いい匂いが嫌~な臭いに!?香りを纏う大人のマナーを知ろう! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年、香りというものにこだわった商品が多いことにお気づきでしょうか?
日々わたし達が使用する日用品の中には、様々な香り付けがされているものも少なくありません。

例えば、シャンプーやトリートメント、ボディソープ、入浴剤、スキンローションなどのスキンケア用品。

芳香剤、脱臭剤、ルームフレグランスなどはもちろんですが、特に洗濯洗剤、柔軟剤の香りはかなり多種にわたるのではないのかなと感じます。

人気の香り柔軟剤

その柔軟剤にプラスして、最近よくCMで見かけるのが香りビーズと呼ばれる、香り付け専用のもの。
衣類の洗濯時に、香りビーズを一緒に投入すれば、かなり長期間にわたっていい香りが長続きするというもの。
洗濯洗剤業界においては、かなり香りの競争がヒートアップしているような印象があります。

匂いが害になる!?


そんな中つい最近、洗濯洗剤コーナーに無香料をかなり強めに打ち出している商品がありました。
わたしは、やはりなというちょっとした納得をしたのですが、意外と柔軟剤の匂いが好きじゃないという人、多いんです。
中には匂いが強すぎて気分が悪くなるという人も。

確かにかなり強めに衣類に香りがつくものもあります。
本人は良いと思っていても、その甘い香りが苦手という方には地獄。
それが満員電車やトイレ、エレベーターなどの個室に及ぶと拷問です。

匂いというものにも、好き嫌いが存在します。
嫌いな匂いを嗅ぐことほど苦痛なことはありません。

今回わたしの目に止まったのは、昔から柔軟剤の王道であろう、ダウニー。
わたし自身、ダウニーの香りはだいすきです。
ダウニーを使っていた時期もありましたが、かなり大容量なので、買って帰ると重いという理由で変えました(笑) 
実際には、最近日本で売られている柔軟剤より匂いは全然控えめです。
もう少し主張してもいいのにと思うくらい。
そのダウニーが無香料を出した。
これはかなり柔軟剤の匂い事情は問題にもなっているのかなと感じました。

ウワサの無香料柔軟剤はこちら♪♪

ダウニー フリー&ジェントル

【価格】1,780円
香料・着色料をいっさい使っていない柔軟剤。
衣類を優しくまもり、ふんわり肌触りよく洗い上げます。

香りのマナーを身につけよう

香りというのは、纏った本人はなかなか匂わないものです。
なのでついついつけすぎてしまう傾向があります。
わたしも自分の纏っている匂いはよくわかりませんが、わたしがいた形跡が匂いで分かるとよく言われるので何か匂いがするのでしょう。

香水をつけるという方は、本当に注意しなければいけないと思います。
自分では匂わないからとかなりの量をつけてしまう人がいますが、これは周りへの香害となりかねません。
いい香りと思われたくてつけたはずが、あの人は臭いというレッテルを貼られてしまいます。

湿気が多い時は控える

室内にいる猫
湿気が増す梅雨から夏にかけて。
さらに気温も高いため、それだけでも人は不快に感じます。
そして汗をかいてしまうので、匂いがかなり強調され、こもってしまいやすいのです。
特に甘い香りは多湿の場合不向き。
使うなら柑橘系などの爽やかな香りをほんの少しつけるようにしましょう。

服にはつけない

洋服を迷う女性
香水は必ず身体につけます。
しかもダイレクトに噴射してつけるのではなく、空中に噴射したものを浴びる程度で十分です。
服に直接つけるのNG。
繊維についた香りはかなりキツく感じてしまう。
なので、柔軟剤も少し控えめに使用するのがおススメです。

鼻から遠い場所につける

よく、香水を足首につけるという方がいます。
とても品の良い使い方だなと思います。
だいたい人間の鼻というのはみなさん同じような位置に存在します。
匂いが苦手でも、すれ違い様にふわっと香るていどなら不快には感じません。
なので、香水は足首やウエストにつけるのがよいと言われています。

香りは自分だけで楽しむ

350
周りからいい匂いと思われたくてついつい強めな香りを使い続けていると、嗅覚疲労という匂いが分からなくなる現象が起きてしまいます。
これにより、さらに強く香りをつけるような悪循環を生み出し、香害へと繋がってしまいます。
はじめから、自分が癒される、リラックスできるためにいい香りを取り入れるのが1番良いと思います。
さりげなく香る程度が、周りにも好印象なのです。

TPOで使い分けよう


日頃日常からがっつり強めの香りを振りまくのではなく、メイクと同様にメリハリをつけるといいでしょう。
普段のナチュラルメイクの時は優しい控えめな香り付けをし、パーティなどの華やかな場にはいつもより少しだけしっかりつける。
仕事や葬儀などのきちんとしなければならない場には、香りは必要ありません。
目には見えないものだとはいえ、香りには敏感な方もいらっしゃるということをわきまえておく必要はあります。

おわりに

ローズウォーター
いかがでしたか?
今お使いの柔軟剤。
もしかすると匂いがキツくなっているかもしれません。
せっかくいい香りでも、みんながみんなそう感じる訳ではありません。
強すぎることが嫌な臭いに変わってしまう場合もあります。
いつでもいい匂いと周りから思ってもらえるように、控えめな使い方を意識するといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。

関連記事

ページ上部へ戻る