本気で美白するなら近赤外線カットの日焼け止めで徹底紫外線対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
600

あなたは「日焼け予防=紫外線対策」と思っていませんか?
実は紫外線対策だけでは隙だらけ!
最近の研究では、近赤外線まで予防してこそ真の日焼け予防なのだそうです。

そこで今回は近赤外線がお肌へ与える影響をお話しします。
近赤外線をカットできる日焼け止めもご紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

近赤外線とは?

近赤外線とは、人間の目には見えない波長を持つ電磁波のひとつ。
人間にも見える光を可視光線と言い、その中で最も波長が長いのが赤色です。
そして、その赤色よりもさらに長い波長を持つ光を、赤外線と言います。
近赤外線は赤外線の中でも特に赤色に近い波長なので、「近」赤外線。

逆に可視光線の中で最も波長が短いのは紫色で、紫色よりも短く目に見えない波長の光がみなさんのよく知る紫外線です。

可視光線を中心に、
近赤外線は波長が長いもの。
紫外線は波長が短いもの。

こうしてみると真逆のように思いますが、実はどちらも浴びすぎるとお肌にダメージが・・・。
強い紫外線は日焼けを引き起こし、シミやそばかすの原因になってしまう、と以前からよく知られています。
なんと近赤外線にも紫外線と同様の、またはそれ以上のダメージをお肌に与えることが最近の研究で明らかとなったのです!

 

紫外線との違いはお肌に与えるダメージの「深さ」

表皮・真皮を突き抜けて筋組織までダメージさせる

350
紫外線は表皮や真皮の細胞を傷つけるなどして、日焼けやシミを引き起こします。
ところが近赤外線はというと、波長が長いため透過しやすく表皮と真皮にとどまりません。
さらにお肌の奥深くにある筋肉にまで到達!
強い近赤外線は日焼けを増大させながら、コラーゲンやエラスチンなどから成る真皮や筋組織を破壊して、お肌のたるみやしわをできやすくしてしまうのです。

近赤外線のダメージは時間差でくる

350
紫外線の場合はすぐにお肌が赤くなったり黒くなったりしますよね。
そのことからもわかるように、紫外線のダメージが最も大きいのは翌日あたりで、3日も経つと下火になります。
3日後は1日後に比べてダメージが3分の1にまで減少することが実証されています。

一方で近赤外線の場合、シミやしわといったダメージが見た目にすぐ現れません。
それだけでもやっかいですよね。
しかし驚くべきことに、3日後のダメージは約2倍になっているそうで、近赤外線は浴びてからだんだんとダメージが増加すると言うのです!
見た目でわかりやすい紫外線にばかり気を取られていると、見えないところでシミやしわがつくられつつあるかもしれません・・・。

太陽から地表に届く赤外線は紫外線の約5倍

350
地表に降り注ぐ太陽光の構成って知っていますか?
およそ10パーセントが紫外線、40パーセントが可視光線、50パーセントが赤外線です。
つまり、わたしたちは知らず知らずのうちに、紫外線の約5倍も赤外線を浴びていることになります。
ただでさえ、お肌にとって負担が大きい赤外線。
紫外線の5倍も浴びていたなんて・・・考えるだけでぞっとしますね。

 

近赤外線をカットするべき理由は「光老化」にあり

強い近赤外線がお肌に与える主なダメージを、もう一度振り返ってみましょう。
・日焼けの増大とシミの増加
・真皮や筋組織の破壊→たるみ・しわ

最近ではこれらを「光老化」と呼ぶことがあります。

光老化とは?

光老化とは光が原因でお肌が老化することで、自然老化と区別されています。
今まで、光老化は紫外線を長年浴びることによって起こると言われてきました。
もちろん紫外線を浴び続けることによって起こることに間違いありませんが、最近の研究で近赤外線も大きく関わっていることが確認されたのです。

光老化が進むとどうなる?美白を妨げる光老化

350
お肌は大きく分けて表面から表皮・真皮・皮下組織と構成されています。
光老化では、真皮の重要な成分であるエラスチンが変性し、コラーゲンが減少します。
エラスチンやコラーゲンはお肌のうるおいやハリ・弾力の源。
それらが失われることによってたるみやしわになってしまいます。

しかも近赤外線は真皮だけでなく、皮下組織にある筋肉までダメージを与えるため、光老化を一層早めてしまうんだとか。

たるみやしわだけでなく、シミの増加も光老化。
シミの原因はメラニン色素です。
強い紫外線や遠赤外線によって、メラニン色素を作り出すメラノサイトが機能不全になることがあり、過剰にメラニン色素を作り続けてしまいます。
するとおのずとシミができやすいお肌に・・・。

さらに、近赤外線によって真皮や筋繊維が弱っていると表皮の新陳代謝も悪くなりがちです。
その状態ではメラニン色素がなかなか排出されず沈着してしまうので、日焼けが元に戻らなくなったり、シミが増えたりします。

このように、紫外線に加えて近赤外線が関わる光老化は、美白を保つために無視できない脅威なのです。

 

近赤外線対応の日焼け止めで徹底美白☆

本気で美白を目指すなら、美白を守るなら、やはり紫外線対策だけではもの足りない・・・ということをお伝えしてきました。
今や日焼け止めは「SPF50・PA++++」なんてあたりまえ。
近赤外線もカットしてこそ、光老化予防=効果的な美白とエイジングケアが叶うのです。
でも、まだまだ近赤外線までカットできる日焼け止めは少ないのが現状。

そこで今回ご紹介したいのが、従来までの紫外線カットに加えて近赤外線にまで対応した日焼け止め!
ポーラ/「B.A ザ プロテクターS」

ポーラ-B.A-ザ-プロテクターS
ポーラ/B.A ザ プロテクターS

こちらは「SPF50・PA++++」をクリアした上で近赤外線に対応しているという、最高品質の日焼け止めです。
発売直後は約1分間に6.5本のスピードで売れていったそう!

紫外線カット成分は業界最高レベル、近赤外線カット成分は2種類の成分が効果的に組み合わされています。
これらがポーラ新開発の「ダブルプロテクトベール」として、紫外線・近赤外線をダブルカット!
お肌を徹底的に守ってくれます。

また、ポーラの美白有効成分「ルシノール(R)」をはじめ、エイジングが加速しやすい夏の肌に着目して植物由来の保湿成分をオリジナルに配合。
みずみずしいお肌をつくる処方で、夏に気になるごわつきやくすみを解消しながらハリツヤが出るので下地効果もバッチリ♪
うるおいたっぷりの感触が心地よいクリームは、べたつかず軽やかなのにお肌の水分が守られている感じ、というクチコミが多い様子です。

そのほか真皮回復効果も期待でき、大気汚染物質からも守ってくれるという多機能な日焼け止めです。

近赤外線までもれなくカットして、隙のない白肌美人を目指しましょう☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者:Y. NISHIKAWA

著者の記事一覧

結婚式の空間が何より大好き!な、元ブライダルプランナー・現ライター。
趣味は散歩となわとび、ウィンドウショッピング。ミッフィーが好き。
全米ブライダルコンサルタント協会認定ブライダルプランナー検定1級を取得しています。

ライターの魅力は結婚式場でのプランナーの頃よりも、はるかに多くの女性に情報発信できるところ!
ウエディングの正しい知識やトレンドはもちろん、ブライダル情報誌には載っていないような元プランナーならではの情報をご提供します☆
また、ウエディングに限らず、女性のキレイに役立つ話題も積極的にピックアップしていきます。







関連記事











ページ上部へ戻る