ほうれい線が気になって笑えない女子必見!ほうれい線を抑えていく方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しい席でたくさん笑って喋って食べて、いざトイレに行った時に鏡を見たらほうれい線にファンデーションが深く入り込んでしまっていてがっかりした経験はありませんか??
10代でピチピチのお肌だと感じたことがないかもしれませんが、20代も後半になってくるとコラーゲンは少しずつ減少してくるのでほうれい線が気になる方も出て来ますよね。
私ももちろん経験済みです。

そんな時あなたはどうしますか??
ファンデーションを塗りなおす??
軽くティッシュや手がなじませて誤魔化しておきますか??

過去の自分よりほうれい線が深くなって来ているのは事実です。
放っておけばどんどん状態は深刻になっていってしまうので早いうちに改善してブルドック顔にならないように阻止しましょう。

20代でもほうれい線はできる


『ほうれい線』というとなんとなくお母さんの顔やおばあちゃんの顔など思い浮かべていませんか??
でも実はほうれい線は20代を過ぎてくるとすでにほうれい線予備軍に入っているのをご存知でしょうか??

何もしなくてお肌が綺麗に保てるのは実は10代までです。
20代に入るとそれなりにお肌のお手入れをしっかりしないとどんどん老化は進んでいきますし、シミ、しわ、もちろんほうれい線ができる可能性が大いにあるのです。
ほうれい線が深くなるならないというのは日々のケアや生活習慣が影響して来ますので、まだまだほうれい線なんてできないだろうと考えていた方は出来る可能性もあるということを頭の隅に置いておくようにして年齢を重ねた時にがっかりしないように今からケアしていきましょう。

ほうれい線ができる原因はコラーゲン減少だけではない

ほうれい線ができると一言に言っても実はできる原因はたくさんあって人それぞれ違うのです。

コラーゲン不足


コラーゲンが減少してハリがなくなってしまいお肌がたるむというのは良く聞くかもしれません。
コラーゲンはお肌の真皮層という部分に存在していて皮膚が緩くなってしまわないように中で支えてくれている役割をしています。
シワやたるみができるのはこのコラーゲンが紫外線や乾燥、乱れた生活習慣などでちぎれてしまったり緩んでしまうのです。

コラーゲンは自分のお肌の中で持っている線維芽細胞という細胞が生み出していくのですが、年齢とともに生み出される量がどんどん減っていく上に一度劣化して しまったコラーゲンが元に戻るということはとても難しいのです。
ですので、今あるコラーゲンを維持して更に次に生み出されていくコラーゲンの生成を促していく必要があります。

筋肉の衰え

体が弛んでいかないように筋トレをしたりストレッチをしたりしますよね。
お尻も胸も年齢を重ねるごとにどんどん下がっていってしまいます。
しかし、体のトレーニングはするけど顔の筋肉を鍛えるということをしている方はいるでしょうか??
美意識が高い方はしているかもしれませんが、顔の筋肉をトレーニングするという方は少ないように感じます。

体も顔も同じ筋肉でできています。
だったら顔の筋肉も緩んでいかないように柔軟で質のいい筋肉を維持して行く必要がありますよね。

頭皮からのたるみ


ほうれい線って口の横にできるのになぜ頭皮が関係していいるの??と思われるかもしれませんが、実は頭皮も顔のたるみやシワにとても深く関係しているのです。
頭皮といっても顔と一緒の皮膚でできていて、極端に言えば全身一枚の皮膚でできているのですべて繋がっているのです。

頭が凝ったりしてしまうことにより頭皮の血流が悪くなりそれがたるみの原因になるので頭皮から皮膚が緩むことによってもちろん顔まわりの皮膚が緩み落ちて来てそれが重みとなるのでこめかみ→頬の上→ほうれい線というふうに繋がってくるのです。
ですので、ほうれい線を改善したいと思う場合は顔だけでなく頭皮もしっかりケアしていく必要があるのです。

体重の増加

体重計
体重が増加すると一番先に脂肪がつくのはどこですか??
意外と顔につくという人はとても多いようです。
顔が丸くなった、二重アゴになったなど… で、減量して元の状態に戻るのであれば問題はないと思います。

ただ、体重の増加でほうれい線につながるポイントは2つあります。
1つは顔に脂肪がつくことによって頬が重くなり、重力に引っ張られてしまい下に落ちてほうれい線が深くなるということ。
もう1つは減量した時に皮膚が緩んでしまうということです。

100キロもある人が40キロの減量をした時にお腹の皮が残ってしまいラインが崩れているという状態を目にしたことはあると思います。
その状態が少なからず顔の皮膚にも起こってしまうのです。
もし、それを繰り返すとなるとお肌がどんどん緩んでほうれい線の原因になるということは想像できますよね。
ですので、妊娠とかでない限りは出来る限り体重が増減しないように気をつけたいところですね。

ほうれい線を防ぐ方法

紫外線予防をする

日焼け止めを塗る女性
今のコラーゲンをしっかり守っていくためにも紫外線対策というのは必須になって来ます。
紫外線の影響で一番認知されているのはシミができるということですが、紫外線A波は真皮層まで到達してコラーゲンを劣化させてしまいシワ、たるみに繋がるということもほとんどの方が知っているくらい認知されるようになりました。

一年の中で春から夏にかけてが一番紫外線がきつくなる時期にはなりますが、少しの紫外線ももちろんお肌の奥深くまで影響してしまいます。
ですので、一年中紫外線対策はしておくようにしてください。
少しコンビニやスーパーに行くときももちろんです。
少しの積み重ねが大きなお肌のトラブルになってしまいます。

徹底的に保湿する

メイクオフする女性
実は乾燥するということがお肌のすべてのトラブルの原因になってきます。
ほうれい線に関してはコラーゲンの減少が原因ですが、始まりは少しの乾燥からの小じわです。
小じわは乾燥をしっかり防ぐことによって改善できる場合がほとんどです。
保湿をするということは小じわの改善にもつながりますし、バリア機能も強化していくことができるので紫外線の侵入を抑えていくことにもなりますのでたくさんのメリットがあります。
ですので、まずはしっかり保湿することが大切になってきます。

頭皮からのマッサージをする

シャンプーをする女性
上記に記載しましたように頭皮の血流が悪くなることによって頭皮が固くなってしまい、顔のたるみに繋がってしまいます。
まずは頭皮をマッサージして血流を良くしてほぐして行くことが大切です。
お風呂上がりに温かくなった状態で顔のスキンケアが終わった後に行うようにしましょう。

まず、こめかみ辺りを親指でほぐしてから生え際を揉みほぐしていきそして頭皮を鷲掴みにしてゆっくりマッサージします。
この時に髪の毛がぐちゃぐちゃにならないように皮膚だけを動かすようにマッサージするとしっかり深部までほぐしていくことができます。
週に1、2回するのではなくて毎日行うように癖づけていきましょう。

歯の治療は早く済ませる

白い歯の女性
ほうれい線は歯の影響をとても受けやすいです。
虫歯ができていたり、歯が抜けているなどそれを放置することによって歯肉が弱くなってしまうことにより頬の筋肉も弱ってしまいます。
歯の噛み合わせが悪くなってしまうことにより顔の左右バランスが崩れてしまい顔に歪みが出てしまいます。
もし、放置して歪んでしまうと元に戻すことがかなり困難になりますので状態が悪化してしまう前にしっかり歯の治療を行うようにしましょう。

体重の増減に気をつける


上記にも記載しましたように体重の増減はお肌をたるませてしまうとても大きな原因となります。
もし、急激に太って体重を落としたいという方は月に1~2キロのペースで体重を落としていくようにしてください。
それ以上体重を一気に落とすということはお肌のターンオーバーも追いつかずに皮膚が緩んでしまいます。

そして、しっかりお肌のケア、保湿をしておくようにしましょう。
それだけでもターンオーバーを促進してくれる効果があるので、皮膚が弛むのを最小限に抑えていくことができます。

糖化を防ぐ

スキンケアトラブル
お肌の酸化が老化を進めるということは一般的に知られていますが、糖化というのは最近注目され始めている老化原因の一つになります。
糖化というのはタンパク質と糖質が結合することにより老化物質になりお肌のコラーゲンなどの劣化を早めて固くしてしまうことを指します。
こうなるとコラーゲンの柔軟性が失われてしまうので、お肌がたるんでしまいほうれい線の原因にもなります。

糖化を防ぐ方法として、血糖値を上げない食事をしたり甘いものを控えたりすると糖化を最小限に抑えて行くことができます。
これは全身の皮膚に関係することですが、特に顔の皮膚の糖化を抑えていきたい場合、糖化予防の化粧品を使用することもオススメします。

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ トライアルキッドV

ラグジュアリー・デ・エイジ トライアルキット

【販売価格】2100円(税込み)
【お試し期間】7日間
この化粧品は抗糖化にとても効果的な化粧品シリーズになります。 GF(成長因子)、植物幹細胞、セルフメンテナンスペプチドの3種類の成分がハリ・弾力に特化してお肌の土台をしっかり作ってくれる作用があります。
最近お肌のたるみなどが気になる方、特に甘いものが好きだったり糖質をよく摂る方は普段から抗糖化を意識してスキンケアするようにしましょう。
レビューを見に行く

 

おわりに


20代のお肌って若い!と言われることも多々あるかもしれませんが、実は皮膚の老化、極端に言えば人間の体の老化は生まれた時に息を吸い込んだ瞬間から始まっているのです。
そう考えると20年も共にしているお肌が老化していない訳がないんです。

ほうれい線は一度、出来てしまうことによって元の形に戻すということはとても難しくなります。
あなたのお肌は今の瞬間が一番若い状態と言えます。
過去のスキンケアが間違っていたり、疎かなスキンケアを後悔しても仕方がないんです。
ですので、しっかり今の瞬間からお肌のケアをしていき老化をさせないようにしていく必要があります。
上記を参考にしてほうれい線を抑えていくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:kaaaaana

著者の記事一覧

4年間エステティシャンとして勤務し、その後鍼灸整骨院で東洋医学を学んで人間は自然界と調和して生きているということに気付ました。健康にそして綺麗になる為にはまず自然体に生きる事が大事だと感じます。現在はお寺の一室で心と身体を整える為のエステをしております。皆さんが自然体になって健康に綺麗になれるような記事を提供していきたいと思います。







関連記事

ページ上部へ戻る