たんぽぽ白鳥さんも-11㎏!大根おろしダイエットの効果と成功の秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
たんぽぽ白鳥さんも-11㎏!大根おろしダイエットの効果と成功の秘訣

最近、食事に何か付け合わせをすることで、脂肪の吸収を抑えたり代謝をアップさせるダイエットが流行っていますよね。
食べ合わせダイエット帳消しダイエットと呼ばれています。

例えば炭水化物がメインとなるラーメンは、タンパク質であるチャーシュートッピングをチョイスするのが栄養バランスが良くなるのでおすすめなんだそうです。
さらに食後にバナナを食べると、バナナに豊富なカリウムがラーメンの塩分によるむくみを抑えてくれるとか。
他にも、揚げ物+レモン、ピザ+オリーブオイル、パスタ+リンゴジュースなどなど。
美味しく食べて、かつ太りにくくなるというとても理想的なダイエット方法ですね。

そんな食べ合わせの中でも私が注目しているのが大根おろし(生大根)です!
昔から「大根食べれば医者いらず」なんて言われているように、大根にはダイエットはもちろん健康や美容にもプラスの効果が沢山あるんです♪

目次

  1. クリニック院長先生推奨!生大根で2ヶ月半で-11kg!
  2. 生の大根に秘められた効果 何故痩せたり美肌になるのか?
    ①3つの消化酵素が炭水化物などを分解・消化
    ②辛味成分が脂肪が付きにくくする
    ③カリウムがむくみ解消してくれる
    ④食物繊維が便秘改善し、腸をキレイにしてくれる
    ⑤⑥ビタミンC・Pが白くてキメ細やかな肌に!
  3. 生大根ダイエットのやり方
  4. 生じゃないといけない理由は…酵素が熱に弱いから!
  5. 大根おろしは作り置きしないこと!
  6. 楽ちんで美味しい!おすすめの組み合わせレシピ
  7. 大根の辛みをやわらげる方法
  8. フードプロセッサーより手でおろすのがおすすめ
    大根おろし器を買う時のチェックポイント
  9. どのくらいの期間で効果や体の変化を感じるのか?
  10. おわりに【私の体験談】食べて数時間で効果を実感

クリニック院長先生推奨!生大根で2ヶ月半で-11kg!

生大根ダイエット100レシピ 本
生の大根を使ったダイエットは、クリニックの院長である鶴見隆史先生が推奨しているダイエット法です。
「生大根ダイエット100レシピ」という本も出版されています。
美容系の人気TV番組 ビューティーコロシアムのダイエットスペシャルでは、女性芸人のたんぽぽ 白鳥さんが生大根ダイエットに挑戦し、70日間で11kgのダイエットに成功しています。

番組によると、白鳥さんの体重は72kgから60.4kgに、体脂肪率は37%から29.1%に減少!
見た目的にもウエストは91cmから67cmにサイズダウンし、お腹周りがスッキリ。

白鳥さんだけでなく、元AKB48の前田敦子さんも生大根ダイエットを実践していることを公表し、大人気アイドルも実践するダイエット法として生大根は大注目されました。

生の大根に秘められた効果 何故痩せたり美肌になるのか?

大根
生の大根を食べると、次のような効果があります。

大根おろしに豊富な成分と効果

消化酵素 ➡ 血糖値上昇を緩やかに、消化を促進。
イソチオシアネート ➡ 活性酸素を除去、新陳代謝アップ。
カリウム ➡ むくみ解消。 
食物繊維 ➡ 便秘解消、腸を健康に。
ビタミンC ➡ 美白・美肌効果。
ビタミンP ➡ ビタミンCの吸収を高める。

①3つの消化酵素が炭水化物などを分解・消化


大根には、アミラーゼ・プロテアーゼ・リパーゼという3種類の酵素が含まれています。
摂りすぎると太るけど美味しいからついたくさん食べちゃう!という炭水化物や脂質に働きかけ、ダイエットを阻害したり、汚肌の原因となる便秘解消にも 一役買っている頼もしい作用を持っています。

▶アミラーゼ(デンプン分解酵素)
アミラーゼは私たちの唾液にも含まれている、デンプンを分解する消化酵素です。
お米や麺などの炭水化物はアミラーゼにより分解されます。
消化を促し、血糖値の上昇も緩やかにしてくれるんです。
食事に大根おろしをちょい足しするだけでさっぱり食べる事が出来ますし、胃腸の負担も軽減されるので、食欲が無い日や胃腸の調子が悪い時にも嬉しい効果を持っています。


▶プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)

プロテアーゼはお肉などのタンパク質を分解してくれる消化酵素です。
腸内での消化促進・代謝アップ・エネルギー生成・栄養不足の改善予防など美容健康に欠かせない作用があります。

プロアテーゼが不足すると、消化が悪くなり、消化されなかったタンパク質が腸内で腐敗してガスが発生してしまいます。
つまり、プロアテーゼ不足=おならが増えたり臭くなったりします!
ガスがお腹に溜まるとお通じも悪くなり、お腹が張ってしまいます。

また、胃腸による消化吸収には膨大なエネルギーを消費します。
そのエネルギー消費量は、1日3食をしっかり食べた場合でフルマラソン1回分に相当すると言われているんです。
とくに肉類のタンパク質は栄養素の中でも最も消化が大変で、消化に24時間以上かかるとされています。
つまり、暴飲暴食をしたり、野菜嫌いでお肉ばっかり食べている人は、それだけ胃腸を酷使しているということ。
タンパク質の摂りすぎやプロアテーゼ不足は、消化不良・胸焼け・胃もたれなどの不調に繋がります。

よく便秘の人やオナラが臭い人に「肉だけでなく野菜を食べなさい」なんて言いますが、本当にお肉ばっかり食べてると便秘やオナラの原因になってしまうんです。
便秘は肌を汚くしますし、便秘を治すだけでも5~7キロは痩せると言われていますから、プロアテーゼがいかに大事な消化酵素であるかがわかりますね。


▶リパーゼ(脂肪燃焼酵素)

リパーゼは脂肪を分解してくれる消化酵素です。
体がエネルギー不足になった時に活性化し、体内の脂肪を燃焼させる働きがあります。
なので、ダイエットの強い味方なんです。
から揚げや天ぷらなど油を使った料理を食べる時は、胸やけや胃もたれ予防の為にも大根おろしを添えたいですね。

②辛味成分イソチオシアネートが脂肪が付きにくくする

大根おろし
大根って甘い部分と辛い部分がありますよね。
大根は葉っぱがついている側が甘味が強く、細くなっている根っこ側が辛いんです。
その辛味であるイソチオシアネートという成分には、代謝を高めて脂肪が付きにくくする働きからダイエット効果があります。
さらに、活性酸素の除去や新陳代謝を活発にする働きがある為、アンチエイジング効果も期待できるんです。

一般的には、根っこ側の辛みの強い方は煮物など火を通す調理法がおすすめで、葉っぱ側の甘い方が大根おろしやサラダなど生食におすすめとされています。
でも、イソチオシアネートの効果を考えると、辛みの強い根っこ側の方がより効果が高いみたいですね。


また、イソチオシアネートは、大根を切ったりおろしたりした時に、酵素が化学反応を起こして生成されるので、やはり大根おろしにして食べるのが一番おすすめです。
皮の部分が一番辛いので、抵抗が無ければキレイに洗って皮ごとすりおろすのも良いと思います。

③カリウムがむくみ解消してくれる


大根を食べるとカリウムも摂取できます。
カリウムは私たちの体に必要なミネラルの一種で、浸透圧の調整などを行っている栄養素です。
カリウムが持つナトリウム排出作用は、摂取した塩分を調整し、塩分の摂りすぎによって起こる高血圧や心疾患を防いでくれています。
そして利尿作用によって、余分な水分やナトリウムを排泄により体外へ出してくれるんです。

このように、むくみの防止にカリウムが良い理由は、カリウムには体内の水分量を調節してくれる働きがあるためです。

④食物繊維が便秘改善し、腸をキレイにしてくれる


大根は食物繊維も豊富です。
便秘と言えば食物繊維ですが、食物繊維は便をやわらかくしたり、量を増やしたり、う~ん!と力まなくてもするっとスムーズに出しやすくしてくれる働きがあります。

⑤⑥ビタミンC・Pが白くてキメ細やかな肌に!

スキンケアをする女性
大根にはビタミンも豊富で、ビタミンCはコラーゲンの生成や美白効果が期待できます。
コラーゲンは肌の弾力に関係していて、肌のハリ弾力は見た目の若さを左右しています。
顔や体のお肉のハリ具合が10代はやはり違いますからね。
ちょっと古い言葉で若い子を「ピチピチ」と表現しますが、本当に若い肌ってピンッ!と張ってピチピチしてます。
そしてビタミンPはビタミンCの吸収を高める効果があります。

便秘が改善するだけでもお肌にいい影響があると思いますが、ビタミンがさらに美肌効果をもたらしてくれるでしょう♪

生大根ダイエットのやり方

揚げ出し豆腐
生大根ダイエットのやり方は、毎日の食事前もしくは食事中に大根を生で食べるだけです。
量は1日300g。
大根を大体6㎝くらいに切ると300gなので、平均的サイズの大根1本なら5日間くらい持つと思います。
1日の食事が朝昼晩の3食なら100gずつ3回に分けて食べるのがおすすめです。

後程理由を詳しく説明しますが、このダイエットは大根を加熱などせず、そのまま『生』で食べる事が重要です。
大根が生であれば、おかずに乗せたり、混ぜたり、調味料をかけても構いません。
すりおろした時の汁は捨てずに一緒に全部食べるのがおすすめです。

生じゃないといけない理由は…酵素が熱に弱いから!


生大根ダイエットは、加熱調理をしてはいけません。
なぜ加熱してはいけないのかと言うと、ダイエットに繋がる大根の消化酵素や辛味成分のイソチオシアネートが、熱に弱いためです。
加熱すると効果がかなり弱まってしまうとされていますから、生で食べなければ意味が無いということです。
イソチオシアネートの、すりおろしたりしたときに化学反応を起こして生成される、という性質からもやはり一番おすすめの食べ方が大根おろしなんです。

先ほど、加熱しなければ好きに調理したりトッピングしてOKと書きましたが、酵素が熱に弱い性質から、熱々のお鍋+大根おろしのようなトッピング法は効果が薄くなってしまうかもしれません。

大根おろしは作り置きしないこと!


生大根の恩恵を最大限に得るためには、加熱しない事ともう一つ、作り置きしないことがポイントです!
イソチオシアネートは空気に触れると減少してしまいます。
大根は食べる直前にすりおろすようにし、すりおろしてから15分以内には食べる様にしましょう。

大根をおろすのって、習慣が無いと結構面倒くさいと思います。
手も汚れますし。
なので作り置きしたいと考える人も多いと思いますが、せっかく食べるのに効果が弱いと勿体ないので、頑張って食事前にすりおろす習慣にしましょう。
私も初めは面倒でしたが、何度かおろしていると段々慣れてきました。

楽ちんで美味しい!私のおすすめの組み合わせ


大根おろしは、焼き魚や卵焼き、ご飯に乗せるだけでも美味しいですが、とくにおすすめで私のお気に入りの組み合わせをご紹介します。

しらす+大根おろし

シラス 食べ物 食事 大根おろし
【材料】
・しらす
・大根
・醤油かポン酢

大根おろしを使った定番のメニューですよね。
しらすはお魚だけど焼く必要が無く、骨や皮が残らないので片づけが楽なのが嬉しいです。
調味料は醤油でも美味しいのですが、大根の酵素はしらすに含まれる必須アミノ酸リジンの吸収を阻害するとされています。
そこで、リジンの吸収を助けてくれるポン酢をかけるのがおすすめされています。

ナス+大根おろし

ナス
【材料】
・ナス1本
・大根
・醤油

ナスは5mmくらいの薄切りにし、耐熱皿に並べてラップをして電子レンジでチン。
700wで2分~3分加熱し、しんなりしたら大根おろしと醤油を乗せて完成です。
フライパンで焼くよりノンオイルでヘルシー。
さっぱり食べられます。

豚肉+大根おろし


【材料】
・豚肉(生姜焼き用かこま切れ)
・大根
・塩、コショウ
・お好みでにんにく(チューブでOK)
・好きな調味料(醤油やポン酢やドレッシング)

お肉は鶏肉でも美味しいですが、私は豚肉が一番おろしに合うと思ってます。
フライパンににんにくを落として、豚肉を焼き、塩コショウをして、あとは大根おろしと一緒に食べるだけ。
調味料は醤油、ポン酢、青じそドレッシングなどが合います。
玉ねぎやもやしを一緒に炒めたり、大根おろしの上に大葉を乗せるとちょっとだけ手が込んで見えます♪


夏ならソテーではなく冷しゃぶにするのも簡単でおすすめ。
しゃぶしゃぶ用の豚肉を買って、お鍋のお湯でしゃぶしゃぶさせて、冷水でお肉を洗い、器に盛りつけ。
大根おろしにポン酢をかけたら夏バテで食欲が落ちている時もさっぱり美味しく食べられます。

納豆+大根おろし


【材料】
・納豆+タレ
・醤油
・大根
・薬味(ネギや大葉などお好みで)

納豆を混ぜてタレと醤油をかけて大根おろしと混ぜるだけ!
ご飯に合います。
お好みでネギや大葉、カイワレ、刻み海苔なんかを乗せると見た目も良くなって良い感じです♪

ヨーグルト+大根おろし


【材料】
・ヨーグルト
・大根
・はちみつ

これはテレビで紹介されていたレシピです。
ヨーグルトと大根おろしとハチミツを混ぜるだけ!
合わなそうで意外と合う、不思議な組み合わせ。
ヨーグルトと大根おろしは4:1でヨーグルトが多め。
大根おろしの辛みもやわらぐので、大根おろしが苦手な人におすすめのレシピです。
もともと、ヨーグルトには食前に食べると血糖値の上昇を抑える効果があるんです。
私も家では食事前にヨーグルトか牛乳を摂るようにしています。

辛いのが苦手なら我慢しないで!大根の辛みをやわらげる方法


大根おろしダイエットは辛みの強い根っこ側を使うのがおすすめと言われているのですが・・・たまにビックリするほど辛い大根があります。
大根おろしが大好きな私でも、今日のはキツイな~と思う事があるので、もともと大根おろしがあまり好きでない人は食べられないこともあるでしょう。
生大根ダイエット挫折の理由が、大根おろしが辛くてどうしても続けられなかったという事も少なくありません。

もし美味しくないと感じるならば無理して食べない方が良いと私は思います。
辛いのがとてもツライのに我慢して食べていると、食事そのものが苦痛な時間になってしまいます。
すると、ストレスが溜まりますし、口直しや、美味しく食べて満足したいという気持ちから間食が増えてしまったりする可能性があり、ダイエットには逆効果です。

無理をせずなるべく苦痛を感じないように食べる様にしましょう。

1.無理して根っこ側を食べない

辛みがどうしても苦手なら、無理して根っこ側を食べず、甘みの多い葉っぱ側を食べた方が思います。
根っこ側の方がより効果的かもしれませんが、葉っぱ側の甘い大根おろしでも全く効果が無いわけでは無いので大丈夫です!

大根を1本買ったら、真ん中ぐらいまではおろしにして、根っこ側はお味噌汁や煮物に使ってしまえばOKです。
大根だけのお味噌汁でも美味しいですし、メインに豚肉を使う日なら1、2切れ味噌汁に回すと豚汁風になってちょっと豪華なお味噌汁になりますよ。
お豆腐・油揚げなど冷蔵庫の物を追加したらさらに豚汁に近づきます。

2.冬の大根を食べる

冬大根
大根は、春大根・夏大根・冬大根と季節によって辛さが変わります。
夏の大根が一番辛く、冬の大根は甘いんです。
何故冬大根だけ甘いのかと言うと、冬は大根が自ら寒さで凍らないよう水分を減らして糖分を増やすためです。
なので、夏大根の間は葉っぱ側の甘い部分を食べる。
もしくは甘い大根がスーパーに並ぶ時期にだけ生大根ダイエットを頑張るのはどうでしょうか。

3.味の素を加える

どういう原理かはわからないのですが、大根おろしに味の素を少量加えると辛みがやわらぎます。
完全に辛みが無くなるわけではありませんが、よく知られた有名な方法なのでお試しください。

4.皮を厚めにむく


辛み成分は皮の部分に多く含まれています。
なので、皮を少し厚めにむくと辛みがやわらぐことが期待できます。
効果が少なくなってしまうのでは?と思うかもしれませんが、不味いのを我慢して食事するよりは良いと思います。
私も皮はむく派です。

フードプロセッサーより手でおろすのがおすすめ

大根おろし器
大根おろしはフードプロセッサーを使うより手ですりおろすのがおすすめです。
あまり細かく粉砕してしまうと、ドロドロになってしまったり、酵素などの効果が半減してしまうと言われています。
大根おろし専用!みたいな感じの電動おろし器も売られているのですが、手動よりも価格が高いですし、サイズが大きかったりパーツの洗浄が面倒だったりということがあります。
家族が多くて大量にすりたい場合は時短になり便利かもしれませんが、1人2人分しか必要ないのならデメリットの方が勝ってしまうと思います。

毎日のように使う事になる大根おろし器ですから、自分に合った使い勝手の良いものを選びましょう!
料理が好きな人なら大根以外にもワサビやチーズ、にんにくなどをおろす時もあるかもしれません。
おろし器の素材によって価格や耐久性、食感も結構変わりますよ♪

大根おろし器を買う時のチェックポイント

1.サイズ

刃の幅は大根の直径(7㎝前後)よりも大きめの方がおすすめ。
その他、収納しやすい大きさや形状か、出しっぱなしにしてもキッチンを圧迫しないかなどもチェック。

2.重さ

電動は重いので、使うたびに収納したいのなら面倒になる可能性あり。
軽い素材は洗う時や収納に楽ですが、少し重みがあった方がおろしている時は安定しやすいです。

3.素材

大根おろし器
アルミ・・・耐久性がなくズボラに使うと錆びることがあるが、軽くて安く一番手頃。
大根おろし器
ステンレス・・・アルミ製よりも少し価格が高く重いが、耐久性が高くお手入れも楽ちんで優秀。
大根おろし器
プラスチック・・・軽くて安く、オシャレなデザインが多い。
耐久性はあまりないが、見た目にこだわりたい人におすすめ。
大根おろし器
セラミック・・・小振りな商品がほとんどで、おろしたものは外側の窪んだ受け皿部分に溜まっていくので食べる直前に1人分おろすのにおすすめだが、多人数分をするのには不向き。
どの方向からでもすりおろせるので、力をかけずクルクル円を描いて簡単におろせるのがポイント。
大根おろし器
・・・高価だが耐久性に優れ、一生使える大根おろし器。
刃が鋭く切れ味抜群なのでちょっと怖いが、ワサビなど大根以外にも色々使える。
高級で見た目も美しい。

4.できあがりの食感

銅製➡キメ細かく、空気を含んだなめらかな仕上がり。和え物などにおすすめ。
セラミック➡水っぽくふんわりした仕上がり。ざるそばやドリンクにおすすめ。
竹製➡シャキシャキザクザクとした食感の残った粗い仕上がり。ハンバーグや焼き肉、シラスおろしなど幅広くおすすめ。

5.水切りや受け皿が必要か

おろし器がそのまま器(うつわ)として使えるものは洗い物が増えず便利だと思います。
水が切れるように工夫されたものもおすすめです。

オシャレなおろし器

野菜スライサー7点セット

大根おろし器の他、薄切り器、千六本、細千切り器、受け器、刃先から指先を守るプロテクター、スタンドの7点セットです。
輪切りや刺身のつまなど色々な切り方が楽にできて料理の幅が広がります。
デザインもカラフルでオシャレ!

食感が新しいおろし器

竹製大根おろし器 鬼おろし

日本製の竹で作られた大根おろし器。
普通のおろし器ですりおろしたものよりもフワフワで、少し荒めのシャキシャキ食感が残った大根おろしが作れます。
初めて使ってみると、新しい食感に感動すると思います♪

手が汚れないおろし器

くるくる 大根おろし器

大根をセットしてハンドルを回すだけの、かき氷器みたいな大根おろし器。
力がいらず、何より手が汚れないのがポイントです。
手荒れをしている時や、ネイルが気になる人におすすめです

どのくらいの期間で効果や体の変化を感じるのか?

ダイエット ビフォーアフター
大根おろしダイエットはどのくらいの期間続ければいいのか、気になりますよね。
しかし、大根おろしダイエットに限らずほとんどのダイエット法は個人差があるので一概には言えません。
女芸人の白鳥さんは70日間で-11kgという効果を得ましたが、同じ期間でもっと体重が減る人も居るでしょうし、半分くらいしか落ちない人も居ると思います。
もともと痩せの人は、体重は現状維持に留まるかもしれません。

体型や体重、お肌の変化に比べ、お通じの変化はわかりやすいかもしれませんね。
軽度の便秘症ならその日のうちに効果を実感できることもあると思います。

大根おろしダイエットはとくに期間は決められていませんから、自分に合っていると感じたらいつまででも続けてもらってOKです!

おわりに【私の体験談】
体調不調な毎日、ある日大根おろしを食べて数時間で効果を実感


私は大根おろしの効果を食べて数時間で実感しました。
というのも、私が大根おろしにダイエットや美肌効果があることを知ったのには、あるきっかけがありました。

私はある日突然体調を崩し、その数日後に逆流性食道炎と診断されました。
症状は食道の圧迫感と吐き気です。
日によって体調の良し悪しが激しく、酷い日は吐き気でトイレから出られないくらいでした。
実は私は嘔吐恐怖症で、胃腸も強いのか28年間嘔吐をしたことがありません。
胸やけ胃もたれの症状もよくわかりません。
なので、どう吐けばいいのか、この胃から胸の辺りに感じる不快感は何なのか・・・病院へ行くまで自分でもどうすればよいのかわかりませんでした。
診断を受けてから薬で不快感を抑えてはいましたが、いつまでも胃の中に食べ物が残っている感覚があり、胃が空っぽになると空腹感は感じるものの食べたらまた気持ちが悪くなるので食事が苦痛になっていきました。

そんな不快が続くある日、白米に大根おろしを乗せて食べました。
すると、いつも感じるはずの食後の不快感が大分落ち着いていました。
逆流性食道炎は食べ物の相性があり、気持ち悪くなりにくいものとなりやすいものがあるので、自分なりに調査をしていました。
そして何度か食事をして気づきました。
大根おろしを食べた時は気持ち悪くなりにくい!ということに。
そして大根おろしの効果を調べると、すぐに大根おろし(生大根)ダイエットを知ることが出来ました。
そして、大根の効果に感動した私はこの記事を書こうと思ったのです!

350
便秘への効果は、私は元々毎日お通じがあるのでわかりませんでしたが・・・
・消化のサポート
・太りにくくなる
・肌のコンディションが良くなる
・体調が良くなる
という効果は実感しています。
とくに消化のサポート効果は先ほど書いたように食べて数時間で感じました。

体重の減少は、大根おろしを食べるようになってから1ヶ月で3キロ程度落ちました。
これは100%が大根おろしの効果ではなく、逆流性食道炎で食事量が落ちた事もあると思うのですが…。
ただ、診断初期の私はおかずを食べる元気が無く、ほぼ毎日お米しか食べていませんでした。
白米にお湯をかけて梅干しを乗せる、具の無いお味噌汁に白米を入れる、やわらかめに炊いた白米に塩をかける・・・などなど。
大根おろしの効果に気づいてからも暫くは白米に大根おろしと醤油を乗せて食べてました。
ほぼ炭水化物の毎日!
それでも体重減少しました。
大根の消化酵素が、炭水化物を率先して消化してくれていたのだと思います。

こんな偏った食事をしていたにも関わらず、とくに肌は荒れていませんし、むしろ調子は良い方です。
これも大根おろしのおかげかなと思ってます。

逆流性食道炎と診断されて3ヶ月が過ぎ、この病気との付き合い方もわかってきて、お肉やお魚が食べられるようになりました。
もちろん大根おろしを乗せて食べています。

大根おろしが好きな人、コッテリした食事がきつくなってきた人、美味しく食べて痩せたい人に是非取り入れてもらいたいダイエット方法だと思います♪

夏に日焼けた肌を白くしたい!「大根おろし」に隠された美白の真実とは夏に日焼けた肌を白くしたい!「大根おろし」に隠された美白の真実とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Aya

著者の記事一覧

こんにちは、インドアな30代主婦です。
27歳の頃から急激にお肌の老化を感じ、ズボラながらに美容を意識するようになりました。
子供の頃は重いアトピーでした。
成長とともに大分落ち着いてはきましたが、今でも手や脚にはまだアトピーがあり、気を抜くと悪化してしまいます。
私と同じような肌質の方へ、役立つ情報をお伝えできたら良いなと思います。
また、大学で学んだ心理学と、女だらけの職場で働いた経験を活かして、人間関係やストレスについての記事も書いていきます。







関連記事

ページ上部へ戻る