【日傘の選び方】白と黒、UVカット率の効果が高いのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【日傘の選び方】白と黒、UVカット率の効果が高いのはどっち?

紫外線対策には日傘を

みなさん日傘を持っていますか?
紫外線対策は日焼け止めだけでは不安ですよね。
とくに真夏はサンサンと降り注ぐ日差し避けとして日傘をさしている女性も多いはず。

ところで…日傘を買う時何を基準に選んでいますか?
デザイン?色?生地?

日傘って紫外線カット率もまちまちですよね。
一番日焼け止め効果が高いのはどんな日傘なのでしょうか?

今回は日傘の選び方についてご紹介します。
これから日傘を新調しようと思っている方は是非参考にしてみて下さい。

 

日傘を買う目的は暑さ対策or紫外線対策?

日傘を選ぶときに気にしたいことは、まず一番の目的は何かというところ。
大抵の人は次の二つですよね。

  1. 暑さを緩和するため
  2. 紫外線を防ぐため

日傘には遮光率とUVカット率とがあります。

遮光率は、あのカンカン照りのまぶしさや暑さを和らげる効果です。
①の暑さ対策を第一に考えるなら、遮光率の高いものを選ぶ必要があります。
日傘の生地は熱がこもりにくい綿や麻、色は白やレースデザインが通気性も良く見た目に涼しいですね。
白は熱を反射するので日傘自体も熱くなりにくいです。

日傘,選び方,折り畳み,長傘,おすすめ,紫外線,兼用
白のアビゲイルレース日傘

日傘,選び方,折り畳み,長傘,おすすめ,紫外線,兼用
完全遮光100% 日傘

UVカット率はその名の通り紫外線防止効果です。
涼しさも大切だけど、やっぱり紫外線防止の方が重要!という人はUVカット率を気にするようにしましょう。

日傘,選び方,折り畳み,長傘,おすすめ,紫外線,兼用
mikifille UVカット99.9%日傘 

最近の日傘はUVカット(紫外線防止)加工がされているものが多数です。
紫外線100%カットという日傘もあります。
大抵の場合は、UVカット率も遮光率も比例して高く作られてはいますが、念のためしっかり確認して買いましょう。

日傘,選び方,折り畳み,長傘,おすすめ,紫外線,兼用
ロサブラン日傘 紫外線 赤外線 可視光線100%カット

 

UVカット加工されていれば色は関係ない

美白ブームの昨今、暑さ対策より紫外線対策だという女性の方が多いと思うので、ここからは日傘と紫外線についてお話していきます。

白と黒の日傘があったとしたら、何となく黒い方が紫外線防止効果があるような気がしませんか?
それ、半分正解です。

白は紫外線を反射して防ぐのに対し、黒は紫外線を吸収して防ぎます。
白も黒も、100%完全に防げるというわけではないのですが、白にくらべると黒の方が断線紫外線防止率は高いです。
ならやっぱり白は駄目なのかと思われるかもしれませんが、最近の日傘はUVカット加工がされています。
要するに、表面の色は白でも黒でも、UVカット加工がされていれば大した差はありません。
※ただ、UVカット加工の効果は2、3年と言われているので注意が必要です。

問題は日傘の内側の色です。
紫外線は降り注ぐだけでなく、アスファルトに反射して下からも攻撃してきます。
内側の色が白に近いと、照り返してきた紫外線を更に反射します。
結果、日傘の内側で紫外線を浴びてしまうことになります。
表面の色は気にしなくてもOKですが、内側の色はなるべく黒に近い物が良いでしょう。

 

生地は厚い方が紫外線をカットしてくれる

日傘の生地は厚い方が紫外線のカット率は高くなります。
当たり前ですが、穴の開いたレースデザインは紫外線防止には適していません。

ただ、生地が厚いとそれだけ重くなりますし、値段も高くなります。
メリットとデメリットを吟味して選びましょう。

 

お洒落なデザイン日傘の注意点

花柄やボーダーなどオシャレな柄の日傘が欲しいという人も居ますよね。
見た目に可愛くておすすめですが、柄によって紫外線カット率が変わってくるものもがあるので注意が必要です。
極端な例ですが、右半分が白、左半分が黒というツートンカラーの日傘の場合、黒が紫外線カット率99%でも白い部分はそれ以下という可能性が有ります。
一番カット率の高い部分で表記されているものが多いので、気になったらメーカーに確認をとってみると良いかもしれません。

 

まとめ

日傘を選ぶ際の注意点をまとめると

  1. UVカット加工のされているものを
  2. UVカット率、遮光率の高いものを
  3. 内側の色は暗いものを
  4. 生地は厚いものを

この4つです。

最近の日傘はとても高性能なので、お洒落でかつ紫外線をカットしてくれるものがたくさん販売されています。
昔に比べると、自分の好きなデザインの日傘を選びやすくなってきています。
上記の4つの注意点の中で一番重要なのはUVカット加工がしっかりされていることなので、あまり深く考えすぎず、気に入ったデザインのものを選び、暑い夏をおしゃれに楽しく過ごしましょう。

Photo by StephaniePetra

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者: Lier編集部

著者の記事一覧

Lier編集部です。
今、旬な話題を取り上げていきますので是非お楽しみに!

関連記事

ページ上部へ戻る