大人の慢性不調、胃もたれをどうにかしたい時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大人の慢性不調、胃もたれをどうにかしたい時

さほど不健康な生活をしていないのに、なぜか慢性的な胃もたれに悩む大人の皆さまへ。
今回は地味につら〜い大人の胃もたれの原因や、改善法、大人の胃はなぜ弱く、そして何に弱いのか?大人の胃袋事情について調べてみました!

大人の胃もたれの原因

腹痛
30代ともなると、お肌のためや体型維持のためにほとんどの方が健康を意識した食生活をされているかと思います。
なるべく野菜を多く取るようにしたり、脂ギトギトのお肉メニューを避けてみたり、白米に玄米やもち麦を混ぜて炊いてみたり、みなさん色々工夫されてますよね。
・・・それなのに、なぜ私の胃はいつも重たいの?
なぜたまにポテトチップス食べただけで3日くらい胸焼けが治らないの?

日本の大人の胃はなぜ弱いのか?

つわりが重い女性
「日本人は胃腸が弱い」とよく言いますよね。
これは日本のサラリーマン達が異常に上司に対して腰が低く、耐えることが仕事だ!といったストレスを貯めてなんぼ的な風潮だからではありません。
隠れネガティブの多い日本人の胃と、スーパーポジティブ思考の多い欧米人の胃を見比べてみると、なんと「胃の形」そのものが違ったんです。

鶏肉は『血』をキレイにしてくれる

日本人の胃というのは食物や胃液が胃の中に溜まりやすい形をしています。
そのため、本来であればする〜っと腸に流れていくべき食物や胃酸がずっと胃袋の中に留まっているので「胃が重い」「胃がスッキリしない」と感じてしまうんです。

さらに追い討ちをかけるのが、実は健康を意識した食生活だったりもします。
食物繊維は脂肪のように、温めれば溶けるわけではありません。
物理的にすり潰さなければ細かくなりませんので、繊維質であればあるほど胃の負担は大きくなります。
ちなみに水溶性食物繊維という水に溶ける性質の食物繊維がありますが、溶けるのは腸でのこと。

ただでさえ胃の中に溜める性質を持つ日本人の胃に、バリバリ繊維質な玄米や生野菜はかなりの負担になります。
玄米食にしてから感受性が強まった!というのは胃に負担がかかりすぎて些細なことに反応しやすくなった、イライラしやすくなった、メランコリー(憂鬱)になりやすくなったとも言えます。

欧米のセレブ達を真似たグリーンサラダやスーパーフドを取り入れた健康的な食生活は、日本人の胃にはちょっとヘビー。
さらにストレスを感じることの多い社会に出て働くとなれば、胃の調子も悪くなって当然ですよね。

胃もたれ・消化不良におすすめ

エスエス製薬 ガストールアクティブ

年齢や疲れで弱った胃の「胃もたれ」、「消化不良」におすすめです。
二種類の胃粘膜修復成分が弱った胃を守り、三種の健胃成分が胃の働きを活発にしてくれます。
つらい時にさっと飲める顆粒タイプ。

胃もたれを解消するには


どれも当たり前なことですが、ちゃんとできている方って実は少ないですよね?

よく噛んでゆっくり食べる

みなさんは朝ごはん、昼ごはん、夜ご飯とそれぞれの食事で何回咀嚼し、そして食事の時間は何分くらいかけていますか?
現代の食事一回あたりの平均咀嚼数は620回、食事にかける時間は平均11分と言われています。
たった10分ちょっとの食事で620回も噛んでいるなら問題なさそうに思えますが、戦前に比べると咀嚼回数も時間も約半分ほどに減っているそうです。

現代の食事が柔らかい食べ物ばかりというのもあるかもしれませんが、時間に追われて詰め込むように食べてしまっているのも事実です。
食事に時間をかけられない時はスープやリゾットなど煮込まれた消化に良いものを食べ、シャキシャキした繊維質の多いメニューはよく噛んでゆっくり食べられる時にしましょうね。

香辛料は適量に

赤トウガラシ
ストレスが溜まった時って、ついスカッとしたくて牛丼やうどんに一味唐辛子をドバドバかけてしまったり、ピザやパスタにタバスコをこれでもかとかけてしまったり、またダイエットに良い!と生姜を汗が出るほど豚汁に入れてしまったり・・・。

食べ物でストレス解消をする傾向のある方の中に、ちょっと人には見せられないくらい香辛料を無茶苦茶入れてしまう方っていませんか?
「辛味」は痛み、つまり粘膜を刺激して炎症させるものです。
適量は血行促進など体にとって良い効果になりますが、入れすぎは禁物ですよ。

腹八分目

一日三食のうち、どれかは必ずお腹いっぱい食べたい!という方もご注意を。
胃もたれの原因の一つは胃の中に入った食物と胃酸が長い時
間胃の中に留まっていることです。

胃の中で消化された食物と胃酸をスムーズに腸へと流すには、胃の蠕動運動を鈍らせてはいけません。
私たちは満腹!お腹いっぱい!とお腹いっぱい食べることに幸せを感じますが、胃にとっては身動きが取れない状態と言えます。
朝胃もたれしやすい方は夜ご飯の量を気持ち少なくしてみましょう。

生理前の胃のむかつき・吐き気

吐き気を我慢する女性
生理前に胃がムカムカしたり、うえっと吐き気を催してしまう・・・。
ま、まさか妊娠?と非常に紛らわしいこの症状ですが、生理前の胃の不調はPMSの一つなんですよ。

女性の体内では、毎月生理が近づいてくるとプロスタグランジンという物質が子宮内膜から分泌されます。
プロスタグランジンは人間の体内のあらゆる組織や器官に存在する、生理機能と深く関わりのある物質です。
生理機能というとホルモンでは?と思いますが、あくまでホルモンとよく似た働きをする「物質」なのだそう。

プロスタグラジンには、プロスタグラジンE2プロスタグラジンF2αとの二種類があり、後者のF2αは子宮を収縮させ、不要になった粘膜を血液とともに体外にスムーズに押し出す働きがあります。
その働きは子宮と近い位置にある胃腸まで影響を及ぼすことがあり、胃がムカムカしたり、胃がキュッとして吐き気を催してしまうんです。


このつらい症状を緩和するには、とにかく体を冷やさないで血行を良くすることです。
プロスタグラジンの役割は、経血を体外に出すこと。
体が冷えて血行が悪い状態ですと、経血の排出がスムーズに進みにくくなるため経血を体外に出そうとプロスタグランジンの分泌量が増えます。
言わずもがな、プロスタグランジンの分泌が増えるということは、それだけ胃のむかつきや吐き気、そして生理痛がひどくなるということ。

日常的に体を冷やさないようにするのはもちろん、とくに生理予定日の一週間前になったら、お腹から腰回りをより意識して温めてあげてくださいね。

治らない慢性的な胃もたれは「ピロリ菌」かも?


ちょっと食べ過ぎただけですぐ胃もたれしたり、胸焼けしたり、吐き気がしたり、あとストレスを感じるとすぐ胃が痛くなったり、思い返せばいつも何かしら胃の調子が悪い気がするのはピロリ菌が原因かもしれません。

ピロリ菌は胃の中にいる細菌で、強い胃酸の中でもたくましく生きる菌。
そのたくましさこそが胃の不調を引き起こす原因になります。
胃酸に負けずに生きるために、彼らはアンモニアを排出し続けます。
排出されたアンモニアは人間の胃の粘膜を傷つけますので、ピロリ菌がいる限り、毎日毎晩胃の粘膜を傷つけ続けられてしまうことに・・・。
慢性的に胃の粘膜が傷つけられてしまっては、当然修復が追いつかず、常に胃の中が荒れた状態になりますよね。

女性のお腹
ピロリ菌と聞くとギョッとしてしまいますが、この菌は特別珍しいものでなく実は子供の頃にすでに感染していて、自覚がないまま大人になってもピロリ菌が胃の中に潜伏してた!なんてのは良くある話です。
子供の胃というのは、まだ胃の中で分泌される胃酸が弱く、ピロリ菌にとってはとても居心地が良いのだそう。

放っておくと胃潰瘍や胃がんにつながることもありますので、(もしかしたら・・・)と思ったら早めに検査を受けましょう。
きちんと病院で治療(服薬)すれば75パーセントの確率で除菌することが可能ですので、怖がらずに自分の体と向き合ってみて下さいね。

毎日の食事に取り入れたい胃の不調を整える食材

ハッピーフードを食べる女性
大人の胃の不調は消化不良・胃酸過多・胃酸不足・胃粘膜のただれ・炎症などがあります。
それぞれの不調の原因にあった「健胃食材」を毎日の食事にちょい足ししてみましょう!

消化不良には納豆

消化不良を起こしやすい方は、消化を促進する作用のあるパーフェクト食材納豆がおすすめです。食べたものを消化する「消化酵素」にはデンプンを分解するもの、タンパク質を分解するもの、脂肪を分解するものの三種類があります。
納豆は三種類全ての酵素を含むパーフェクトな消化剤なんです!

胸焼けにはワカメ

わかめ
胸焼けは胃酸が必要以上に多く分泌された胃酸過多の状態です。胃酸、つまり「酸性」を中和するにはアルカリ性のカルシウムを多く含む食材を取る必要があります。
もっとも手頃なものがワカメです。胃酸過多はストレスや喫煙でも引き起こる症状ですので、自分自身の生活の見直しも同時にしていくことが大切です。

胃粘膜の保護にはもずく

ピロリ菌や刺激物の摂りすぎ、ストレスなどで胃粘膜が弱っている方にはもずくをおすすめします。
もずくの独特のヌルヌルにはフコダインという胃粘膜を保護して修復してくれる成分が含まれています。

年齢による胃弱には梅干し

梅干し
よっぽど体が疲れて弱ってしまった時(胃弱)、またお年寄りの方などは胃酸の分泌が足りなくて胸焼けすることもあります。
胃酸の分泌を促し、食欲を回復させる梅干しをおかゆやおにぎにりの具にするなどして一日一粒を目安に食べてみてください。

胃炎にはモロヘイヤ

胃炎、胃潰瘍になりやすい方は炎症やただれを抑える働きのあるモロヘイヤを。
モロヘイヤには免疫力を高めて炎症を抑えるビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて、その含有量は野菜の中でもトップクラスです。
細かく刻んで、お醤油を少し垂らしてご飯にかけて食べると美味しいですよ!

胃の調子が悪いと色々困る

妊婦さん
筆者(34歳)はもちろん、なぜこうも大人は「胃もたれ」という症状を気にかけるのでしょう?
それは単に胃がムカムカして気持ち悪いだけでなく、そのせいで仕事に集中できなかったり、メンタルの不調にも関わってくるからです。
胃の調子が悪いというだけで、仕事もプライベートも最低限やるべきことをこなすだけで精一杯になってしまったり、周りのみんなみたいにニコニコできなくなっちゃいます。
常に胃の不調に意識が囚われていますから、ネガティブな状態になって当たり前ですよね。

胃の調子が良いと、まずシャキッと姿勢良くいられますし、気持ちが明るく軽いジョークもポンポン出てきます。
また自然と笑顔になり、意識して口角を上げずとも「にこやかな人」と人間関係も円満に。

自分の殻にずーっと閉じこもっているわけにいかない大人の私たちは、バラ色の人生を送るためにもこの慢性的な胃もたれはどうにか解消したいものですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:まつもとなみ

著者の記事一覧

1984年生まれ。
神奈川県の田舎町にてリラクゼーション&エステ「Holistic Spa LUCIA」を経営。
楽しむことを一番に、ゆったりマイペースにやってます。
また「食」への深い興味から薬膳コーディネーターを取得。
日々学び、感じたことを生かして女性のキレイを応援し続けたいと思っています。







関連記事

ページ上部へ戻る