2019年の星占い-2019年はどうなる?12星座でみる運勢-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年の星占い-2019年はどうなる?12星座でみる運勢-

2018年は一体どんな1年でしたか?
あっという間に上半期が過ぎ気が付けば下半期も残りわずか!
来年こそ!来年こそ!と思って今年が終わってしまったという人も多いと思います。
2018年を振り返って良かった人も悪かった人も、今年の経験を踏まえ2019年をより良くするために運勢をみていきましょう!

☆各星座別占いはこのコラムの最後から読むことが出来ます☆

 

善悪がだんだんと明白になってきた2018年

虫眼鏡を持つ子供
2018年は「正義は栄え、悪が滅びる」といった片鱗が少しずつ見えてきた1年といえました。
日本国内でいえば、相撲界での横綱の暴行事件の暴露、日大アメフト部の監督とコーチによる反則行為の支持の暴露、議員のセクハラ、レスリングコーチのパワハラ暴露などなど、以前であればもみ消されていてもおかしくないような被害が次々に明るみになるようなことが多かったかと思います。
また、悲しいことですが児童やペット虐待などの凄惨な現状がニュースで取り上げられることが多かったようにも感じます。ただ、そこで終わらずそういった悲劇を繰り返さないための運動や活動を実際に行おうという動きも見えてきたことも事実です。

世界規模のニュースではセクハラ被害を暴露する♯MeToo運動が行われたり、アメリカと北朝鮮の会談など歴史を変えるような出来事も多くありました。ペースとしてはゆっくりかもしれませんが、着実に歴史を変えるようなことが今後も次々と起こっていくでしょう。
今までは考えられなかったような型破りなルールが出来たり、近未来を感じさせるようなニュースもどんどん舞い込んでくる予感がしますので、そういった点では来年以降が楽しみでもあります。

 

2019年はストイックに、そしてスマートに

女性 メガネ オフィス OL
2019年はとにかく社会も自分もストイックな空気が漂います。
まず、2017年から土星に山羊座は入っているため引き続き白黒はっきりしましょう!といったムードが消えることはないでしょう。

土星は2020年の11月まで山羊座にいるため、今後も隠されていた悪事が明るみに出たり、ちょっと厳しすぎるんじゃ……?と思うようなことが増えていくと思います。
ただ、2018年の11月から木星が射手座に入宮しており、こちらは反対におおらかで臨機応変なムードが漂っています。
キーワードとしては、スポーツ、世代や性別、国境を超える、多機能、哲学的、インターネットといったものがあり、厳しい中にも節度を持った楽しみ方ができるようになるのではないかと思います。
2018年も平昌オリンピックでの日本人アスリートの華麗な活躍、プロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手のプレミア・マンダトリー優勝、将棋界では藤井聡太さんが史上最年少で七段になるなど快挙と呼べるような出来事がたくさんありました。
木星は2020年の11月まで射手座に滞在するので、2020年の東京オリンピックでも日本人オリンピアはきっと大活躍してくれるのでは?と期待が寄せられます。
また、世代や性別を超えるというのも個人的には要チェックだと思っています。
少し前からLGBTQといった人達への理解が深まり、テレビドラマでも同性愛を扱うことが多く見られました。
年齢や性別、国境などに捉われず、「自分らしい生き方をしよう」といった動きが活発になるのはとても良いことだと思います。
ですが2019年の12月には木星も山羊座入りします。
そうすると臨機応変さなどがなくなり更にガチガチの厳しいルールなどで縛られることになるでしょう。
この相反する雰囲気が混在する2019年は2018年同様、なかなか手厳しい1年になりそうです。
「このぐらい、バレなきゃ平気だろう」なんてズルをしたことが後から問題になって大炎上してしまったり、反対に、「これは絶対知られたら恥ずかしい!」と思っていたことが意外にも世間から暖かく受け入れられたり……。
一体どれはOKでどれがNGなの?と頭を抱えることが多くなりそうですが、何事にもストイックに、そして受け流すところはスマートにかわして行くといった術を身に着けることで2019年を上手く乗り越えていくことができるでしょう。

 

2019年は2020年に向けての下準備期間でもある

旅行の荷造りをする女性
なかなか攻略するのが難しそうな2019年ですが、世間に溢れている嘘と真実を見抜く力を養う期間だと思えばそこまで悪いものではありません。
また、2019年は来たる2020年を迎えるにあたりとても重要な1年だといっても過言ではありません。
2020年の12月、木星と土星、共に水瓶座に入宮します。
水瓶座のキーワードとして、独創的、知的、直感的、冷淡、自由、平等、オリジナリティといったものが挙げられます。
土星は保守、制限、試練を司る星で、木星は発展や拡大、幸運を司る星です。
この相反する惑星二つが水瓶座入りするということは、どれだけ自分で勝負することが出来るか?が求められるということです。

何となくこの仕事しかなかったから今の仕事をしている、何となく親の薦めで学校や職場を決めた、年齢も年齢だし妥協して結婚相手を決めた……などなど、「何となく」や「妥協」ということが一切許されなくなります。

自分はこんな人間で、どんなことが得意でどんな仕事をなぜしたいのか?
どうしてこの相手をパートナーとして選んだのか?
といった、「なぜ、どうして」を明確にしないと生き残れない時代がやってきます。
ですが突然、土星も木星も水瓶座時代だから自分の個性を出してね!出さなきゃ人生終わりね!なんて言われても困りますよね。
そこで厳しさと易しさが入り混じる2019年のうちに、しっかりと自分磨きをする必要があるのです。
2020年は2019年よりもある意味手厳しい年となります。
「自分をしっかり持っていない人間は必要ない」とバッサリ切られてしまうことも十分に考えられます。
ですから、2019年は自分は一体どんな人間で何がしたいのかを明確にしておきましょう。
人に笑われても構わない、それよりも自分がどうしたいかが大切だと割り切り、新しい時代を乗り越える力を身につけていきましょう。

 

安萄ミアが占う2018年の12星座運勢

おひつじ座:3/21〜4/19生まれ
牡羊座の2019年運勢

おうし座:4/20~5/20生まれ

牡牛座の2019年運勢

ふたご座:5/21〜6/21生まれ

双子座の2019年運勢

かに座:6/22〜7/22生まれ

蟹座の2019年運勢

しし座:7/23〜8/22生まれ

獅子座の2019年運勢

おとめ座:8/23〜9/22生まれ

乙女座の2019年運勢

てんびん座:9/23〜10/23生まれ

天秤座の2019年運勢

さそり座:10/24〜11/21生まれ

蠍座の2019年運勢

いて座:11/22〜12/21生まれ

射手座の2019年運勢

やぎ座:12/22〜1/19生まれ

山羊座の2019年運勢

みずがめ座:1/20〜2/18生まれ

水瓶座の2019年運勢

うお座:2/19〜3/20生まれ

魚座の2019年運勢

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:安萄 ミア

著者の記事一覧

物心付いた時から占いに興味を示し、独学でタロット占いを始める。
その後、名のある算命学の師に出会い本格的に占い師として活動を始める。
現在は対面鑑定やチャット鑑定などで腕を磨きつつ占い関連の原稿執筆も手がけている。
Lierでは毎月の花詞占いを連載中。







関連記事

ページ上部へ戻る