抜きすぎると死ぬって本当?鼻毛脱毛の危険性と正しい鼻毛処理法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
抜きすぎると死ぬって本当?鼻毛脱毛の危険性と正しい鼻毛処理法

ふとパウダールームの鏡などを見た時に、鼻毛が出ていたら・・・・・・。
その時のショックと恥ずかしさは言い表せないものがありますよね。
また、友達の鼻から一本長い鼻毛が出ていた場合、なかなか指摘しずらい女性は多いはず。
出ていたら恥ずかしい、いっそ全て抜いてしまいたい!
邪魔だと思ってしまう鼻毛ですが、抜きすぎると最悪死んでしまうこともあるそうです。
今回は鼻毛を抜く危険性と正しい処理方法を紹介したいと思います。

 

鼻毛の抜きすぎは危険?

鼻毛を抜く女性
ちょろっと1本出ていたり、数本ちらちらと出ている鼻毛を発見した時は、「もういっそ全部抜いてしまいたい!」と思ったりしますよね。
1本や2本の場合、毛抜きで抜いてしまうといった人も多いと思います。
ですが、鼻毛の抜きすぎには注意が必要です。

抜きすぎると死ぬって本当?鼻毛脱毛の危険性と正しい鼻毛処理法
上のイラストの三角形の中は、通称・死の三角形といわれていて、脳に血液を送る血管が集中しているといわれています。
そのため、あまりに鼻毛を抜きすぎると鼻の中に菌が入った場合、そのまま脳に菌が進入してしまい最悪の場合死んでしまう危険性があるんだとか・・・・・・また、神経もたくさん通っているので鼻毛を抜いた箇所が神経に近い場所であったりすると顔面麻痺などの症状が出る場合もあるそうです。
恥ずかしいから、邪魔だからといった理由で鼻毛を抜きまくっているのであれば今すぐに抜くのを止めることをオススメします。

ブラジリアンワックスは快感らしいけれど・・・・・・

ブラジリアンワックス

鼻毛のブラジリアンワックスが最近では流行っていますよね。
鼻の中にワックスを入れで固まってから引き抜くとごっそりと鼻毛が抜ける!とメディアでもよく取り上げられています。
実際やったことがある人から感想を聞くと、「痛いけれど、本当にごっそり取れて嬉しくなる」、「最初は痛かったけれど続けてやっていると快感になる」、「病みつきになってしまった」といった声が多数ありました。
確かに面倒な鼻毛のお手入れが簡単に、しかも一瞬で済むのですから鼻毛に悩んでいる人にとってはまさに救世主的なアイテムかもしれません。
ただ先ほどもお話ししたように、鼻毛は抜きすぎると血管や神経を傷付け、さまざまな病気や感染症などになってしまう可能性があります。
また、鼻毛は外から進入して来ようとする菌やほこりなどをブロックしてくれる役割があるため、全く鼻毛がなくなってしまうと簡単に悪い菌などが入り込み免疫力が低下してしまう恐れもあります。
特に花粉症や鼻炎の人は鼻毛を全て抜いてしまうと、今まで以上に苦しむことになるかもしれません。
鼻毛が出る心配はなくなりますが、身体にとってはデメリットが増えてしまうといえるでしょう。

鼻の中のレーザー脱毛もオススメは出来ない

鼻をつまむ女性

鼻毛のレーザー脱毛もあるようですが、これもオススメは出来ません。
身体の脱毛と同じように鼻の中にレーザーを当てて鼻毛を薄くしていく方法ですが、死の三角形の部分には血管や神経が多く通っているので、医師免許などを持っていない施術者が脱毛の施術をする場合、さまざまなリスク(顔面麻痺、脳へのダメージや最悪死に至るケース)が考えられ注意が必要です。
花粉症や鼻炎で鼻の粘膜を炭酸ガスレーザーで焼く治療法がありますが、これは粘液を縮め鼻の空間を広げるための手術なので、鼻毛がなくなるといったものではなく医療的な治療法なので問題はありません。

 

正しい鼻毛の処理方法

ハサミで鼻毛の処理をする女性

処理方法

おすすめの処理方法としては鼻毛用はさみと電動鼻毛カッターで処理する方法です。
どちらも刃が丸くなっているので、鼻の中を傷つけることがなく安心して使用できます。

オススメ処理グッズ

Panasonic (パナソニック)

エチケットカッター 女性用 

参考価格: 1,462 円(税込)
サイズ:幅2×高さ14.6×奥行2cm

シンプルなデザインで、コンパクトなのでメイクポーチなどに入れて持ち歩くことも可能。
カッターの先端部分は取り外して洗うことが出来るので、使用した後も清潔に保つことができます。

スヴォルナ(Suvorna)

鼻毛 耳毛 トリミング用ハサミ

参考価格:1,499円(税込)

刃の先端が丸くなっているため、鼻の粘膜を傷つけることなく処理を行うことが出来ます。
他にも耳毛や眉毛などにも使用することができます。
切れ味が良いのに安全という口コミもあり、電動カッターよりもはさみで処理したいという人にオススメです。

やわらかいティッシュ・コットン

再生紙などの硬いティッシュやトイレットペーパーで鼻の中に残った鼻毛を拭き取ると、粘膜を傷つけてしまう可能性があります。
処理した後は、出来るだけ柔らかいティッシュやコットンなどで鼻の中を拭き取りましょう。

ワセリン

ワセリンは保湿効果が高いので、鼻毛を処理した後やわらかいティッシュにつけて鼻の中に塗ることで鼻の中の乾燥や鼻血予防をすることが出来ます。
また傷付けることなく、処理した鼻毛を鼻の中からふき取ることが出来ます。

 

処理する頻度

鏡を見る女性

人や環境によって伸びるペースが違うので一概には言えませんが、2,3週間に1度のペースが良いとされています。
ほこりっぽい場所や寒い地域の場合、鼻毛が体内を守ろうとして伸びる速度が速くなるといわれています。
また、鼻の穴が上を向いていたり縦横に長い形をしていると少し伸びただけでも鼻毛が出やすいので1,2週間に1度のペースで処理しなければならないかもしれません。

 

おわりに

たかが鼻毛、されど鼻毛。
鼻は顔の中心なので、鼻毛が出ているとどうしても目立ってしまいます。
正しい処理法を駆使して、鼻毛の出ていない、隙のない女性になりたいものですね。笑

鼻毛を抜きすぎると何故危険?鼻毛の役割とブラジリアン脱毛の注意点鼻毛を抜きすぎると何故危険?鼻毛の役割とブラジリアン脱毛の注意点

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。







関連記事

ページ上部へ戻る