プチ瞑想でリフレッシュ!安眠、ストレス解消にも繋がる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プチ瞑想でリフレッシュ!安眠、ストレス解消にも繋がる!

毎日を生きていく中で、さまざまな悩みをそれぞれの人が抱えていると思います。
時には悩みすぎて眠れなくなったり、体調を崩すこともあるでしょう。
毎日が上手くいっていない、何だかストレスが溜まっているなと感じたらプチ瞑想がオススメです。
今回は簡単に出来るプチ瞑想をご紹介します。

 

たった15分の瞑想で頭も心もクリアに!

瞑想をする女性
プチ瞑想とは、本来30分~2,3時間行う瞑想を15分だけすることです。
基本的に瞑想は何分以上やらなければならないという決まりはありません。
初心者の人や毎日忙しい!という人にオススメなのがプチ瞑想!
たった15分でも瞑想することで、自然と気持ちが軽くなり集中力も高まることができます。

 

プチ瞑想のやり方

芝生に寝そべる女性

  1. 仰向けになって寝ます。
    (イスや床に座っている状態でもOKです。)

  2. 足を肩幅と同じぐらい開き、腕は手の平を下にして足の少し離れた場所に自然に置きます。
  3. ゆっくりと腹式呼吸をして気持ちを穏やかな状態に保ちます。
    (10秒間で1セットを目安とします。)

  4. 呼吸が整ってきたら、自己暗示をかけます。
    「右腕が重くなる、右足が重くなる、左足が重くなる、左上が重くなる、額は冷たい」
    と言葉を意識しながら心の中で3回唱えます。
    3回唱えても手足が重く感じないのなら重く感じるまで唱えましょう。
    額は何となく冷たく感じるな~ぐらいでOKです。

  5. 体が布団の中に落ち込んでいくようなイメージや、体ごと地中の奥深くまで潜っていくようなイメージをします。
    私の場合は暗い中、螺旋階段をずっと下っていくイメージをいつもしています。

  6. ゆっくり呼吸をしながら⑤の状態をキープします。そのまま眠ってしまうことも多いので寝る前にすることがオススメです。

 

イメージすることが大切

夢をみる少女
プチ瞑想のやり方の中に、瞑想=「心を無にする」と書いてない!と思った人もいるはず。
私は2年程前から瞑想を時々していますが、心を無にすることは正直なところ1回もできていません。
何も考えないを考えてしまったり、全く関係ないことを思い出したりと意識を失くすのはかなり難しいのです。
ですから無理やり何も考えないようにするのではなく、自分の体と魂がゆっくり地中の深くに降りていくイメージや海の中に浮遊しているイメージをするのがオススメ。
また、自然や宇宙からパワーをもらっているイメージも良いと思います。
なかなかイメージできないという人はヒーリング音楽などをかけるとイメージしやすくなりますよ。

ラッツパック・レコード

カラニ/リラックス&スロウ~ハワイアン・スタイル~【ヒーリングCD】

参考価格:1,944円(税込)

WELLBEING

アロマ 【ヒーリングCD】

参考価格:1,728円(税込)

WELLBEING

メンタル・デトックス 【ヒーリングCD】

参考価格:1,728円(税込)

 

心も体もリラックス


プチ瞑想ではあぐらをかいたり指を組む必要はありません。
短い時間で行うプチ瞑想や初心者の場合、あぐらを組むことに違和感を感じたり指の組み方が気になると集中できずに逆にストレスを感じることがあります。
瞑想をしているのに、ストレスを増やしてしまうのでは本末転倒です。
瞑想の目的は凝り固まった身体や心をほぐすことです。
あぐらをかいて行うのが本来のスタイルですが、自分が1番楽だと思える状態で行うことが大切。
ただし腹式呼吸が基本なので、息が苦しくならない体勢を心がけてください。

 

おわりに

眠る前に瞑想するだけでも、安眠できたり次の日の目覚めが良くなったりといった効果が得られます。
また、仕事や勉強の合間に座った状態でプチ瞑想をすれば集中力もかなり上がります。
心がざわついた時には是非プチ瞑想をして自分を取り戻してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Yuki

著者の記事一覧

祖母、母、私と三代続いて同じ服飾大学に進んだというファッション一家に生まれた、生粋のファッション大好き人間。
25歳を過ぎてから石鹸でゴシゴシ洗顔をしていても荒れることのなかった肌が荒れだし、美容にも興味を持ち始めました。
主に美容・ファッション関連の記事を書いていこうと思っています。
スピリチュアルなことも興味があるので、時々占いや不思議系記事をアップすることも・・・?
趣味は料理・読書・アートフラワー・茶道・アニメ鑑賞・美術館巡りと多岐に渡る好奇心旺盛なアラサーです。







関連記事

ページ上部へ戻る