つらい頭痛!頭痛の種類を知って楽になる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは頭痛を経験したことはありますか?
ないという方はほとんどいないと思いますが、頭痛というものは、なんとも地味に辛い症状の1つです。

日常的に頭痛持ちだという方は、鎮痛剤を常用し過ぎて、薬が全く効かないというケースもあるようです。
また、頭痛の根本的な原因が分からなければ、通常の鎮痛剤では対応仕切れないという場合もあるのです。
他にも、頭が痛いのに、原因は全く違う部分にあったということも。

今日は、様々な頭痛の種類をいくつかピックアップしながら、少しでも楽にする方法を探っていきたいなと思っています。

頭痛の種類


頭痛にはさまざまな種類がありますが大きく分けると2種類に分かれます。
特に明確な病気があるわけではないのに繰り返し起こる一次性頭痛
そして何らかの病気が原因であらわれる二次性頭痛の2つです。

一次性頭痛をさらに細かく分類すると…

1.片頭痛

頭痛がする女性
20代から40代の女性に多く見られる頭痛で、ストレスや疲労など、何らかの刺激から頭蓋骨内の血管が広がり炎症を起こす事で痛みが発生するとされています。
また、ストレスや疲労の影響を受けやすい女性ホルモンが何らかの形で関わっていると見られています。

症状としては、脈を打つようなズキズキとした強い痛みが特徴で、光や音に敏感になったり吐き気などを伴ったりもします。
頭や体を動かすと、頭に響いてさらにひどくなる傾向があり、月に1、2回のペースで頭痛が起きる事が多いようです。
頭痛の前兆として、目がチカチカするような症状を訴える人もいます。

片頭痛の対処法

血管が広がって血流が良くなり過ぎる事が原因とされているので、こめかみを抑えて血流を阻害すると比較的楽になるというケースも多いようです。
血流が良くなるような事は極力避けましょう。
入浴はシャワーで済ます、運動は頭痛が治まるまで少しおやすみしましょう。
日常ていど身体を動かすことでも、頭に響いて痛みが強くなる場合は、横になって安静にしましょう。
この時、痛みを感じる部分は冷やすといいそうです。
片頭痛は専用の薬も処方されます。
頻繁に頭痛が起こって辛い場合はお医者さんに相談してみましょう。

2.緊張型頭痛

肌の乾燥とかゆみに悩む女性/首をかく女性
一次性頭痛の中では、この緊張型頭痛が最も多く見られるようです。
老若男女誰でもが発症する確率の高い頭痛です。
この頭痛は、血行が悪くなり首や頭の筋肉が緊張してしまうことで起こります。
長時間同じ姿勢でいたり、デスクワークなどの目や肩、首に負担のかかる仕事、冷えやストレスなどによる血行不良も緊張型頭痛を引き起こす原因となります。

頭をギューっと締め付けられたような重い痛みが特徴です。
首や肩も凝った感じあり、後頭部が重く痛むことが多いようです。
慢性化すると、朝から晩までこの痛みが続きます。

緊張型頭痛の対処法

この頭痛は、肩こりなどの血行不良が主な原因です。
薬に頼る前にまず、首や肩、後頭部周辺を蒸しタオルなどで温めて血流を良くしましょう。
適度に肩や首を回したり、時間があればストレッチなどの運動を取り入れる事も効果的です。
デスクワークなどの仕事をする方は特に、休憩時は身体をのばしたりしながら身体が固まらないよう注意し、帰宅後は必ず湯船に浸かって血の巡りを良くするように心がけましょう。
この頭痛は肩こりや首こりなどを中心に治療することで改善されることが多いので、1日の疲れはためないような工夫をしていくことも大切です。

3.群発頭痛

350
目がえぐられるような強い痛みを目の奥に感じる場合、この痛みが1日に1、2時間、1〜2ヵ月くらいずっと続くというのは、群発頭痛の可能性が高いといえます。
この頭痛を訴える患者さんのほとんどが男性ですが、この頭痛が起こる割合は極めて稀だとされており、群発頭痛自体のはっきりした原因はまだわかっていません。
今のところ目の後ろを通っている内頸動脈が拡張して炎症が起きるためではないかと考えられています。

群発頭痛の対処法

痛みがかなり激しいので、お医者さんに相談するようにしましょう。
日頃の生活習慣、体内時計が狂うことで発症するのではないかという説もある事から、睡眠をしっかり取ることと、規則正しい生活を心がけること。
またお酒やタバコはほどほどにすることは有力だと言われています。

4.片頭痛+緊張型頭痛

頭痛がしている女性
この2つが混ざっているというケースもあるようです。
片頭痛の脈打つような痛みに加え、肩や首のこり、後頭部の重さが合わさり、1、2ヵ月継続して起きるという厄介なもの。
動くと頭に響く症状も伴いますし、目がチカチカしたり、軽い目眩を引き起こす場合もあるようです。
この頭痛に関しては、片頭痛と緊張型頭痛のどちらの症状が強く出ているかによって対処法は変わってきます。

ストレートネック

肩こりが酷い女性
現代病の1つとして、このストレートネックが原因で起きる頭痛が急増しています。
ストレートネックとは、本来は前方に反るように湾曲している頸椎が、まっすぐに近い状態になっていること。
長時間のスマホやパソコン作業などで不自然な姿勢を取り続けると筋肉が緊張し、首の自然なカーブが失われてしまい、肩こりや頭痛を引き起こす原因となってしまいます。

本来、ストレートネックというのは、いつもカバンはリュックサックを使用している人や、首に負担や負荷、衝撃などがかかるスポーツをしている人に見られる症状でした。
リュックはランドセルと違い、重心がお尻の方に下がっているため、頭部を前方へ倒さなければバランスを保てなくなります。
また、肩紐によって重さが両肩に乗り、肩が内側に入りやすく、手の甲が前を向いてしまう猫背のような姿勢になってしまいがちです。
その姿勢により、小胸筋と広背筋を常に緊張した状態を引き起こすため、ストレートネックになってしまうのです。
そのような姿勢に近い状態を、スマホやパソコンを見るときにしてしまっているため、スマホやパソコンを使い過ぎることでストレートネックを発症する人が増えています。
スマホを見る女性
頭はかなり重いです。
普段はその重さは首を中心に体全体で支えています。
ですが、斜め下に首を傾けると頭の重さが首だけにかかってしまうので、首を痛める原因となるのです。
頭を下げる角度によってかかる重さは、ほぼまっすぐな状態で5キロほどなのに対し、30度では18キロ、60度では27キロが首だけにかかっていることになります。
27キロというと、小学生低学年の子ども1人分があなたの首にぶら下がっているのと同じことになるのです。
これだけの負荷がかかれば、何らかの痛みを発症しない訳ありません。
頭痛もこの姿勢が原因で引き起こされているのです。

ストレートネックチェック

下の図のように、かかと、おしり、せなかを壁につけて立ってみてください。
この時、絵のように頭が壁につくようなら正常。
頭が壁から離れ、首が前に出るような状態はストレートネックです。
1度壁を使って、誰かに横から確認してもらいましょう。

つらい頭痛!頭痛の種類を知って楽になる方法

ストレートネックの対処法

あまりにも首の痛みがある場合や、頭痛でも酷い人は吐き気などを伴う場合があります。
他にも・・・
・肩がこる
・首が動かない
・頚椎症
・椎間板症
・手のしびれがある
・上が向きにくい
・めまい
・ふらつき感がある
・寝違いを繰り返す
・枕が合わない
・自律神経失調症
・うつ
などの困った症状を併発していたり、我慢できないほどの苦痛がある場合は、診察を受けましょう。

ストレートネックの治療は、整形外科なら薬物療法からリハビリなどで様子を見ていく事になります。
他にも、接骨院や整体などでも、首を引っ張ったり、電気を流すなどの治療が行われるはずです。
良くなるまで、自分に合った方法を探しましょう。

症状が比較的軽いうちは、自宅での対策で改善する場合もあります。
首局所のマッサージやストレッチなどを正しい方法で行なったりが必要なのですが、ストレートネックは首だけの問題ではなく、骨格や筋肉、インナーマッスルに至るまで、きちんとした身体のバランスを立て直すことが重要になります。
また、日頃からの予防や悪化を防ぐために、スマホや携帯は目の位置まで持ってくること、長時間の使用は避けること。

その他に、枕が合わないのもストレートネックを悪化させ、酷い頭痛の元となります。
あまりに症状が酷いという方は、フェイスタオルを筒状に丸めたものを首の下に当てて、枕は使わないで寝る。
もしくは枕を使用せず仰向けで寝るということを心がけるといいようです。

二次性頭痛

頭痛に悩む女性
二次性頭痛は、明らかに何らかの病気が原因で起きる頭痛を指します。
くも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎、頭部外傷などの大きな病気の場合、突然激しい頭痛が始まり、嘔吐や意識障害を伴うこともあります。
そんな大きな病気は、頭頸部外傷、頭頸部血管障害、非血管性頭蓋内疾患などという分類に分けられます。

ですがこの二次性頭痛は、
・薬物乱用頭痛
・風邪などの感染
・精神疾患
・耳鼻科、歯科、眼科系頭頸部疾患
にも当てはまる為、風邪などで頭が痛くなるのも二次性頭痛に分けられます。

そして、意外に二日酔いも二次性頭痛の仲間となります。
350
二日酔いの時に起こる頭痛も二次性頭痛のひとつに分けられています。
お酒に含まれるアルコールが代謝されてできるアセトアルデヒドの増加が頭痛の原因とされています。
ですが、アセトアルデヒドによる頭痛は一過性のものなので、その後は肝臓で代謝され、時間がたつと自然に治っていきます。
よっぽど異常がない限りは受診する必要はありません。

二次性頭痛の場合、緊急を要する症状は、まず間違いなく救急車を呼んだ方がいいです。
特に激しい頭痛、激しい嘔吐、意識障害が起こった場合はかなり危険です。
他の緊急性のない頭痛であっても、上に当てはまるような疾患が原因と思われる場合は、受診時に頭痛があるということを必ず医師に伝えてください。

薬を飲む手
慢性的に頭が痛くて、市販の鎮痛剤などを毎日毎日飲み続けていると、次第に頭痛薬が効かなくなり、さらなる頭痛を引き起こすケースがあります。
これが薬物乱用頭痛と分類されるものです。
基準は、月に15日以上頭痛を発症し、かつ10日以上頭痛薬を使用しているが、なかなか症状が改善しないどころか、悪化しているように感じる場合。
これは、薬物によって頭痛が起きている訳ではなく、予防の意も含めて頻繁に薬を服用することで、脳が痛みに対して敏感になってしまい、少しの痛みでも過剰に反応してしまうことや、薬自体が効かなくなってくるため、さらに重ねて服用してしまうという負の連鎖が起きているという仕組みです。

薬物乱用頭痛はまず断薬することから始めなければいけません。
思い切って2ヵ月間常用している薬を中止します。始めの1〜2週間くらいは反動で激しい離脱頭痛や吐き気、嘔吐などが起こる場合もありますが、それはまた別の治療薬で対処します。
薬物乱用頭痛であるのならば、この方法で毎日のように起こっていた過剰な頭痛は減り、もともとの頭痛の症状に戻るので、その状態からまた、片頭痛などのもともとの頭痛に応じた治療を行います。
薬物乱用頭痛に関しては、かなり再発がしやすい頭痛です。
我慢できる程度のうちや、比較的横になって休めるような時は、薬はなるべく使わないなどの工夫をしながら再発防止に努めてください。

精神疾患による頭痛

やる気が出ない女性
ストレスによる鬱などの精神疾患にも、頭痛の症状が見られることがあります。
精神疾患による身体の不調は、検査などではこれといって原因となる所見が見つからず、適切な処置は難しい為、なかなか治らない上、それがまたストレスとなってしまうという少し厄介なものです。
ストレス性の頭痛は、緊張型頭痛にも似ているようなので、疲れを溜めない、マッサージなどのリラックス療法を受けてみたりするのも、ストレス緩和に繋がり、症状も楽になるかもしれません。
この場合は、頭痛をなんとかするというよりも、頭痛の原因となるストレスを取り除くことが先決です。
頭が痛いとあまり行動的にもなれませんが、好きなことをしたり、好きなものを食べたりして、ストレス発散に目を向けてみましょう。
それでもあまりにも症状が改善されない場合は、心療内科にかかることをお勧めします。

食べ物が頭痛に関係する

乾杯をするカップル
頭痛の対処法については、その頭痛の種類によって変わってきますので、各項目で書いた対処法を参考にしてみてください。
それとはまた別になりますが、面白い話を聞きました。
頭痛と食べるものは関係があるそうなのです。
頭痛が頻繁に起こる人は、頭痛を起こす要因となる食べ物を多く摂取している可能性があるそう。

ポリフェノールを多く含む食品

ポリフェノールは血管を広げ、血行促進作用があります。
ポリフェノールは、チョコレートや赤ワイン、コーヒー、緑茶、納豆なんかに多く含まれており、抗酸化作用もある為、アンチエイジングに効果があるのです。
ですが、片頭痛に関しては、血行がよくなることで頭痛を促してしまうので、あまり摂取し過ぎないことをお勧めします。

チラミンを多く含む食品

チョコレートを食べる女性
チラミンという物質は、ポリフェノールの反対で血管を収縮させる作用があります。
そしてチラミンの作用が切れたと同時に血管が拡張します。
この働きのせいで頭痛が起こるのは有名な話だそう。
主にチーズやチョコレートに多く含まれますが、チラミンを大量に摂取すると、チラミン中毒という恐ろしい病気を発症することもあります。
特に片頭痛が酷い方は、適度に程々に食べるよう注意してください。

グルタミン酸ナトリウムを含む食品

グルタミン酸ナトリウムとは、食事において「うまみ」の役割を果たしている成分です。
加工食品に多く使用されていますが、スナック菓子やカップ麺などに多く含まれます。
グルタミン酸にも血管を広げ、血流が良くなる効果がありますが、化学的なものですので、健康的な作用とは言い難いものになります。
日頃からカップ麺を食べることが多かったり、スナック菓子がだいすきだという方。
頭痛の根本は食生活にあるかもしれません。
見直してみましょう。

頭痛を予防する食べ物

豆乳
血管が拡張しすぎない為に、摂ると良い成分もあります。

  • マグネシウム
    マグネシウムは血管を収縮させる働きがあります。
    バナナやナッツ類、豆乳から多く摂取できます。
       
  • オメガ3脂肪酸
    オメガ3脂肪酸はまさに血管の拡張から起こる炎症や痛みに効果のある栄養素になります。
    効率よく摂取するには、青魚を食べるのが一番良いです。
       
  • ビタミンB2
    ビタミンB2は血圧を下げる効果があります。
    過剰に流れてしまう血流を抑えることができるので、痛みの緩和が期待できます。
    ほうれん草に多く含まれています。
       
  • 水分をこまめに摂る
    脱水も頭痛の引き金となる要因となります。
    寝る前と起床時はもちろん、少しずつこまめに水分は摂取しましょう。

おわりに

笑顔で深呼吸する女性
いかがでしたか?
一言で頭痛といっても、種類やその原因は様々だということが分かりました。
頭痛をひとくくりにして、間違った対処法をすると、それが余計に痛みを引き起こす原因ともなりかねません。
自分の症状はどんな風か、できたらノートなどに記録したりして、きちんと診断してもらうのが良いと思います。
つらい頭痛から、1人でも多くの方が解放されるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事

ページ上部へ戻る