寝言ムニャムニャには深刻なストレスが潜んでる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寝言ムニャムニャには深刻なストレスが潜んでる

あなたの寝言はどのタイプ?寝言から分かるストレスチェック☆

寝言って一緒に寝ている相手から指摘されることがほとんどですよね。
寝言は睡眠中、脳がストレスを解消しょうとして起こる現象で、どんな寝言を言っているかでストレス度合いを測ることができます。
皆さんは普段自分はどんな寝言を言っているか、一緒に寝ているパートナーや家族に聞いてみましょう!

⒈ストレス指数30%「夜中になると頻繁にムニャムニャ・・・」

寝起きの女性
「ムニャムニャ・・・」
何を言っているかまでは聞き取れない、ムニャムニャした寝言。
たまにであれば基本的にはあまり心配しなくて良いものと言われています。
ただし、それこそ毎晩のように夜中になると「ムニャムニャ・・・」と寝言を言っている人は、日常的に眠りが浅い可能性があります。

寝言は睡眠の浅いレム睡眠のときに起こる現象です。
本来であればぐっすり熟睡しているはずの夜中に寝言をムニャムニャ言い出すということは、その人はレム睡眠の状態が長くあまり熟睡できていないことになります。

夜眠る前に、スマホやゲームに夢中になりすぎてはいませんか?
夜中に頻繁にムニャムニャ寝言を言う人は、精神的なストレスと言うよりも、脳が興奮状態からなかなか戻れなくなりしっかり休めていない「脳ストレス」を抱えていることが原因です。

⒉ストレス指数50%「感情的なムニャムニャした寝言」

アイマスクをつけて眠っている女性
「ム・・・ムニャァァァ!」
相変わらず何を言っているかは分からないものの、怒りや悲しみを感じる寝言は、重い精神的ストレスを受けてそのまま抱え込んでしまっている可能性があります。

ちなみに「むにゃぁ・・あはは・・・」なんて笑っている場合はご心配なく。
きっと楽しい夢を見ているのでしょう。
たまに「なんか寝言で怒ってたよ?」と指摘される程度であれば、あまり心配する必要ありませんが、それが頻繁になってしまったら自分が辛いと感じている精神的なストレスと一度ちゃんと向き合ってみましょう。

重たい精神ストレスになる原因は人間関係や経済的なことなど様々ですが、ほとんどの悩みは絶対に解決できない問題ではなく、睡眠の妨げになる程自分の体に悪影響を及ぼすものです。
軽視してはいけません。
頻繁にネガティブな感情のこもった寝言を言う人は、寝言が警告を鳴らしてくれているうちに溜め込んだストレスをささっと解消しちゃいましょう。
特にぎゃー!とかうわぁぁぁ!!とか叫び始めたら、それはレッドカードです。

⒊ストレス指数80%「はっきりした寝言」


寝言は本来、眠りの浅いレム睡眠時に起こるもの。
脳は起きている状態だけれど体は寝ているので口がうまく動かせず「ムニャムニャ」とよく聞き取れない寝言になります。

ところが、稀にはっきり何を言っているか聞き取れる寝言を言う場合があります。
これは眠りの深いノンレム睡眠、つまり脳は寝ているけれど体は起きている状態の時に起きる現象です。

「ムニャァァァ〜!」というよく聞き取れない寝言に比べて、「もういい加減にしてぇぇぇ!」といったはっきりした寝言を言う人は、本人の抱える精神的なストレスがかなり根深く、また肉体的に病気が潜んでいる場合も考えられます。

4.ストレス指数100%「暴力を伴うバイオレンスな寝言」

静電気に悩む女性/髪のくせ毛
暴力、といっても寝言をかいている本人は意識して相手を殴るわけではありません。
隣で寝ているがために「うわぁぁぁ!(腕をブンッ!)」と叫びながら大きく振りかざした腕が、不幸なことに舎人で寝ている人にクリーンヒットしてしまうわけです。

とはいえ、寝言だけでは治らず行動まで現れるとなるとかなり重症です。
怒りの他にも、「うえぇぇぇぇん!」と涙を流して大泣きする場合もあります。

朝起きて、本人がいくらケロっとした顔をしていても、頻繁に行動を伴う寝言を言う場合は鬱や神経系の病気が潜んでいる場合が非常に多いです。
たまになら心配いりませんが、頻繁に起こるようだと『レム睡眠行動障害』という夢の中でしていることを実際にしてしまう病気の可能性もあります。
思い当たる人は必ず一度病院に行ってお医者さんに相談してみましょう。

寝言に潜むストレス『心の病気』

診察する医者
寝言の原因のほとんどは、ちょっと強めの精神的ストレスが原因であることが多いのですが、PTSDという心の病気が潜んでいることもあります。
PTSDは心的外傷後ストレス障害という、心の病気の一つです。
強烈なショックを受けた体験や受け流しきれないほどの大きな精神的ストレスが心に傷をつけ、時間が経ってからもその経験に対して強い恐怖を感じてしまうつらい症状です。
PTSDはつまり『トラウマ』。
忘れるべきつらい経験を、その夢を見るたび思い出し、その度に眠れなくなってしまったり、頭痛やめまいを引き起こすこともあります。

ひどくうなされていたり、泣いてしまっていたり、叫んでいたりと自分はもちろんのこと、もしパートナーがあまりにもひどく定期的にうなされていてその度体調を崩しているようであれば、この病気の可能性を考えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:まつもとなみ

著者の記事一覧

1984年生まれ。
神奈川県の田舎町にてリラクゼーション&エステ「Holistic Spa LUCIA」を経営。
楽しむことを一番に、ゆったりマイペースにやってます。
また「食」への深い興味から薬膳コーディネーターを取得。
日々学び、感じたことを生かして女性のキレイを応援し続けたいと思っています。







関連記事

ページ上部へ戻る