季節の変わり目・・・痛い!かゆい!ピリピリ敏感肌の正しいスキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
季節の変わり目・・・痛い!かゆい!ピリピリ敏感肌の正しいスキンケア

近年肌が弱いという人がかなり多くなったように感じます。
特に1年を通して季節の変わり目に肌の調子が悪くなってしまうという話はよく耳にします。

花粉症という言葉が主流になってきたころは春になると花粉の影響で肌にトラブルが起こるという人も急増しました。
ですが今は春のみに限らず季節が移り変わる微妙な気候の変化に肌が対応できなくなるというトラブルも多くあるそうです。
花粉によるトラブルは特に、肌のかさつきから痒み、腫れ、傷みなどが主な症状でその炎症が起こっている間は洗顔料やいつも使っている化粧品も合わない、スキンケアすらままならなくなってしまいます。

季節の変わり目にトラブルを起こしやすい『揺らぎ肌』


季節の変わり目にトラブルを起こしやすい肌のことを揺らぎ肌と呼ぶそうです。
症状は敏感肌極めて近く、時期的に肌が敏感になってしまうことで様々なトラブルが起きてしまいます。
原因としては、花粉などのアレルギー反応のほか、生活の乱れ、ストレスの蓄積、紫外線、寒暖差などが挙げられます。
特に精神的なストレスや、寝不足、不規則な食生活などが重なると、環境による刺激が引き金となり乾燥や炎症が起こってしまうということです。

肌に違和感を感じた場合は、なるべく外部からの刺激を避け、肌にさらなる刺激を加えないよう細心の注意が必要になります。
普段使っている洗顔やクレンジング、化粧品が合わない場合は直ちに使用を中止しなければいけません。
メイクも出来れば控えた方がいいです。
特に目の周りは乾燥しやすく、悪化しやすいので本当に気をつけてください。
とにかく刺激から守り、肌を休めて労わることが、最優先です。

肌トラブルの仕組み


そもそも、肌トラブルとは具体的にどのようなことなのでしょうか。
乾燥、赤み、かゆみ、痛み、腫れ、吹き出物。
これが進行することでしわ、しみ、たるみとしてさらなるトラブルが出てきてしまいます。
基本的には、年齢を重ねると皮膚の表面のうるおいを保っている皮脂の分泌が低下することで、乾燥しやすくなります。そうして肌のバリア機能が低下してしまい、外的刺激に対して敏感な状態になるので肌トラブルを起こしやすくなります。

年齢的なものでなくても、表皮、角質の新陳代謝が正常に行われなくなると、新しい肌細胞に生まれ変わることができません。
このような理由が、肌荒れの原因となり、皮膚のバリア機能が低下してしまい、紫外線や乾燥といった刺激に弱くなります。

ストレスや疲れなどで免疫力が低下すると体調を崩してしまったり、風邪や病気にかかりやすくなってしまいますよね。
肌もそれと同じです。
特に年間通して揺らぎ肌が出やすいという人は、ストレスの蓄積や疲労の積み重ねが大きな原因ではないかとも言われています。
肌のケアと共に生活習慣の見直しや休息、ストレス解消のリフレッシュなども心がけて行きましょう。

重症な肌トラブルに見舞われた話

スキンケアをする女性
秋の終わりの話になりますが、私はかなり重症な肌トラブルに見舞われました。
特に化粧品で肌荒れを起こすという敏感肌ではない私。
何を使っても、何を試しても肌荒れを起こすことなどほとんどなかったのですが、目の周りが腫れあがり、皮膚がガサガサにめくれてしまい、痛みと痒みを伴うというトラブルを起こしてしまったのです。

確かに今思い返せば当時はかなりの疲労とストレス、生活習慣の乱れがあり、薬や点滴で誤魔化しながらの毎日でした。
ある日、旅行先でクレンジングを忘れてしまい、備え付けのものを使ったのですが、なかなかメイクが落ちなかったために1番やってはいけない擦るという行為をしてしまったのです。
恐らく、毎日の生活の乱れなどで肌の調子も悪かったのだと思いますが、それに加えてクレンジング剤の刺激と私の擦るという行為、悪条件が整ってしまったのでしょう。
その洗顔の直後から肌がピリピリ・・・何をつけてもつっぱった感じが納まらず翌朝目の周りが真っ赤に腫れてしまいました。

通常このようなトラブルに見舞われた場合はメイクはしない方がいいのですが、私は美容師という職業柄メイクをしないわけには行かず、普段通り毎日メイクをし続けたのもありなかなか回復せず、時間がかかってしまいました。
どうしてもメイクはしなければ、これは社会人であれば当たり前のことで私のような人も多くいるかと思います。
なのでスキンケアはかなり慎重に丁寧に行わなければいけなくなります。

今回はこの私の経験を元に、揺らぎ肌に陥った場合のスキンケアからメイクのコツまでご紹介しようと思います。

揺らぎ肌に陥った場合のスキンケアとメイク法

スキンケアをする女性

クレンジング・・・オリーブオイルが使える!

今回私はクレンジングの影響で肌トラブルを起こしてしまった訳ですが、クレンジングというのはメイクをしっかり落とす為につい肌をゴシゴシと擦ってしまいがちです。
クレンジングの種類についてはいろいろなタイプに応じて良し悪しはありますが元々敏感肌で敏感肌用のクレンジングを使っているという方はそのままでもよいかもしれません。
もしいつものクレンジングで刺激を感じたりする場合は直ちに使用を中止しましょう。

ですが、かといってまた違うものを購入するのは怖いなとも思いますよね。
クレンジングは試す機会もなかなかないためそれが合うか合わないかの判断が難しいところです。
私も一時的なものであるし、新しいものを購入するのを躊躇してしまったので、家にあるものを使うことにしました。
それはオリーブオイルです。
オリーブオイル
我が家には友達からプレゼントで頂いた純正の食用オリーブオイルがありました。
これでメイクを落としてみよう!という事で早速クレンジング。
純正のオリーブオイルを使用するにはいくつか注意点があります。
純正の油ですので、水をはじくことは分かりますよね??
水では洗い流せません。
なので通常の洗い方では顔に油分も汚れも残ってしまうことになります。(ふき取りをしている場合はまた別ですが)

オリーブオイル
大体100円玉の大きさ、またはティースプーン1杯分くらいを手に取って顔に馴染ませます。
この時に決してゴシゴシしてはいけませんよ。
そーっとゆっくり優しく肌全体をマッサージしてください。
ある程度馴染んだら、蒸しタオルで顔全体を覆いオイルを拭き取っていきます。
ここでまだ肌に油分が残っているような感覚があったら、もう1度蒸しタオルで拭き取りを行ってください。
このあとぬるま湯で洗い流しましょう。

オリーブオイルは皮膚の中に最も多く含まれているオレイン酸が主成分になっています。
使い続けていくとシミやしわ、たるみなども改善できるという事で好んでオリーブオイルを愛用している人も多いのだとか。
また、オリーブオイルクレンジングは毛穴の黒ずみや角栓を溶かすという働きもしてくれるので普段から肌トラブルに悩まされている方には救世主として人気があるようです。
オレイン酸は皮脂や母乳にも多く含まれている成分で肌本来のうるおいを取り戻せるだけでなく、ハリを与えたり、アレルゲンから肌を守ってくれるといった嬉しい効果もたくさんあるのです。

私はとりあえずこの方法で帰ったらなるべく早いうちにメイクを落としました。
洗った後もかなりしっとりするのですごく気持ちがよかったです。

洗顔・・・モコモコに泡立てることが大切!

350 石鹸 泡 洗顔
洗顔料はやはり出来れば刺激の弱いものを使うことが大切です。
敏感肌対応のものを購入できるといいと思います。

洗顔については、泡を立てるという事に専念してください。
とにかくモコモコの泡を作って、洗うというよりは泡で顔を押さえるという感覚で洗顔をしましょう。
手が顔に触れなくていいです。
擦る必要もありません。
泡が顔に当たっていれば十分汚れは落としてくれますので、是非この方法で洗顔をしてください。

保湿・・・ヒアルロン酸とセラミド配合のものがおすすめ!

350
肌がトラブルによって敏感になっている場合、ほとんどがひどい乾燥を起こしている状態になっています。
ケアに1番必要なのは保湿。
とにかく保湿が必要なのです。
ここでどんな保湿が効果的なのか、という事をご紹介します。

乾燥、特に目の周りなどの皮膚が薄い部分はセラミドとヒアルロン酸という成分が必要になってきます。
他のどんな成分より、セラミドとヒアルロン酸が効果的です。
ヒアルロン酸は皮膚の真皮層にしっかりとうるおいを与えてくれます。
セラミドは皮膚の表面にうるおいを与え、皮膚の隙間を埋めてバリアを張ってくれます。
なのでこの成分が入った化粧品を選ぶ事が重要です。

乾燥がひどいうちはコットンに湿らせた化粧水や美容液でパックをしてもいいかもしれません。
これも必ず刺激を感じないものを選んでくださいね。
その後は乳液などでしっかりと蓋をしましょう。

セラミド化粧水ランキング5選!プチプラから人気商品まで紹介♪

ワセリン・・・痛みや痒みにおすすめ!


痛みや痒みがあるうちはワセリンを使うのもいいと思います。
私も1週間ほどは乳液の上からワセリンを塗布して就寝しました。
ワセリンは単に外気からの乾燥を防ぎ、保湿、バリアをするというだけのもので有効成分が配合されているという訳ではありません。
ですが肌に浸透した化粧水などを蒸発させないためにもカバーするという目的でワセリンをつけるのは効果があります。

使い方によってはワセリン事態が固めに作られているため、皮膚がよれてしわになるという話もあります。
なので使い方にコツがいります。
ワセリンは耳かき1杯程度の量をトントンと軽く叩く感覚で載せるだけでOKです。
伸ばしてはいけません。
量が多いのもいけません。
本当に少量をトントンと患部に乗せるだけにしましょう。
症状がある程度改善されてきたらワセリンの使用は中止して結構です。

メイク・・・美容成分配合のBBクリームがおすすめ!


トラブルを起こしている間は出来るだけ薄化粧を心がけましょう。
普段通りにしっかりメイクしてしまえばそれだけ肌への負担も大きくなります。
BBクリームのような美容成分の配合されているもの、保湿力も兼ね備えているものを薄くつける程度でとどめておくのがいいと思います。

目の周りなどが炎症や乾燥を起こしている場合はアイメイクはしないのが賢明です。
しばらくはばっちりメイクは我慢してください。
その方がより早く改善しますよ。

おわりに


私はこの方法で2週間スキンケアを行い、完全復活しました。
化粧品の合う合わないは本当に個人差がありますので、トラブルがなくても日ごろから刺激のない保湿力の高いものを使っていくのがいいと思います。
あとは毎日の生活を見直しながら、毎日美と健康を充実させましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:joy

著者の記事一覧

ライターのjoyです。
美容歴17年目になる現役美容師です。
メイクの講師資格も持っています。
医療化粧品の仕事にも携わりながら美とは何かを日々追及しています。
プライベートでは心臓疾患、発達障害を抱えている小学生の息子と日々格闘中のシングルマザーです。
皆さんと一緒に子供の気持ちについても考えていけたらなと思っています。
家事、子育て、仕事を掛け持ちしている多くの女性が日々輝けるようお手伝いをさせてください。







関連記事

ページ上部へ戻る