行きつけの美容院が決まらない人へ…良い美容院の見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
行きつけの美容院が決まらない人へ…良い美容院の見分け方

「急ぎで行った美容院、全然よくなかった!」
「良い美容院が全然見つからない…」
「毎回違うところに行ってるけど、そろそろ一か所に決めたい…」

美容院探しって、本当に大変ですよね。
腕は悪くないのに、お店の雰囲気とかアシスタントさんがあんまりだったり…。
毎回違うところに行っていると、同じ話を何度も聞かれるのが憂鬱だったりも…。

残念ながら美容師なのにセンスがない人も居ますし、なかなか「次も行きたい!」と思える美容院に巡り合えていないあなたに、良い美容院の見分け方をご紹介します。

今まで10代の頃から、何十か所と美容院を変えてきたわたしが、最後に行きついた美容院の特徴もお教えしますよ。

美容院チェックポイント

美容師
「HPやホットペッパービューティーとか見るときに、どんなところを見ればいいのかな?」
「お値段やメニューはいいんだけど、ここに決めていい?」
「失敗しないためには、どんなところを見ればいいの?」

美容院のどんなところを見てみたら、良し悪しがわかるのでしょうか?
サロンのHPやホットペッパービューティーなどから、読み取れる情報の中でおすすめのポイントをご紹介します。

大型店舗よりは小規模店舗

「少人数のところって、なんか周りが気になっちゃうから、多少がやがやしてたほうが気が楽」「大人数のところって、担当者がどんどん変わってしまって、指名しても最後までやってもらえない」

にぎやかで席数も多く、美容師がたくさんいるような美容院だったり。
こじんまりしていて、個室だったり席数も少なく、数名の美容師だけでやっているような美容院だったり。
美容院の雰囲気も本当にそれぞれ違いますよね。

美容院の好みは、人それぞれ。
それでも、どっちのほうが失敗が少ないのでしょうか?

大型店舗と小規模店舗、どちらも好みが別れるところではありますが、やっぱり失敗しないためには、多少こじんまりしている美容院がおすすめ。
今までの経験上、あまりにも大きな美容院や座席も多く、店内が賑わっている美容院は、落ち着かないしアシスタントさんにも、当たり外れが大きいもの。
お客さんも多いので、指名した美容師がいてくれるのは本当に少しだけで、ほとんど別のアシスタントさんが施術してくれていたり…。
大型サロンは、美容師の数も多いので、どの人が良いのか決めるのもちょっと難しかったりするんですよね。

小規模な美容院は、席数が5席程度のところが◎
小規模だからこそ店内も落ち着いていて、お話もスムーズにできちゃいます。
うるさくがやがやしている大型店舗では、なかなか落ち着いて話なんてできませんよね。
そもそも美容師がお話しするのって、別に暇つぶしのためだけではありません。
あなたの好きな物や嫌いなものを言葉の端々から感じることで、どうなりたいかのイメージを読み取っている場合もあるんですよ。
だから、できれば会話は楽しんで、少しづつでも自分の好みが相手に伝わると、より自分好みで、満足のいく施術をしてもらえるはず。

小規模な美容院なら、時間によってはほぼ貸し切りで施術してもらえる可能性も…。
小規模だからこそ、美容師も数人。
指名するときもあまり悩まなくて良いですし、シャンプーからカラーカットまで指名した美容師が担当してくれるのも嬉しいですよね。

美容院のHPをチェック

350
美容院のHPを見ると、何となくどんなイメージを得意とするお店なのかがわかります。
例えば、洗礼されたシャープな雰囲気のHPだったり、ビビットカラーを基調としたHPだったり、ウッド調のナチュラルっぽい雰囲気だったり。
その美容院がどんな雰囲気なのかが、はっきりとわかりますよ。

例えば、派手髪にしたいと思っている人が、ナチュラルテイストのお店に行っても、理想通りにはなりません。
美容院のHPを確認することで、ミスマッチを防ぐことができるので、まずはHPをチェックしてみてくださいね。

美容院のHPを見ることでわかることは、ほかにもあります。
店舗数や経営している会社についてもわかりますよね。
小規模なお店を数店舗経営しているようなお店もありますし、大型サロンで本店のみ、という場合もあるでしょう。
大きく展開していればいるほど、多くのお客様を対応してきたという実績にもなります。
経営年数などもあわせて見ると安心ですね。

口コミが大事


いつの時代もやっぱりあてになるのは、口コミ。
美容院はどうしても良い悪いがはっきりとでます。
対応や技術やセンスが良かったら、お客さんはわざわざ口コミでも「ありがとうございました」を伝えたくなるほど、嬉しいもの。
逆に言えば、悪い時には不満をそのまま口コミに書き込まれてしまうんです。

私も以前、本当に合わない美容院で酷い対応をされた時には、ついつい口コミに書き込んでしまいました。
悪い口コミは掲載されないという話もありますが、少なくとも私が書いた口コミはきちんと掲載されていたので、安心してくださいね。
特にホットペッパービューティーでの口コミは、なかなか参考になるものが多く、私も必ずチェックしていますよ。

口コミがたくさんあって読み切れない場合には、最低でも直近に書かれた1ページ以内に悪い評価がないか、確認してくださいね。
この時、必ず☆の数だけで評価せず、内容をしっかり読んで口コミ投稿者の感情ではなく、不満点をしっかりと洗い出してください。
例えば「ここは切らないでと言ったにもかかわらず、勝手に切られてしまった」なら、これは明らかに美容院側のミスです。
でも「ブリーチしてと言ったのに、してくれなかった」だったとしたら、髪の状態を考慮してあえてしなかったという場合もありますよね。
口コミの言い分が本当に正しいかどうかだけは、ちゃんと見極めることをおすすめします。

美容師さんの選び方

男性美容師とお客さんの女性
「最初から指名できるけど、どんな人を選べば失敗しない?」
「男性のほうが可愛くしてくれるって聞いたけど…?」
「写真だけ見ても、どの人が良いのかわかんない!」

美容師さん選びって、それこそ相手のあることなので、相性が重要ですよね。
それに加えて、センスや技術もなければいけません。
かといって、いざ決めて指名しようとしたら「トップ美容師だから値段が全然違った!」なんてこともあります。

美容師さん選び、どんなところに注意すれば良いのでしょうか?

写真をチェック

メガネをかけた女性
まずは何と言っても、写真をチェックしてみましょう。
写真からはたくさんの情報が得られますよね。
「人を外見だけで判断しちゃだめ」とは言いますが、美容師さんは別。
美容師は技術だけでなく、センスも大事な商売道具です。

公式HPやホットペッパービューティーに載せる写真は、それを判断するのにぴったり。
全体の写真だったり、上半身だけの写真だったりとその人によって様々。
服装や髪型はもちろん、アクセサリーなどの小物や表情など、まずはセルフプロデュースが上手かどうかチェックしましょう。

自分の雰囲気がわかっていて、似合う服装や髪型をしていましたか?
美容師さん選びでは、これが一番重要かもしれません。

プロフィールをチェック

電話を見る女性
顔写真はもちろんですが、プロフィールもしっかりチェックしてくださいね。
例えば、兄弟が多いとか学生時代は○○部に入っていたとか、案外細かく書いている人も多いんですよ。
その情報があれば「自分と話しやすいかな」とか「共通の趣味があるな」とか照らし合わせて、話しやすいかどうかがわかります。

理想の髪形にするためには、美容師さんとの話し合いが重要。
これなくして、理想通りにはいきません。
そのためには、やっぱり「話がしやすい人」「自分と相性が良さそうな人」を見つけてくださいね。
自分と相性が良いかどうか写真やプロフィールだけでわからない場合には、穏やかそうな人や「優しそう」と思った人にしてみても良いかもしれませんね。

希望する美容師さんが決まったら、TwitterやInstagramで名前を検索してみましょう。
美容師さんの多くはSNSをやっていることがほとんど。
SNSならHPなどで見るよりも、より得意なスタイルやカラーリングのイメージが付きやすいんですよ。
モデルさんの顔も映っていれば「似合わせカット」が上手かどうかも見極めることができます。

NGな美容院とは?

髪を切りすぎた女性
「好みもあるし、ある程度は自分の直感を信じる!」
「でも、これだけは止めといたほうが良いっていうポイントはある?」

選ぶ基準は自分でわかっても、見えている地雷は避けたいもの。
腕がないのはもちろんNGですが、まったく話が弾まなかったりセンスがなかったり…失敗の可能性はたくさんありますよね。
少しでも失敗を回避するために「こういう美容院は避けたほうが無難」という特徴をご紹介しますね。

①美容師紹介の写真が意識高い

町を歩く美女
大抵の美容院では、公式HPやホットペッパービューティーなどで、美容師の顔写真を掲載していることが多いもの。
その多くは、笑顔でこちらを見ている写真が圧倒的に多いです。

でも、中には「目線を外して切っているところの写真」だったり「遠くから撮影した写真」「影だけの写真」だったりする人も!
もちろん無理に顔を出す必要はありません。
でもせっかくなら、HPなどの写真ではっきりとこちらを見ている人を指名しますよね。

正直髪を切っているところの写真を見せられても、うまいとか下手とかわかりませんし、かっこつけた写真よりも、こちらをしっかりと見て微笑んでいるほうが好印象。
それに顔がはっきりわかるだけで、ある程度の相手の人となりが分かります。
せっかくのアピールポイントである写真に、自己満足で意識高めな写真を使っているような美容師さんは、お客さんが納得するようなカットはできないようなイメージも…。

②店内の雰囲気にセンスが感じられない

ホットペッパービューティーや公式のHPには、店内の写真も掲載されているでしょう。
店内の雰囲気もとっても重要です。
お店の雰囲気を見るだけで、そのお店のオーナーにセンスがあるかどうかわかりますよね。

例えば、黒を基調にした壁紙だと、店内は一気に暗い雰囲気になってしまい、なんだか入りづらい雰囲気。
話も弾まないし、なにより鏡も見づらいですよね。
こういう美容院はできれば避けたいところ。
内装の雰囲気は要チェックですよ。

③街でビラを配っているような美容院


インターネットがこれだけ普及している現代。
それなのに、アナログでビラ配りやキャッチをしているような美容院って、たまに見かけますよね。
宣伝するならインターネットで十分なのに、わざわざチラシまで配らないと、なかなかお客さんが入らないという証拠。

また、キャッチしてまでお客さんを引っ張っているのは、新人美容師であることが多いようで、練習台にしているということですね。
もちろん、お金がない時ならそれでも良いかもしれません。
でも、せっかくお金を払ってきれいにしてもらうなら、腕とセンスの良い美容師にお願いしたいですよね。

おわりに

美容院で髪をセットする女性
いかがでしたか?
意外と自分に合う美容院を見つけるのは至難の業。
一度行ってみるのが自分に合うかどうかが、一番わかりやすい方法ではありますが、その前段階からでも見つけられる特徴があります。
ぜひ、気になっている美容院があったら、まずはHPをチェックしてみてくださいね。

ホットペッパービューティーにも、美容師の写真が載っていたり、お店の雰囲気がわかる情報もたくさん載っているもの。
まずは検索してみましょう。
それだけでも失敗を減らすことができるはずですよ。

「髪は女の命」ともいわれます。
やっぱりいきつけの美容院を作っておくと、自分の髪のことをちゃんと理解して、今までの履歴もきちんと把握してもらえるので、今よりもっと可愛い自分でいられるはず。
なかなか特定の美容院を見つけ出せなかった美容院ジプシーのあなたも、これを参考にして行きつけの美容院を探してみてくださいね。

もう失敗したくない!セルフ前髪カット講座 もう失敗したくない!セルフ前髪カット講座 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:西村祈莉

著者の記事一覧

平成生まれ。
アパレルほか、転職経験多数。
体型を隠しつつ、プチプラや古着でトータルコーデするのが得意。
ジャンル問わず、すきなものをすきなように。
星座別の性格判断もできたりするので、占い関係の記事も。
どうぞよろしくお願いします♪







関連記事

ページ上部へ戻る