涼やかな音色!今年の夏はどんな風鈴を飾る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
涼やかな音色!今年の夏はどんな風鈴を飾る?

今年の夏はどんな風鈴を飾りますか?
不思議なもので、大人になると季節の風物詩や「和小物」に魅力を感じるようになりますよね。

夏の風物詩「風鈴」もまた、魅力的な和小物の一つです。
透明なガラスに手描きの朝顔や金魚の絵が可愛くて、そして何と言っても涼しげなあの音色がとっても癒されますよね。

自分の家の周りではあまり風鈴を見かけないから、ちょっと飾りにくいな・・・という方でも、今は置き風鈴というとっても素敵な風鈴があるんです。

今回は、日焼けしたくないからクーラーの効いた部屋に引きこもっているけれど、少しは夏を感じたい!そんな女性たちに素敵な夏の風物詩「風鈴」の魅力をお届けします!

イライラ解消!風鈴の涼やかな音色が真夏のストレスを癒してくれる

浴衣を着た女性
エアコン完備が当たり前な今のご時世、蒸し暑い真夏でもクーラーを「ピッ」と入れればものの数分で快適になれますよね。
ただ、部屋の外では蝉がミーンミンミンミン、ジーワジワジワなんて大合唱していたり、夏休み真っ最中の子供達が元気すぎるほどはしゃいでいたり、挙げ句の果てにどこかのお家が改築工事なんてしていたら・・・。

「うるさぁぁ〜ぁい!」
ってなりません?

紫外線を気にして遮光カーテンを閉めた部屋でクーラーにあたり、それはもう快適に思えるのですが、夏の閉鎖的な生活が2ヶ月も3ヶ月も続くとさすがにストレス溜まっちゃいますよね。

こうもイライラした日が続くと、ふと海に行きたくなったり、昔ながらのかき氷屋さんに行ってみたくなったり、夜に花火をしたくなったり「開放的な夏」がとても恋しくなります。

今まさに夏真っ最中なのに、夏が恋しいってどういうことよ(笑)と筆者は毎年思うのですが、やっぱり夏ならではのことをするって、すごく開放的な気持ちになれますよね。

とはいえ、まず海に行くにも日焼けしたくないし人混みも苦手。
昔ながらのかき氷屋さんに行くには電車に乗って遠出しないといけない。
夜に花火・・・はできなくもないけど蚊に刺されたくない。

それなら風鈴を掛けてみるなんていかがでしょう?
「チリーン、チリンチリーン」と涼やかに響く風鈴の音色は、空気のこもった部屋に「思い描いていた理想の夏」を涼やかに呼びこんでくれます。

風鈴を飾りたいけど近所迷惑にならないか心配・・・

考える女性
「なるほど風鈴ね〜!」と、ここで気になるのがご近所さんの迷惑にならないか?という問題です。
私たちが子供の頃は、夏に風鈴を吊るすのはごく当たり前のことでしたが、今はまぁ色々と気にしなければならない時代です。

あとは「風鈴を掛ける場所がない!」というお家もあるかと思います。
こういった方におすすめなのが卓上風鈴、もしくは風鈴スタンドやバナナスタンドに吊るすという方法もあります。

卓上風鈴

卓上風鈴 朝顔つるし飾り

3,240円
卓上風鈴というのはこんな感じ。
おしゃれでかわいいですよね♪

 

風鈴の音色のリラックス効果

眠る女性
なぜ風鈴の「チリンチリーン」を聞くと癒されるのでしょう?
それは涼しげな風鈴の音色には『脳』に直接働きかける2つのリラックス効果があるんです。

風鈴の音色を聞くと体の表面温度が下がる

風鈴の音色をはじめ、海の音、川の音、滝の音、また氷を連想させるクリスタルガラスの音色を聞くと、私たちの脳は「冷たいもの」を連想します。
すると、冷たいもの=涼しい!と脳は思い込み、なんと体の表面温度が下がるんだそうです。

よく青色は人を冷静な気持ちにさせる、ピンク色は女性らしさを高める、赤色は性的魅力を高めたり脂肪を燃焼させるなど色によって様々な影響が体にもたらされる話しがありますよね。

音もまた同じように、風鈴の「チリンチリーン」という音を聞くと、脳はガラスと涼しい風を連想して(涼しい・・・)と思い込み、本当に体の表面温度を自らの思い込みで下げちゃうんです。

私たちの脳って複雑そうに見えて案外単純なんですね♪

自然と同じリズム「1/fゆらぎ」のある音色

深呼吸をする女性/森林浴
1/fゆらぎ・・・なんか聞いたことあるかも?という方もいると思います。
この1/fゆらぎというのは、自然や人間が持つ「生体的なリズム」のことをいいます。

波の音や、滝の音、木々のざわめき、木漏れ日、木の年輪の模様、石の模様、山のかたち、蛍の光り方、人間の呼吸。
一定の規則正しいリズムの中に、心地よく不規則が混じったリズムや波長を「1/fゆらぎ」といいます。

「1/fゆらぎ」は視覚から感じるものあれば、触って感じるものもあります。
風鈴の場合は聴覚から感じるもので、ガラス製の江戸風鈴などは下の口の部分が軽く削られただけなのでギザギザしており、その荒削りのギザギザから涼やかで心地よいゆらぎが生まれるのだそうです。

ちなみに、アーティストの宇多田ヒカルさん、MISIAさん、美空ひばりさん、松任谷由実さんの歌声にも1/fゆらぎがあるそう。
そう言われてみれば、みなさん「歌姫」と呼ばれていますよね。

幻想的でとっても素敵!風鈴イベント♡川越氷川神社

涼やかな音色!今年の夏はどんな風鈴を飾る?
写真:川越氷川神社 特設サイト
昔ながらの風情と、現代ならではの幻想的な演出を楽しめる素敵なイベントがあります。
平成30年7月7日(土)〜9月9日(日)まで埼玉県川越市『氷川神社』にて縁結び風鈴のイベントが行われています。

『鰻』で有名な小江戸川越は、「小江戸」というだけあって江戸時代から続く粋な建物の商店が並ぶ街です。
歴史深い佇まいのうなぎ屋さんでうな重を食べたり、裏路地に入ればレトロなお店が店頭でレモンの輪切りの浮かぶレモネードを売っていたりします。
筆者は何度か川越に訪れたことがあるのですが、まさに大人のデートにぴったりなとても良いところですよ。

そんな情緒あふれる小江戸川越の『氷川神社』では夏期限定で、境内に二千個もの色鮮やかな江戸風鈴が掛けられます。

境内に掛けられる風鈴は、全て職人さんが手作りしたもの。
一つ一つ大きさも形も、色付けも違う世界にたった一つしかない風鈴たちです。
氷川神社の境内に入ると、まず軒下にずらりと掛け並ぶ風鈴から始まり、さらにこの時期だけ特設される『風鈴回廊』へと続きます。

「昼間は澄んだ美しさ、夜は神秘的な輝き」と可愛らしさと艶やかさ、風鈴ってこんなにキレイだったんだ・・・と、きっと魅入ってしまうはず。

また夕方から夜にかけて、境内を流れる小川や池にはまるで天の川のような幻想的なライトアップも行われます♡

良縁の願いを込めて『縁結び風鈴』

涼やかな音色!今年の夏はどんな風鈴を飾る?
写真:川越氷川神社 特設サイト

現在も「風の便り」という言葉が残っているように、
昔の日本人は
「風が人の想いを運んでくれる」
と信じていました。

風鈴は、風が鳴らしてくれる鈴。
目には見えない風を
「音」として私たちに知らせてくれます。

川越氷川神社の境内に響く、
涼やかな風鈴の音は、
たくさんの願いが

風にのって運ばれていく音色です。
大切な想いが「縁むすびの神様」へ届き、
お参りされた皆さまに良いご縁が運ばれますように。

(『氷川神社』縁結び風鈴特設サイトより)

自然の力をお借りして、大切な人に想いを届ける『縁結び風鈴』

涼やかな音色!今年の夏はどんな風鈴を飾る?
写真:川越氷川神社 特設サイト
こんな風に、願い事を書いた「願いごと短冊」を風鈴に掛けます。
縁結び風鈴は奉納期間(今年は9/9まで)とともに祭事終了のち、丁寧にお祓いされます。
そして神様にその願いが届くように、また想い人にも届くように境内にて焚き上げてくださるそうです。

少し話はそれるのですが、この『氷川神社』は結婚式でも人気のある神社なんです。
最近30代女性たちの間では結婚式に白無垢が着たい!という方がとても多く、神社で神前式を行うカップルが増えているのだとか。

涼やかな音色!今年の夏はどんな風鈴を飾る?
写真:川越氷川神社 公式サイト
筆者が氷川神社についてあれこれ調べる中で素敵!と思ったのがこちら。
氷川神社では結婚式の指輪交換に「運命の赤い糸」にちなんで赤の水引で編んだ「赤い結い紐」を交換するんです。
この風習は氷川神社独自のもので、新郎新婦の指に合わせて一から編んでくれるのだそうです。

涼やかな音色!今年の夏はどんな風鈴を飾る?
写真:川越氷川神社 公式サイト
さらにキュンキュンしてたまらなくなったのがこちら!
そう、真ん中の小さい結い紐は生まれた赤ちゃんのものなんです♡
「赤ちゃんがこれから、さまざまな人との良いご縁に恵まれて、健やかに、幸せに育つように、赤ちゃんのちいさな小指に結んであげてください。」(『氷川神社』公式サイトより)

『氷川神社』は縁結びも結婚式も子宝安産祈願もお宮参りまでお任せ!と、人と人との縁を大切に繋いでくれる素敵な神社です。

ちょっぴり話は脱線しましたが、夏の恋を奥ゆかしくも素敵に盛り上げてくれる『縁結び風鈴』。
カップルで行くもよし、友達同士で行くもよし、大人の女性ほど楽しめるイベントですのでお義母さまを誘ってみるもよし(笑)
今年の夏はぜひ足を運んでみてくださいね。

今年の夏、みなさんはどんな風鈴を飾りますか?

粋な音色と姿の『江戸風鈴』

江戸風鈴
江戸風鈴はその名の通り、江戸時代から受け継がれる伝統的な風鈴です。
今もなお江戸風鈴を制作し続けているのは「有限会社篠原風鈴本舗」と「篠原まるよし風鈴」の2店舗のみ。
名前は有名な江戸風鈴ですが、なかなか貴重なものなんですよ。

そんな江戸風鈴の特徴はなんといっても「チリンチリン」と小気味よく、夏を感じる粋な音!
現在売られている多くの風鈴は、型にガラスを流し込んで作る方法が主流なので、大きさや形が揃っています。

ところが、江戸風鈴は一つ一つ職人さんが宙吹きという長い竿を均等に回しながら空中でガラスを膨らます方法で作られていますので、江戸風鈴と名のつくものは絵付けも含め世界にたったひとつしかない風鈴なんです。

また、江戸風鈴は風鈴の口をあえてなめらかに整えていないため、僅かな風でも「チリンチリン」と粋で涼やかな音が鳴るようにできているんです♪

凛とした音色が美しい!南部鉄風鈴

南部鉄風鈴
南部鉄風鈴とは、よく田舎のおばあちゃん家の軒下に掛けられているような鉄の風鈴です。
南部鉄を素材に作られた風鈴は、ガラス風鈴よりも歴史が古く、風鈴の元祖的なものなんですよ。

もともと風鈴は古代中国のもので、「占風鐸(せんぷうたく)」という占いの道具でした。
日本が平安時代の頃、占風鐸は仏教とともに日本に伝わったそう。
占風鐸を鳴らすと「ガランガラン」と重たい音が鳴り、その音が聞こえる範囲には災いが起こらない魔除けの鐘として、お寺の境内の軒先に掛けられていたそうです。

そして時代は流れ、占風鐸は「チリーン」と凛とした伸びやかな音を鳴らす風鈴に姿を変え、家庭の軒先に掛けられるようになりました。

風鈴って夏だけしか飾っちゃいけないの?

浴衣を着た女性
風鈴の本来の姿は「魔除けの鐘」ですので、特に季節は関係なく飾れるはずです。
夏が過ぎてずっと飾っていても、何か災いが起こるとかそういったものは筆者が調べた限りは見当たりませんでした。
つまり、風鈴は一年中飾っても問題なし!

ただしガラスでできた風鈴の音は、夏以外の季節では「季節外れ」と思われてしまうことが多いので、誰が聞いても耳障りの良い鉄製の置き風鈴がおすすめです。

置き風鈴

置き風鈴セット

和モダンな素敵な置き風鈴。
これなら一年中インテリアとして飾れますね♪

 

誰が夏に風鈴を飾るようになったのか?その正体は・・・


夏に風鈴を飾ることが風習となったのは江戸時代のこと。
ある夏、一軒の蕎麦屋が他の蕎麦屋との差をつけたいと「うちは清潔な蕎麦屋ですよ!」とアピールするためにガラスの風鈴を店の軒先に掛けたことが風鈴=夏をイメージさせる始まりだそうです。
かき氷屋さんではなく、蕎麦屋さんが始まりとはちょっと意外ですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:まつもとなみ

著者の記事一覧

1984年生まれ。
神奈川県の田舎町にてリラクゼーション&エステ「Holistic Spa LUCIA」を経営。
楽しむことを一番に、ゆったりマイペースにやってます。
また「食」への深い興味から薬膳コーディネーターを取得。
日々学び、感じたことを生かして女性のキレイを応援し続けたいと思っています。







関連記事

ページ上部へ戻る