージュ


美容、ダイエット効果のあるマッサージでまず思い浮かべるのがリンパマッサージではないでしょうか。
リンパマッサージは正式にはリンパドレナージュと言ってドレージュはフランス語で「排出する」という意味があります。

リンパドレナージュとは

静脈に沿うかたちで存在するリンパ菅には、体内の老廃物を回収してまわるリンパ液が流れています。
なのでリンパ液の流れがよくないと、体内の老廃物がきちんと回収、排出されず免疫力が低下したりむくみの症状が出ます。
リンパ液は心臓のポンプ機能で流れているわけではないので、ストレス、冷え、疲れ、緊張などですぐに流れが滞ってしまいます。
その代わり、肌を優しく静脈に沿って撫でることで流れをスムーズにすることができます。これがいわゆるリンパドレナージュです。

もとはがん治療のためのものだった

リンパドレナージュはもともとフランスの医療現場で生まれた、がん患者の症状を和らげるためのマッサージでしたが、一体どのタイミングで美容にいい!となったのでしょう?
1930年フランスでリンパドレナージュという療法が編み出されてから6年後、同じくフランスはパリで開催された健康と美容の博覧会にてむくみやセルライトに対して効果があることが発表されました。
これをきっかけにリンパドレナージュは健康と美容に効果があるマッサージとしてあっ!という間に世界に広がり、世の女性たちのポピュラーな美容法となりました。

受け心地はどんな感じ?

本来のリンパドレナージュはやさしくやさしく、肌を撫でるようなマッサージです。
リンパ液の滞っている部分はやさしく撫でられるだけでもまぁまぁしっかり摩られているように感じます。
また、「深層リンパ」など筋肉もリンパもほぐすタイプのリンパマッサージはやや強めになります。
太ももの内側などはイタタタタ!!と声が出てしまうこともありますが、耐えられずに強さを弱めてもらっても効果そのものに問題ありません。
定期的に受けることで体の巡りがよくなったり、風邪をひきにくくなるなどの効果が実感できます。

ハワイアンロミロミ


ハワイ旅行に行った時に受けてハマった!という方も多い、ハワイアンロミロミ。
ゆったりまったりなリラクゼーションのイメージがやや強い気がしますが、実際にはどんな効果があるんでしょう?

ハワイアンロミロミとは

ロミロミはLomi Lomiと言って古代ハワイアンが医療として行っていた伝統的な癒しの方法なのだそう。
ニュアンス的にアーユルヴェーダのアヴィヤンガに近い感じですね。
かつての古代ハワイでは自然と大地のエネルギーのことを「マナ」と言っていました。
そして自然の力を操ることができる人を「カフナ」と呼んでいました。
とっても平たくいうと植物がもともと持っている力が「マナ」で、その植物の力を薬として人に処方するお医者さんが「カフナ」みたいな感じです。(本当はどちらももっと大きなものです)
ロミロミはカフナによる医療行為の一つで、手の平や腕全体を使って筋肉をほぐしたり、温めた石(ホットストーン)をのせたり、木の棒を使うなど今とほぼ変わらないマッサージが行われていました。
ロミとは「押す」「もむ」という意味で、ロミロミを英訳すると「ハワイ式マッサージ」というそのままの意味になります。

忙しい毎日を送る人におすすめ

ロミロミは古代ハワイアンの医療行為の一つというだけあって、実際に健康維持に役立つ効果がちゃんとあります。
背骨の両脇にある脊柱起立筋という筋肉をよ〜くほぐすので、上半身の疲れを全体にスッキリと解消し、さらに自律神経の過度な緊張も緩めてくれます。
また、手のひらや腕、ホットストーンやツリー(木の棒)など広い面を使ってダイナミックに揺らすようにほぐしていくので、全身の筋肉が緩み、同時にリンパの流れもスムーズになります。
そしてなんと言っても癒されるのがロミロミのリズムはハワイの海の波のリズムということ!
頭と心がいつもピリピリしている人も、穏やかなリズムにつられていつのまにか深く眠り、リラックスすることができます。

受け心地はどんな感じ?

日本で受けるハワイアンロミロミは指圧とオイルマッサージが組み合わさった、やや細かめな印象です。
本場ハワイに比べると、日本人好みの細かく指を使ってほぐすようにアレンジされています。
ほどよい強さと、温かく優しい手や腕にすっぽりと包み込まれる感覚がとても心地よいです。
本格的なロミロミが受けたい!海の波を感じたい!という場合は、ロミロミをメインにしているサロンがおすすめです。
全体的にはどのサロンでも背中をしっかりほぐしてくれるので、神経が疲れている方、背中全体が疲れている方、猫背改善にかなりおすすめです。

スウェディッシュマッサージ


最近ちょこちょこ見かけるスウェディッシュマッサージ。
高級志向の隠れ家サロンや、美容機器をメインで扱うサロンのボディトリートメントメニューとしてよく見かけます。

スウェディッシュマッサージとは

スウェディシュマッサージは別名クラシックマッサージと言って、西洋式のオイルマッサージの元祖的なものです。
ちなみにスウェーデンで生まれた訳でもなんでもないのに、なぜか日本ではスウェディッシュマッサージと言われています。
西洋医学の目的は病気や症状を取り除くことです。
スウェディッデュマッサージは西洋医学の「解剖学」をもとに考えられたマッサージで運動による障害をケアしたり、疲労回復を促して筋肉の質をよくすることを目的としたものです。
筋肉や骨格に沿って無理のない強さでほぐし、一つ一つの手技に、時間に、そして使うオイルにも解剖生理学に基づく「理由」があるマッサージです。

幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を正常化!

謎の動悸や不安感に襲われる方、感情が高ぶると攻撃的になってしまう方は定期的にスウェディッシュマッサージを受けてみてもいいかもしれません。
というのは、スウェディッシュマッッサージは皮膚、血管、筋肉の順にじわ〜っと圧力が広がります。
東洋式のツボにビシッ!と入る感覚ではなく、温泉に入ってじわ〜っとほぐれていくような快感です。
この感覚はスウェディッシュマッサージ独特のもので、幸せホルモン「オキシトシン」の分泌を促します。
高ぶった血圧と心拍を下げて安定状態にする効果があり、感情から攻撃性が減り、満ち足りた開放感を与えます。
ストレスでリンパの流れが滞っている方や、感受性が高く何かと緊張しやすい方の「健康維持と毎日の笑顔づくり」におすすめのマッサージです。

受け心地はどんな感じ?

大げさと思うかもしれませんが、まるで今自分は天使に囲まれていて、このまま天に召されるのではないか・・・という感じです。
エステティシャンの方の手が自分の肌に触れた途端、つまりファーストタッチの瞬間から体の力がふわっと抜けて、強制的に脱力状態になります。
痛みは一切なく、かといって物足りなさもない。
身体の構造に沿って、無理なく正しくほぐされていることが分かります。
マッサージに行った翌日から肩こりが復活してしまう筆者でも、スウェディッシュマッサージだけは不思議と1週間くらい楽な状態が持続します。

ヒロット


よくホテルのスパなどにある「西洋と東洋の良いところを合わせた・・・」的なコンセプトのサロンで行われているのは、実はフィリピンの伝統療法ヒロットがベースになっていたりします。

ヒロットとは

ヒロットは東洋と西洋の文化が混じり合うフィリピンで生まれた伝統医療の一つです。
東洋医学からは「気血水理論」より体の内側を整える要素を、西洋医学からは「解剖学」より筋肉や神経の痛みを取り除く要素をそれぞれ取り入れ、人間の感覚、心、体液、神経、筋肉、骨の全てにアプローチする健康維持とリラクゼーションを兼ね備えた、まさにいいとこ取りのマッサージです。

繊細な指使いの満足感のあるマッサージ

ヒロットはリンパと静脈を流すリンパドレナージュと、筋肉をほぐすリラクゼーション系のマッサージが合わさったようなもの。
特に首肩から肩甲骨にかけて丁寧にほぐし、さらに足つぼやハンドマッサージが加わります。
エステティシャンの十本の指を繊細に使い、時にパワフルに、時にダイナミックにメリハリのあるリズムとともに、体の隅から隅まで繊細にほぐす。
いわゆる日本人好みの丁寧なマッサージがヒロットなんです。

受け心地はどんな感じ?

筋肉のコリはコリコリほぐし流され、脂肪が多く冷えた腰回りはパワフルにもみほぐされる。
ヒロットは手技のバリエーションが豊富なので、ほぐして欲しい部分を理想の気持ち良さでもってほぐしてくれます。
押して欲しいところって、優しく流されるだけじゃ物足りないですよね。
ヒロットは東洋人的に押して欲しいところにはきちんと圧力をかけてほぐし、さらに流すべき老廃物はしっかり流してくれます。

マッサージのテーマは心からの健康と美


マッサージと聞くと「本当に効くの?」と私たちは思ってしまいますが、もともとは伝統的な「医療」だったわけです。
そして当時の医療の目的は心と身体を健やかに保ち、美しくあること。
それって現代のエステのコンセプトそのものですよね。
外見だけを美しく磨くイメージのエステですが、今そこに癒しが求められてきているのも大いに納得!です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:まつもとなみ

著者の記事一覧

1984年生まれ。
神奈川県の田舎町にてリラクゼーション&エステ「Holistic Spa LUCIA」を経営。
楽しむことを一番に、ゆったりマイペースにやってます。
また「食」への深い興味から薬膳コーディネーターを取得。
日々学び、感じたことを生かして女性のキレイを応援し続けたいと思っています。







関連記事

ページ上部へ戻る