献血で綺麗になる!献血ダイエットのデトックスと美肌効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、「献血ダイエット」をご存知でしょうか。
実は献血は、ボランティアになる他、ダイエット効果やデトックス効果、美肌効果などが望めるんです。
かなり昔から献血ダイエットの噂はありましたが、正しく理解をしていないと、貧血になったり体の調子を壊してしまったりと、逆効果にもなってしまいます。

今回は、正しい献血の仕方と、効率よく健康的に献血ダイエットをする方法をご紹介します。

1回どれくらいの血液を抜かれるの?

350 ドクター 医者 研究 医療
献血を1回もしたことがない女性にとっては、「血を抜かれる」という行為に抵抗を感じると思いますし、「たくさん抜かれるのは怖いな」とか、「気分が悪くなったらどうしよう」などと不安に思われる方もいるでしょう。

日本赤十字社での献血を参考に紹介しますと、1回の献血で抜かれる量は、200mlと400mlの2つに別けられます。
体重が50kg以上の女性ですと、1度に400mlの献血をお願いされることが多いです。
しかし、体重が50kg以上でも初めてで不安の人は、「まずは200mlからお願いします」と受付の人に伝えると良いでしょう。

ちなみに著者の私は今までで献血に5回ほど参加していますが、いつも400mlの献血に協力しています。
採血にかかる時間は、だいたい20分~30分前後です。
気分が悪くなったりという事は比較的ありませんが、個人によってかなり違いが出てきますので、注意してくださいね。

1回の献血で約520kcalも消費!


さて1回の献血でどれくらいのカロリーが消費されるかと言いますと、カリフォルニア大学の研究では、500mlあたり650kcal消費されるとの研究がでています。
これは、400ml献血に置き換えると約520kcal相当分です。

なぜこんなにもカロリーを消費するのかと言いますと、血液を一気に抜かれてしまう事によって、体の中で急いで血液を作り出すために色々な臓器が働き始めるからです。
200ml献血の場合でも、おにぎり約2個分に当たる260kcalが消費されます。

注意してほしいのは、カロリー消費が多い分、体にも負担がかかるという事です。
身体の弱い人や、低血圧、貧血気味の人は控えた方が良いでしょう。

ダイエットの他にも、デトックス効果や美肌効果も


血を抜くことによって、体の中が綺麗に掃除されます。
と言うのも、血液の中には色々な成分が溶け出しており、女性の美の大敵である糖質や大量の脂質なども含まれているからです。

そのほかにも、コレステロールや汗、涙なども血液から作られています。
体の中の不要な物質を一気に掃除できることから、高いデトックス効果が見込まれるという事です。

こうして体の中のいらない老廃物が体外へ排出されると、また1から綺麗な血液を作り出し、お肌に綺麗な血液が供給されます。
体の中に綺麗で新しい血液が循環するという事は、体の機能、お肌の機能を向上させてくれるという事。
そういった事から、お肌がツヤツヤになったり、くすみなども改善されると言われています。

血液の濃さ(ヘモグロビン指数)によっては、献血できない場合も!

血液検査
献血をする前に、献血をする腕と反対側の腕に「テスト採血」をします。
このテスト献血で、血液の濃さが十分にあって採血できるかを判断します。
女性の場合ですと、この血液の濃さが200ml献血で最低12.0g/dL以上、400ml献血で12.5g/dL以上ないといけません。
この血液の濃さは人によってバラつきがあったり、時期によって濃さが全然違ってきます。
生理前だったり、もともと貧血気味の女性ですと、11gほどしかない場合もあります。

私はもともと貧血気味なので、何回かは基準値を満たせずに採血ができませんでした。
しかし、調子が良い時は何の異常もなく献血ができていましたので、自分の体の調子が良い時に行くのがお勧めです。

どれくらいの頻度で行けるの?


上記で紹介したようないわゆる「全献血」ですと、半年に1回のペースで通えることになります。
ですから、短期間でダイエットをしたい方には向かないかもしれません。
そもそも血を抜くことは体にとても負担がかかることなので、定期的に行う事が難しいです。
しかし、「体の中のデトックス」「献血をする事によるボランティア」の意識をもって、半年に1回通い続ける習慣をつけると良いかもしれません。
綺麗になるのはもちろん、人助けにも繋がりますから、抵抗が無い方は積極的に献血に参加してほしいものですね。

全献血のほかにも成分献血と呼ばれる献血もあります。
こちらは全献血と違い、2か月に1回かそれ以上の頻度で通う事が可能です。
しかし、こちらは献血に1時間~1時間30分ほどかかるという事と、ダイエットにはあまり向かないというデメリットがあります。
血液を一回抜いて、血小板などの必要な成分だけを抜いて、また体の中に血液を戻すのが成分献血です。
全献血ほど体に負担はかからないのがメリットです。
成分献血をお願いされる事もよくありますので、自分で判断して献血に参加するようにしましょう。

献血に参加すると、お菓子や粗品、占いなどのサービスも


日本赤十字社の献血ルームは、日本中の色々な所にあります。
場所によってバラつきがありますが、ドーナッツやチョコレートなどのお菓子がもらえたり、手相占いやタロット占いなどが無料でできるサービスもあります。
ダイエット目的の場合はお菓子などは避けるべきかもしれませんが、ホットドリンクなども無料で飲めたり、休憩スペースで雑誌などを無料で読むこともできます。
また、粗品として洗剤やお茶、お米などがもらえたりする場合もありますよ。

おわりに

350
いかがでしたか?
献血は自分の身体の一部である血液を提供するための大事な行為です。
ダイエットになったり、美容に良い事はもちろんですが、かならずあなたの血を受け取る人がどこかにいます。
無理なダイエットで栄養不足の血をあげないようにしましょうね。
規則正しい生活を送って、たまにデトックスという事で、献血をしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:千里

著者の記事一覧

はじめまして。
主に海外のサイトの翻訳をして記事を載せています。
美味しい物を食べながら健康的に過ごす、をモットーにして日々を過ごしています。
記事も食や美容、ダイエット関連の物を多く扱っていきます。
海外の流行を日本の女性にも多く知ってもらえれば嬉しいです。







関連記事

ページ上部へ戻る