女の子なのに男性ホルモンが多い?!女性ホルモンを増やす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の中でも周りの女の子よりもなんとなく少し毛が濃いかったり、少し頭の毛が薄かったり、油の分泌量が多いという方はいらっしゃると思います。
もしかして私って女性ホルモンの分泌が少ないのかな?と感じるかもしれませんが、実は女性でも男性ホルモンは少なからず存在することをご存知でしょうか。
逆に男性にも女性ホルモンはあります。 ただその割合が同性でも少し違いがあるということです。
でも、せっかく女性に生まれて来たのだから思いっきり女性を楽しみたいですよね!
色の白くてもちっとした肌、ぷるっとした唇など女性ならではの美しさがあります。
女性ホルモンを少しでも多くして女性としての人生を思いっきり楽しみましょう!

男性ホルモンが多い傾向にある人


男性ホルモンは誰にでも存在するものですが、その中でも濃い人、少ない人というふうに人によって分泌される量は変わってきます。
では、どんな方が男性ホルモンが多い状態にあるというのでしょうか。

  • ニキビができやすく、跡がクレーターになる
  • 皮脂が多い
  • 体毛が多い
  • 頭の毛が薄い
  • 筋肉がつきやすい
  • 負けず嫌い
  • ストレスを抱えやすい
  • 男性にも負けたくないという気持ちがある
  • 少し胸が小さい

など、他にもありますが上記の内容に少し当てはまるな、と感じる方は男性ホルモンが少し多い傾向にあるかもしれませんね。

男性ホルモンが増える原因

髭を剃る女性
もともとの体質や遺伝で男性ホルモンが多い傾向にある方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、冷え性の方でも温活をして平熱が上がったり、アトピーの方がきちんと改善していったりと人間の体質などは普段の日常生活で大きく変わっていきます。
もしかしたら日常生活の中であなた自身が男性ホルモンを増やすような行動をしているかもしれませんので、増える原因を見ていきましょう。

1.ストレスを発散できていない


働く女性も現代では当たり前の現代社会では、共働きの夫婦もたくさんいますよね。
もちろんばりばりと男性と肩を並べて仕事をする女性もとても美しいと思います。
しかし、女性は本来家の中で子供を守って家庭を守る役割が本能の中に備わっています。
外に出て稼ぎに出るということに対して男性よりも女性の方がストレスを受けやすい状態になっているのです。
共働きで子供もいる状態になると女性は想像以上の負担が掛かりかなりのストレスになってしまうと思います。
ですので、知らず知らずのうちにストレスが溜まっていってるのです。
ストレスを受けると自律神経が乱れ交感神経という攻撃状態になる神経が優位になってしまいますが、これが男性ホルモンを分泌させてしまう原因になるのです。
ストレスが原因でニキビができてしまっている方などは男性ホルモンがかなり出ている状態かもしれません。
ですので、忙しい毎日でそんな時間がないと思うかもしれませんが、ストレスを毎日少しずつでもいいので発散する必要があるのです。

2.夜更かしをする

寝スマホをする女性
実は夜更かしをすることも男性ホルモンが増えてしまう原因の一つとなります。
夜更かしをして寝る時間が遅くなったり睡眠が浅くなることによって女性ホルモンの分泌が減少してしまいます。
そして、寝る前などにネットサーフィンなどをしていつまでもパソコンやスマホの画面を見ていると交感神経が活発になってしまい男性ホルモンの分泌が優位になってしまいます。
ですので、できるだけ日付が変わる前にはベッドにつくようにしてしっかり睡眠をとるようにしましょう。

3.過度なダイエット

悩む女性
過度なダイエットや極端な筋トレを女性がすると生理が止まったり、乱れてしまったという話を聞いたことはありませんか??
これも女性ホルモンの分泌が減少してしまっている証拠になります。
女性ホルモンが正常に分泌されているか簡単に確認できる方法が生理が来ているかどうかということです。
生理が順調に来ているということが女性にとってはとても大切なサインとなります。
過度なダイエットをした時に抜くものといえば、糖質・脂質あたりをメインに控えてダイエットする場合が多いと思います。
必要以上の糖質・脂質を控えるのはいいのですが、人間の体が円滑に活動していく中で糖質・脂質というのはとても大切な栄養源となりますので日々の中で必ずとっていく必要があります。
極端に体重を減らしていくのは女性の体にとってとても負担をかけてしまう原因となりますので、ダイエットは無理ない範囲の目標を持って取り組むようにしてください。
最近では筋肉をつける為に自分の体を追い込んでいくようなダイエット方法があったりしますが、それも女性本来の姿からは少しかけ離れてしまうことになってしまうので自分が無理ない範囲での筋トレをするようにしましょう。

4.体が冷えている

女性にとって体が冷えるということはあらゆる体の不調が出てしまうことにつながります。
人間は体の温度を一定に保とうとする恒温動物です。
春夏秋冬関わらずだいたい36度くらいの温度を保っていると思います。
本来一番健康な体温は36.5度ほどです。
しかし、最近では低体温の女性がとても多く35度台ということもよく耳にします。
この状態では正常に女性ホルモンが分泌されなくなってしまいます。
夏にクーラーで体が冷えたり冬に冷えるような格好をしていて体が冷えてしまうのももちろんダメです。
脳は体を温めるように指令を出しているのに体が温まらない状態が続いてしまうと脳は混乱してしまい自律神経が乱れてしまってこれも女性ホルモンが分泌されなくなります。
ですので、どんな時でも女性は体を温めておく必要があります。

女性ホルモンを増やす方法

350 胸 バスト

1.大豆製品を食べる


女性ホルモンを増やしていくのであれば大豆製品を外すわけにはいきません。
大豆製品にはフラボノイドという女性ホルモンを似た作用をしてくれる成分が入っています。
ですので、大豆製品を摂取するだけで女性ホルモンが増えるといっても過言ではありません。
女性ホルモンの役割として、美肌効果、ダイエット効果など嬉しい効果がたくさんあります。
しかし、注意しておきたいのがカロリーは高いということです。
コンビニなどに売っている豆乳一つにしてもだいたい100キロカロリーは超えます。
ですので、夜遅くに飲んだりするのは避けて日中まだ活動している時間帯や少しお腹が空いた時のおやつ代わりに飲むようにしましょう。

おすすめ大豆製品

大豆まるごと飲料 まめきち

大豆特有のニオイがない「すずさやか」を使用。乳酸菌を配合した、ヨーグルト風味の飲料です。
飲みやすく、豆乳ビギナーにもおすすめです。(※無調整豆乳ではないため、砂糖などが添加されています。)

 

2.ストレスを発散する

ストレスは自分が気づかないうちにどんどん溜まっていってるものです。
そして、抱えきれなくなったストレスが爆発してしまい体に不調をきたしたり、生理が止まってしまったりすることもあります。
生理が順調にきているということは女性ホルモンがきちんと分泌されているという証拠になります。
このように溜まったストレスが一気に爆発してしまわないように定期的にストレスを発散しておく必要があります。
毎日の中で自分が好きなことをするのもいいです。
自然と触れ合うことは人間のストレスホルモンのコルチゾールを減少してくれる方法にもなりますのでお休みの日に自然が溢れる場所へ行くことも一つの方法でしょう。
ストレス発散と思い毎日お酒を飲んでしまうのは避けるようにしてくださいね。

3.体重調整は健康範囲内で


女性ホルモンが正常に分泌される為にはある程度の脂肪も必要になって来ます。
最近では筋肉をしっかりつけてボディラインを整えるようなダイエット方法も流行っていますが、本来であれば女性の体に合ったダイエット方法ではありません。
女性は子供を産んだり子宮を守る為にあえて脂肪がつきやすい構造になっています。
生理前に太りやすくなるのもプロゲステロンという女性ホルモンの影響でもあります。
必要だから体にため込みやすくなるのです。
ですので、無理にダイエットしたり極端に筋肉をつけたりすることは女性ホルモンの分泌を阻止してしまう結果になりますのでできればある程度の脂肪も許してあげるようにしましょう。

4.体を温める

紅茶を飲む女の子
上記に記載しましたように体が冷えるということは自律神経が乱れてしまい女性ホルモンが減ってしまいます。
さらに常に体は温めようとしているので交感神経も活発になってしまいますので男性ホルモンが増える原因にもなります。
職場がクーラーでとても寒かったり冬もなかなか体の芯から温まるのも難しいかもしれませんが、お風呂は浸かるようにしたり、足首、首などしっかり温めて冷やさないようにしたり工夫して体を温めるようにしてください。

おわりに


男性ホルモンが少し多いかなと感じていた方は上記の中に原因が該当するものはありましたか??
現代は女性もフルタイムで働く人も多くストレスを抱えている人も多いと思います。
仕事で男性と肩を並べて仕事をしている人は男性化していっているとも言われていて、女性本来の姿を忘れてしまっているのかもしれません。
女性が女性としての役割を果たそうとすると自然と女性ホルモンの分泌ももしかしたら促されていくかもしれませんね。
女性ホルモンを増やしていって女性としての人生を大いに楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事

ページ上部へ戻る